フィンランド民主共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィンランド民主共和国
Suomen Kansanvaltainen Tasavalta
フィンランド共和国 1939年 - 1940年 カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国
フィンランド民主共和国の国旗
(国旗)
公用語 フィン語
首都 テリヨキロシア語版フィンランド語版英語版
ヘルシンキ(名目上)
首相
1939年12月1日 - 1940年3月12日 オットー・クーシネン
変遷
独立 1939年12月1日
滅亡1940年3月12日
現在ロシアの旗 ロシア
ソ連とフィンランド民主共和国間の条約にサインするモロトフ

フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta英語: Finnish Democratic Republic[注釈 1])は、フィンランド1939年12月1日から1940年3月13日冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキロシア語版フィンランド語版英語版)が臨時の首都[注釈 2]と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。

首班(議長)はソ連に亡命していた共産党オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネンen:Arvo Tuominen)が候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。

経緯[編集]

1939年11月30日、モスクワフィンランド共産党の放送を受信したとして同党の宣言を報道した。翌日タス通信においてさらなる宣言を追加すると共に、ソ連がフィンランド民主共和国人民政府の形成を承認し、外交関係を結んだと報道した。3日には2日にこの政権と相互援助協定を結んだとした。そしてこれを唯一の政府とすることで、国際法上の戦争には当たらないと主張した。

しかし冬戦争の継続と共にこの方針は放棄せざるをえず、3月12日、和平条約を従来のフィンランド政府と結び、18日にソ連の外相モロトフは「フィンランド民主共和国人民政府は無用な流血とフィンランド人の負担を考慮して、戦争終結に同意し、解散した」と発表した。消滅の正確な日付は不詳である。現実にはカレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国(現在のロシア連邦カレリア共和国)に吸収合併され、自然消滅したものと思われる。なお、カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国の首班はオットー・クーシネンが引き続き務めることとなった。

テリヨキ政府[編集]

大臣 任期
人民政府議長フィンランド外務大臣[1]
オットー・クーシネン

1939.2.12 – 1940.12.3
人民政府副議長大蔵大臣[1]
Mauritz Rosenberg

1939.2.12 – 1940.12.3
国防大臣
Akseli Anttila

1939.2.12 – 1940.12.3
内務大臣
Tuure Lehén

1939.2.12 – 1940.12.3
農業大臣
Armas Äikiä

1939.2.12 – 1940.12.3
教育大臣
Inkeri Lehtinen

1939.2.12 – 1940.12.3
カレリア問題担当大臣
Paavo Prokkonen

1939.2.12 – 1940.12.3

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに「フィンランド人民民主共和国」または「フィンランド人民民主主義共和国」との和訳もある。なおヘルシンキ首都とする本来のフィンランド共和国の英語表記は「Republic of Finland」である。
  2. ^ 正式な首都はあくまでヘルシンキと定められていた。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Brody, Alter (1939). The U.S.S.R. and Finland — Historical, Economic, Political Facts and Documents. New York: Soviet Russia Today. 

関連項目[編集]