新連邦条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主権国家連邦
Союз Суверенных Государств
標語: Пролетарии всех стран, соединяйтесь!
万国の労働者よ、団結せよ!
国歌ソビエト連邦国歌
1991年3月の国民投票の結果
1991年3月の国民投票の結果
首都
(かつ最大の都市)
モスクワ
公用語 ロシア語
ウクライナ語
白ロシア語
加盟共和国・自治共和国(予定) ソビエト連邦[1]
ロシア共和国
ウクライナ共和国
白ロシア共和国
アゼルバイジャン共和国
カザフ共和国
ウズベク共和国
トルクメン共和国
タジキスタンの旗タジク共和国
キルギスの旗キルギス共和国
Flag of Bashkir ASSR.svg バシコルトスタン共和国の旗バシキール自治共和国
Flag of Buryat ASSR 1978.svg ブリヤート共和国の旗ブリヤート自治共和国
Flag of Karelian ASSR.svg カレリア共和国の旗カレリア自治共和国
Flag of Tatar ASSR (1954).svg タタールスタン共和国の旗タタール自治共和国
クリミアASSRの旗 クリミアの旗クリミア自治共和国
政府 連邦制
 -  連邦大統領英語版ロシア語版 ミハイル・ゴルバチョフ(就任予定)
経緯
 -  条約締結の提案 1990年11月23日 
 -  国民投票英語版ロシア語版 1991年3月17日 
 -  "9+1"合意 1991年4月23日 
 -  ベロヴェーシ合意 1991年12月8日 
 -  アルマアタ議定書英語版 1991年12月21日 
面積
 -  合計 22,402,200 km2 
8,649,538 sq mi 
人口
 -  1991年推計 293,047,571 
 -  人口密度 13.1/km2 
33.9/sq mi
通貨 ソビエト連邦ルーブル英語版(руб) (SUR)

新連邦条約(しんれんぽうじょうやく、ロシア語: Новый союзный договор)は、ソビエト連邦において1991年8月20日に正式調印が予定されていた条約である。

概要[編集]

新連邦条約は1922年の第1回ソビエト連邦ソビエト大会ロシア語版で締結されたソビエト連邦結成条約(連邦条約)英語版ロシア語版に代わるものとして、ソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領が1990年11月23日に提案し、1991年7月の段階で条約調印の最終合意が成されていたが、8月クーデターによって事実上破棄された。その結果、ソ連は1つの国家としての形態を維持できなくなり、解体へと向かった。

条約は、形式的には連邦制だが実際には中央集権体制だったソ連を、より緩やかな国家連合へと再編することで、崩壊の過程をたどっていた連邦を維持しようという内容となっていた。

その中では、国名をソビエト社会主義共和国連邦Союз Советских Социалистических Республик)からソビエト主権共和国連邦Союз Советских Суверенных Республик)と改称し、連邦を構成していた15の構成共和国の大幅な権限強化が謳われていたほか、自治共和国自治管区にも新連邦条約に調印する権利が保障されていた[2]

1991年3月17日には新連邦条約を締結するための布石として、連邦制維持の賛否を問う国民投票英語版ロシア語版が各共和国で行われ、投票者の76.4%が連邦制維持に賛成票を投じることとなった。ロシア連邦共和国で71%(自治共和国でも全て70%を超えた[3])、ウクライナ共和国で70%、白ロシア共和国で83%、カザフ共和国で94%、ウズベク共和国で90%、キルギス共和国で95%、タジク共和国で96%、トルクメン共和国で98%、アゼルバイジャン共和国で93%が連邦制維持に賛成票を投じた。

しかし、既に分離独立を宣言していたバルト三国エストニア共和国ラトビア共和国リトアニア共和国)、モルダビア共和国(現在のモルドバ)、グルジア共和国アルメニア共和国は投票をボイコットした。

8月クーデターによって、8月20日に予定されていた条約の調印は行われず、条約締結のため交渉がやり直されることになった。この交渉は11月になって妥結し、7つの共和国が連邦結成条約(案)に同意し、国名を主権国家連邦Союз Суверенных Государств)とすることが決まった。

しかし、ウクライナが国民投票英語版ロシア語版ウクライナ語版で自国の独立が賛成多数で承認されたことを理由に参加せず、エリツィンはロシアの利益を求めてこの同意を破棄した。結果としてソビエト連邦は1991年12月25日に消滅した。

新連邦条約に基づく新連邦への加盟(移行)を予定していた共和国・自治共和国[編集]

連邦[編集]

共和国[編集]

自治共和国[編集]

ロシア共和国[編集]

ウクライナ共和国[編集]

新連邦条約に基づく新連邦への加盟をボイコットした共和国[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新条約が発効されれば、国名をソビエト社会主義共和国連邦(Союз Советских Социалистических Республик)からソビエト主権共和国連邦(Союз Советских Суверенных Республик)、または主権国家連邦(Союз Суверенных Государств)に改称することになっていたため。
  2. ^ 実際にこの権利を8月20日に予定されていた条約の調印式で行使することを決定したのは、ロシア共和国構成の自治共和国ではバシキール自治共和国ブリヤート自治共和国カレリア自治共和国タタール自治共和国ウクライナ共和国構成の自治共和国ではクリミア自治共和国のみ。
  3. ^ Sowjetunion, 17. März 1991 : Weiterbestand der UdSSR als Föderation gleichberechtigter und souveräner Staaten -- [in German]
  4. ^ Сахаров А. Д. Конституция Союза Советских Республик Европы и Азии (проект) (рус.). Архив Сахарова. Фонд Андрея Сахарова. Архивировано из первоисточника 15 февраля 2012.