ジブラルタル議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯36度08分27秒 西経5度21分14秒 / 北緯36.140775度 西経5.353758度 / 36.140775; -5.353758

ジブラルタル議会
Gibraltar Parliament
Coat of arms of Gibraltar.svg
種類
種類
歴史
設立 1969年
前身 立法評議会 (1951-1969)
議会(House of Assembly, 1969-2006)
役職
議長
Haresh K. Budhrani, QC英語版[1](無所属)、
2011年12月21日より現職
院内総務
Fabian Picardo(ジブラルタル社会主義労働党英語版)、
2011年12月9日より現職
構成
定数 18
1(議長)
17(議員)
Gibraltar Parliament current composition.svg
院内勢力

与党 (10)

  自由党 (3)

野党 (7)

議長 (1)

  議長 (1)
任期
4年
選挙
制限連記制
前回選挙
2011年12月8日
議事堂
議場
議場
ジブラルタルの旗 ジブラルタル
ジョン・マッキントッシュ・スクエア
議会庁舎
ウェブサイト
The Gibraltar Parliament” (英語). 2012年12月21日閲覧。
憲法
ジブラルタル政体令

ジブラルタル議会(ジブラルタルぎかい、英語: Gibraltar Parliament)は、イギリスの海外領土であるジブラルタル立法府である。

1969年-2006年の間は Gibraltar House of Assembly と呼ばれた。

仕組み[編集]

1969年のジブラルタル政体令 (Gibraltar Constitution Order) によって定められたジブラルタル議会は一院制で、当初はジブラルタルの有権者が選んだ15名の議員に加えて、司法長官を含む任命された2名からなっていた。「House of Assembly」という呼び名は、イギリス統治下の完全な主権を持たない立法府で一般的に使われていた。その名称は2006年のジブラルタル政体令で「Gibraltar Parliament」に変わったが、それはその主権の拡大を反映したものである。新たな議会の17議員は全員、選挙で選ばれる。

選挙の仕組みとして、各有権者は10名までの候補に票を投じることができる。ジブラルタルは狭い地域に根差したコミュニティであるため、選挙区は単に投票所の区別という意味しかなく、政治的な意味はない。議員が受け持つ選挙区というものもなく、ジブラルタル全体に奉仕するべく、ジブラルタル全体によって選ばれる。

投票連記投票で行なわれる。各政党や党連合は、よく8名の候補者名簿を提示して、彼ら全員への投票を支持者に促す。殆どの場合、与党となった政党あるいは連立は候補者の10名全員が当選となり、残り7議席は第2党が占める。

議会の建物[編集]

議会はメイン・ストリートジョン・マッキントッシュ・スクエアを見下ろす建物にある。これは1817年に建てられたもので、かつては交易図書館 (Exchange and Commercial Library) として使われていた。1951年には立法評議会 (Legislative Council) を入居させるために改装された[4]。これは1969年のジブラルタル政体令で「House of Assembly」に置き換えられた。その最初の議会は1969年8月28日にジブラルタル総督ヴァリル・ベッグ英語版によって開かれた。

現職議員[編集]

2011年12月21日時点での、ジブラルタル議会の17議員をアルファベット順に並べる。

  • Balban, Paul John (GSLP)
  • Bossano, Joseph John (GSLP)
  • Bossino, Damon James (GSD)
  • Bruzon, Charles Arthur (GSLP)
  • Caruana, Peter Richard (GSD)
  • Cortes, John Emmanuel (GSLP)
  • Costa, Neil Francis (GLP)
  • Ellul-Hammond, Isobel Marie (GSD)
  • Feetham, Daniel Anthony (GSD)
  • Figueras, Selwyn Matthew (GSD)
  • Garcia, Joseph John (GLP)
  • Licudi, Gilbert Horace (GSLP)
  • Linares, Steven Ernest (GLP)
  • Netto, James Joseph (GSD)
  • Picardo, Fabian Raymond (GSLP)
  • Reyes, Edwin Joseph (GSD)
  • Sacramento, Samantha Jane (GSLP)

直近の選挙[編集]

2011年12月8日の選挙結果。それぞれ議席数、得票数を示す。

脚注[編集]

  1. ^ “Opening of Parliament”. Gibraltar News Online. (2011年12月21日). http://www.gibnews.net/cgi-bin/gn_view.pl/?GPIX111221_1.xml 2012年12月21日閲覧。 
  2. ^ Marlene Hassan Nahon Resigns from GSD (GBC)
  3. ^ GSD reacts to Marlene's resignation (GBC)
  4. ^ Benady, Tito (1996). The Streets of Gibraltar. Gibraltar Books. pp. 17–18. ISBN 0-948466-37-5. 

外部リンク[編集]