国民議会 (カーボベルデ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国民議会
Assembleia Nacional
紋章もしくはロゴ
種類
種類
任期制限 5年
歴史
設立 1991年
前身 人民国民議会
役職
議長
バジリオ・ロッソ・ラモス(カーボベルデ独立アフリカ党)、
2011年3月11日より現職
構成
定数 72
National Assembly of Cape Verde chart.svg
院内勢力

与党 (38)

野党 (34)

  民主運動 (32)
選挙
拘束名簿式比例代表制
前回選挙
2011年2月6日
議事堂
プライア
国民議会議事堂
ウェブサイト
ASSEMBLEIA NACIONAL DE CABO VERDE

国民議会ポルトガル語: Assembleia Nacional)は、カーボベルデ共和国議会立法府としての権能を持ち、首相の指名権を持つ。

歴史[編集]

人民国民議会(1975-1991年)[編集]

カーボベルデ
Coat of arms of Cape Verde.svg

カーボベルデの政治

[編集]

カーボベルデがポルトガルから独立した1975年、立法府として人民国民議会ポルトガル語: Assembleia Nacional Popular)が設立された。当時のカーボベルデはギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)の一党制のもとにあり、それは1981年にPAIGCがカーボベルデ独立アフリカ党(PAICV)と改称した後も同様だった。

選挙は行われていたものの、人民国民議会の議席は唯一政党PAICVにより独占されていた。しかしPAICVの一党制に対する不満が高まり、1990年2月複数政党制が導入されることになった。

国民議会(1991年-現在)[編集]

人民国民議会は国民議会に改称され、1991年1月13日には初めてPAICV以外の政党も参加する総選挙が行われた。この選挙ではPAICVの一党制に反発する勢力によって結党された民主運動(MpD)が勝利し、以後カーボベルデの国民議会選挙は複数政党制のもとで民主的に行われるようになっている。

国民議会の解散[編集]

国民議会の解散は、以下のような場合に行われる。形式的には大統領によって解散が宣言される。

  • 政府に対する信任案が2度否決される。
  • 政府に対する検閲案が4度にわたり可決される。
  • 国民議会が、民主的な政治運営を害するほどの機能不全に陥る。

一方、以下のような場合は国民議会を解散することができない。

  • 総選挙が行われた日から12ヶ月以内。
  • 大統領の任期満了の前年。
  • 非常事態下、および非常事態終了後30日以内。
  • 政府への信任案または検閲案が提出された後、およびそれらの投票が行われてから10日以内。

選挙[編集]

国民議会選挙はドント方式政党名簿比例代表に基づいて行われる。憲法規定によれば、定数は最低でも60議席、最大で72議席と定められている(2009年現在、72議席で運営)。うち6議席は在外カーボベルデ人の代表者に割り当てられている。議員の任期は5年。選挙権、被選挙権ともに18歳以上のカーボベルデ人に与えられる。

 •  2006年1月22日 国民議会選挙結果
政党 得票率 % 議席
カーボベルデ独立アフリカ党(PAICV) 88,965 52.28 41
民主運動(MpD) 74,909 44.02 29
民主独立カーボベルデ連合(UCID) 4,495 2.64 2
民主改革党(PRD) 1,097 0.64 0
社会民主党(PSD) 702 0.41 0
計 (投票率 54.0%) 170,168 100.00 72
ソース:AFRICAN ELECTIONS DATABASE

参考文献[編集]

外部リンク[編集]