ソビエト連邦中央執行委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソビエト連邦中央執行委員会
Центральный исполнительный комитет СССР
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
紋章もしくはロゴ
種類
種類
歴史
設立 1922年
廃止 1938年
前身 なし
後継 ソビエト連邦最高会議

ソビエト連邦中央執行委員会 (ロシア語: Центральный исполнительный комитет СССР) は、1922年から1938年までソビエト連邦に存在した最高統治機関。

ソビエト大会の休会中にソビエト連邦を代表する最高統治機関だったが、スターリン憲法によって最高会議幹部会に置き換えられた。

概要[編集]

ソビエト連邦中央執行委員会は1924年憲法の下で、ソビエト大会を構成する連邦会議英語版民族会議英語版からなっていた。それに加えて、連邦加盟共和国にも独自の中央執行委員会があった。ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ロシア中央執行委員会ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ウクライナ中央執行委員会白ロシア・ソビエト社会主義共和国白ロシア中央執行委員会ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国ザカフカース中央執行委員会である。

幹部会[編集]

中央執行委員会の幹部会は21人のメンバーから構成され、連邦会議英語版民族会議英語版の議長も含まれていた。このうち、構成共和国の代表(連邦結成当時は4人)が幹部会の共同議長に選出された。

1924年憲法施行後にソビエト連邦に加盟した共和国(自治共和国からの昇格)の中央執行委員会議長も幹部会の共同議長に選出された。

権限[編集]

1924年憲法での中央執行委員会の権限は以下の通り。