トルクメニスタン議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トルクメニスタン議会
Mejilis
Emblem of Turkmenistan.svg
種類
種類
歴史
設立1992年
前身人民評議会
役職
議長
Akja Nuberdiyeva民主党)、
2006年12月6日より現職
構成
定数125
Turkmenistan Mejlis 2018.svg
院内勢力
  民主党 (55)
  無所属 (48)
任期
5年
権限トルクメニスタン憲法
選挙
比例代表制
前回選挙
2018年3月25日
議事堂
50マナト紙幣に掲載される議事堂
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタンアシガバート

トルクメニスタン議会(トルクメニスタンぎかい、トルクメン語: Mejilis)は、トルクメニスタン立法府で、下院に相当する。

概要[編集]

任期5年、定数125。単純小選挙区制に基づき国民の直接選挙で選出される[1]

沿革[編集]

1992年の独立に伴い、旧ソ連時代の最高会議を国の立法機関として設置。2003年に議会(マジュリス)と改称。

2008年の憲法改正により、国権の最高機関である人民評議会(ハルク・マスラハトイ)が廃止され、その権限を議会に移行。また、50議席だった議会定数は125議席に拡大された。しかし、2021年1月に発効した改正憲法により、上院に相当する「人民評議会」が創設されて二院制へと移行し、既存の議会(マジュリス)は下院相当となった。

議席[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]