諮問評議会 (カタール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
諮問評議会
مجلس الشورى
Majlis al-Shūra
種類
種類
役職
議長
ハサン・ビン・アブドッラー・アル=ガーニム(2021年10月-)[1]
定数45
選挙
30人を民選、15人は首長が任命
前回選挙
2021年10月2日
議事堂
カタールの旗 カタールドーハ

諮問評議会(しもんひょうぎかい、アラビア語: مجلس الشورى‎, Majlis al-Shūra)は、カタール議会である。

概要[編集]

一院制

従来の諮問評議会は首長による任命制であったが、2003年、三権分立を定めた憲法改正案が国民投票で採択され、諮問評議会に一定の立法権が付与されたほか、評議会議員のうち3分の2を有権者が選ぶこととなった。新憲法は2005年に発効し、2007年に諮問評議会の議員選挙を実施することとなっていたが延期され、2011年のアラブの春の影響により国民の民主化要求の高まりを受けて諮問評議会の議員選挙を2年以内に実施することを表明したが結局はさらに延期[2]。2016年、2019年と延期され[3]、最終的に2021年10月2日に史上初の議員選挙が執行された[4][5]

女性参政権は認められており、2021年の選挙では女性は26人立候補したが、当選者は出なかった[6]

定数[編集]

45人で、そのうち30人は民選、残り15人は首長が任命する。民選導入以前は35人。

選挙[編集]

公選により30人を選出する。残り15人は首長が任命する。

脚注[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]