国会 (シンガポール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国会
Parliament
Parlimen
நாடாளுமன்றம்
第13回国会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
歴史
設立 1965年
役職
議長
チュアンレン・チェン(人民行動党)、
2017年9月11日より現職
副議長
チャールズ・チョン(人民行動党)、
2011年10月17日より現職
構成
定数 101
89(選挙区選出議員/MP)
3(非選挙区選出議員/NCMP)
9(任命議員/NMP)
Composition of the 13th Parliament of Singapore.svg
院内勢力
  人民行動党/PAP (83)
  任命議員 (9)
任期
5年(解散あり)
選挙
前回総選挙
2015年9月11日
議事堂
Parliament House and the Singapore skyline - 2002.jpg
シンガポールの旗 シンガポール国会議事堂
ウェブサイト
www.parliament.gov.sg

国会(こっかい、英語: Parliament, マレー語: Parlimen, タミル語: நாடாளுமன்றம்)は、シンガポール共和国立法府である。

概要[編集]

憲法の規定により、立法権はシンガポールの大統領と共に有する。

  • 設置年:1965年
  • 任期:5年(解散あり)
  • 定数:101
  • 選挙制度:
    • 選挙議員:89人[1]
      • 13人:単純小選挙区制
      • 76人:16選挙区のグループ別選挙(10選挙区につき5 - 6人選出。ただし、候補者ではなく特定のグループへ投票し、最多票を獲得したグループがその選挙区の議席を独占するため、大政党に有利)
      • 1人:全国区選挙
    • 任命議員:9人(大統領が任命)
  • 選挙制度が与党に有利であるために、2006年の総選挙では、野党勢力が30%を超える得票率を稼いだにもかかわらず、グループ選挙区で全敗したため、わずか2議席にとどまったという指摘もある[2]

選挙[編集]

直近の選挙[編集]

過去の選挙[編集]

1965年にシンガポールが独立して以来、人民行動党(PAP)による事実上の1党支配が続いている。

施行日 概要
17 2015年9月11日 PAP83、WP9、任命議員9[3]
16 2011年5月7日 PAP80、WP9、SPP1、任命議員9
15 2006年5月6日
14 2001年11月3日
13 1997年1月2日
12 1991年8月31日
11 1988年9月3日
10 1984年12月22日
9 1980年12月23日
8 1976年12月23日
7 1972年9月2日
6 1968年4月19日
5 1963年9月21日
4 1959年5月30日
3 1955年4月2日 LF10、PP4、DP2、PAP3、MCA1、UMNO1、MU1、無所属3
2 1951年3月8日 PP6、LP2、無所属1
1 1948年3月20日 PP3、無所属3

脚注[編集]

  1. ^ “シンガポール総選挙、与党圧勝 得票率69.9%で前回超え”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H03_S5A910C1NNE000/ 2017年11月4日閲覧。 
  2. ^ シンガポール総選挙投開票 注目される一党支配下の「変化」産経新聞
  3. ^ “アジア株11時30分、総選挙後のシンガポール株は下落 香港H株が高い”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL14HL3_U5A910C1000000/ 2017年11月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


座標: 北緯1度17分21秒 東経103度51分00秒 / 北緯1.2892度 東経103.8500度 / 1.2892; 103.8500