ソビエト大会 (ソビエト連邦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソビエト連邦ソビエト大会
Съезд Советов Советский Союз
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
紋章もしくはロゴ
種類
種類
議院 連邦会議英語版
民族会議英語版
歴史
設立 1922年12月30日
廃止 1938年1月12日
前身
後継 ソビエト連邦最高会議
役職
大会幹部会議長
選挙
間接選挙

ソビエト連邦ソビエト大会 (ロシア語: Съезд Советов Советский Союз)は1922年から1938年までソビエト連邦に存在した二院制立法機関

連邦会議英語版民族会議英語版で構成されており、1922年の連邦結成に始まり、スターリン憲法によって最高会議に置き換えられるまでの、ソビエト連邦の立法機関だった。

選挙制度[編集]

ソビエト連邦ソビエト大会は、以下の基準に関するすべてのソビエト大会の代表から構成された:

  • 都市部から - 25,000人の有権者からの1人のメンバー。
  • 地方(地域、領土)、共和国ソビエト大会から - 125,000人の住民につき1人のメンバー。
  • 全連合議会の代表者は、地方(地域、領土)、自治共和国ソビエト大会で選出された(共和国-地方-地域)大会を持たない場合 - 連邦共和国のソビエト大会

権限[編集]

ソビエト大会の権限は以下の通り。

ソビエト大会はすべての公的機関の一般的な方向性を決定し、ソビエト大会に責任を負う連邦中央執行委員会を選出する。

ソビエト大会の幹部会議長は大会存続中はミハイル・カリーニンが務めた。