ラトビア・ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラトビア・ソビエト社会主義共和国
Latvijas Padomju Sociālistiskā
Republika

Латвийская Советская Социалистическая
ラトビア共和国 (1918年-1940年) 1940年 - 1991年 ラトビア
ラトビア共和国の国旗 ラトビア共和国の国章
国旗国章

国歌: ラトビア・ソビエト社会主義共和国国歌
ラトビア共和国の位置

公用語 ロシア語(公式)
ラトビア語(事実上)
首都 リガ
元首等

xxxx年 - xxxx年 不明

面積

1991年64,589km²
人口
1991年2,666,567人

変遷

成立 1940年7月21日
ソ連正式編入1940年8月5日
独立1991年12月26日
通貨ソビエト連邦ルーブル
ラトビア語: rublis
時間帯UTC +3

ラトビア・ソビエト社会主義共和国(ラトビア・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、ラトビア語: Latvijas Padomju Sociālistiskā Republika: Латвийская Советская Социалистическая РеспубликаLatviyskaya Sovetskaya Sotsialisticheskaya Respublika)は、ソビエト社会主義共和国連邦の構成国の一つ。

ラトビア第二次世界大戦以前には独立国であったが、大戦が起こると1940年エストニアリトアニアとともにソ連に占領される。7月21日ラトビア・ソビエト社会主義共和国となり、8月5日にソ連に編入される。独ソ戦勃発後は、1941年から1944年まで、ナチス・ドイツの占領、オストラント総督府に編入された。第二次世界大戦末期にソ連軍による再占領の後、再度、ソ連構成共和国となり社会主義化が行われた。1991年ソ連8月クーデターの失敗に伴い、同年8月21日独立。

関連項目[編集]