社会保守主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会保守主義(しゃかいほしゅしゅぎ、: Social conservatism)は政治的あるいは道徳イデオロギーの一つ。

概要[編集]

このイデオロギーは伝統価値あるいは行動を奨励ないしは命令し、社会秩序を強化するという政府の役割を肯定する。そうするのは、それらの価値や行動が人々を文明化させ、礼儀正しくさせ続けるものであると信じてのことである。

伝統的道徳性の通義は、しばしば社会保守主義の内部でグループごとに異なり、社会保守主義者たちの間で普遍的とみなされるような政策や立場はまったく存在しない。同時に、社会保守主義者たちの少なくとも大多数が支持する多くの原理が存在する。

社会保守主義という用語の第二の意味は、北欧諸国大陸ヨーロッパで発展した。これらの国や地域では、社会保守主義とは現代ヨーロッパ福祉国家を支持する自由保守主義のことを指す。

参考文献[編集]

  • Allan C. Carlson|Carlson, Alan, The Family in America: Searching for Social Harmony in the Industrial Age (2003) ISBN 0-7658-0536-7
  • Allan C. Carlson|Carlson, Alan, Family Questions: Reflections on the American Social Crisis (1991) ISBN 1-56000-555-6
  • Fleming, Thomas, The Politics of Human Nature, (1988) ISBN 1-56000-693-5
  • Gallagher, Maggie, The Abolition of Marriage: How We Destroy Lasting Love (1996) ISBN 0-89526-46-4-1
  • Himmelfarb, Gertrude, The De-moralization Of Society (1996) ISBN 0-679-76490-9
  • Hitchens, Peter, The Abolition of Britain. (1999) ISBN 0-7043-8117-6
  • Jones, E. Michael, Degenerate Moderns: Modernity As Rationalized Sexual Misbehavior. (1993) ISBN 0-89870-447-2
  • Kirk, Russell, The Conservative Mind, 7th Ed. (2001) ISBN 0-89526-171-5
  • Magnet, Myron, Modern Sex: Liberation and Its Discontents (2001) ISBN 1-56663-384-2
  • Medved, Diane and Dan Quayle, The American Family: Discovering the Values That Make Us Strong (1997) ISBN 0-06-092810-7
  • Sobran, Joseph, Single Issues: Essays on the Crucial Social Questions (1983) ISBN 1-199-24333-7.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]