サルマタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サルマタイギリシア語:Sarmatai、ラテン語:Sarmatae、英語:Sarmatians)は、紀元前4世紀~紀元後4世紀にかけて、ウラル南部から黒海北岸にかけて活動したイラン系遊牧民集団。紀元前7世紀末からウラル南部にいたサウロマタイ紀元前4世紀頃東方から移動してきた遊牧民が加わって形成されたとされる[1]。サルマタイはギリシア語であり、ラテン語ではサルマタエとなる。また、彼らのいた黒海北岸地域をその名にちなんでサルマティアと呼ぶため、サルマティア人とも呼ばれる。

構成部族[編集]

ストラボン紀元前65年 - 25年)によると、サルマタイは以下の部族に分かれていたという。

また、後の時代にはアラン人もこれに加えられる。 [2][3]

歴史[編集]

サウロマタイとサルマタイ[編集]

サルマタイの名が初めて登場するのは紀元前4世紀のギリシアの著作である。それ以前はヘロドトスなどに記されたように、サウロマタイという名前のよく似た民族が登場していた。サウロマタイはサルマタイの直接の祖先とされ、考古学的にはドン川から西カザフスタンにいたるまでの地域における紀元前7世紀から紀元前4世紀の文化をサウロマタイ文化とし、それに続く文化をサルマタイ文化(紀元前4世紀 - 紀元前2世紀)としている。[4]

ヘロドトスによるとサウロマタイはウラル川からヴォルガ川流域の草原地帯で遊牧を営んでいたが、ヒッポクラテスが記したように紀元前5世紀末になるとマイオティス湖(アゾフ海)周辺に移住していた。紀元前4世紀中葉になると、クニドスのエウドクソスはタナイス川(ドン川)に住むシュルマタイ(syrmatai)というサウロマタイ系の部族を記録し、カリュアンダのスキュラクスもタナイス川(ドン川)にシュルマタイの存在を記し、サウロマタイの一集団とした。しかし、フィリッポフカ古墳の発掘調査によると、紀元前5世紀末までにウラル川中流域でサルマタイの勢力が増大していたことが明らかとなる。[5]

サルマタイのスキティア侵略[編集]

サルマタイのスキティア侵略については様々な史料に断片的に記録されているが、ヘロドトス等に記されているスキタイほど詳細な史料が存在しない。しかしながら、紀元前4世紀末にはサルマタイ諸部族がサウロマタイに代わってドン川に迫り、そのうちのシラケス族はボスポロス王国の権力闘争に深く関与してクバン川流域を支配下に置いたという。時にスキタイ(第二スキタイ国家)は紀元前339年のアテアス(アタイアス)王の死後から弱体化し、紀元前3世紀にはドン川を越えて侵攻してきたサルマタイによって征服されてしまう。以降、この地域はスキタイのスキティアからサルマタイのサルマティアと呼ばれるようになった。サルマタイは黒海北岸を征服すると、そこにあったギリシア植民市にも侵略し、自由民たちを捕虜にして売りさばいた。サルマタイから圧迫されたスキタイはクリミア半島に押し込まれ、第三スキタイ国家を形成した。その地域は小スキティアと呼ばれた。[6]

アランの登場[編集]

1世紀になると文献からアオルシ(アオルソイ)の名が消え、代わってアランという名の遊牧民が強大となる。このことは漢文史料にも記されており、「奄蔡国、阿蘭と改名す」とある。この奄蔡はアオルシに阿蘭はアランに比定されている。考古学的には2世紀から4世紀における黒海北岸の文化を後期サルマタイ文化と呼んでいるが、この文化の担い手はアランであるとされる。アランについて4世紀後半のローマ軍人アンミアヌス・マルケリヌスは「彼らは家を持たず、鍬を使おうともせず、肉と豊富な乳を常食とする」と記している。[7]

後にアランは北カフカスから黒海北岸地方を支配し、その一部はパンノニアを経てフン族に起因する民族移動期にドナウ川流域から北イタリアに侵入し、一部はガリアに入植した。さらにその一部はバルバロイを統治するためローマ人によってブリテン島へ派遣された。また、その他の一部はイベリア半島を通過して北アフリカにまで到達した。アランより前にパンノニアに進出し、ローマ人によってブリテン島の防衛に派遣されたイアジュゲス族もブリテン島にサルマタイ文化の痕跡を残した。[8]

古代の記録、出土品より[編集]

ローマ時代の歴史家たちは断片的なサルマタイ人の描写を残している。タキトゥス、ヴァレリウス・フラックス、アーリアヌス、パウサニアス、ストラボンヨセフスなどがそうした歴史家である。サルマタイ人は、スキタイ人の文化を継承しているとはいえ、興味を引くのはその類似点より相違点なのである。

記録から推測できるサルマタイの社会組織は封建的であって、スキタイのように世襲的な王朝をもっていたかどうかは定かでない。彼らは村や町をつくらない、純粋の遊牧民であったらしい。スキタイ人と違って彼らは黒海沿岸の都市を攻撃することはなく、ゴートと連合してギリシア都市を征服するようになった時代でさえ、被支配民の政治組織に変更を加えることなく維持させ、特にギリシア商人を代理として交易を行っていた。

常に幌馬車で移動し、その幌馬車が家である。多数の幌馬車を円形に並べ柵とする。食べ物は乳と茹でた肉が大半である。それぞれの幌馬車がひとつの家で、夜にはその幌馬車のなかで一家族が肌を寄せ合って一緒に寝る。成人は長く髪を伸ばしそれを束ね、男性は髭を生やしている。性格は温和で普段は静かに話し、また女子供そして何より来客を大事に扱う。戦争の時は男女とも一致団結して戦い家族と家畜を守る。ローマ時代には一部のサルマタイ人がローマの傭兵になった。

サルマタイ兵の主要な武器は、北東アジアに出現した長く重い矛であった。人は鎖帷子か青銅の鎧で武装し馬には皮革の馬甲が施された。集団で突撃して敵の抵抗力を破った。白兵戦では長剣を用いた。スキタイ人と違い弓矢は二次的なものに留まった。当時はサルマタイ兵がローマ兵を駆逐した戦いもあったが、レリーフや硬貨の場合はローマ人が勝った場合に作られることから、そこでのサルマタイは必ず戦いの敗北者として描かれる。

サルマタイの宗教について文献から知られていることは、火の崇拝があったらしいこと、儀式では馬の犠牲が顕著に見られることぐらいである。葬法はスキタイよりも簡素で、副葬品は東方の影響を受け幾何学文様が多く、動物文様は少ない。婦人の装飾品や壺の表面装飾は宝玉や七宝細工を多用し、ギリシアの神話や宗教的素材は引用されず、均整より多彩であることを重んじ、印象は華美である。こうしたサルマタイ人が好んだ多色様式の工芸品は、東ローマとヨーロッパ中世の美術へと継承される。

サルマタイはフン族の侵入によってポントス・ステップにおけるその覇権を失った。彼らの大半はアラン人などの遊牧民となったが、それらはサルマタイのうちスラヴ人化しなかった諸部族の俗称であるといえる。彼らは政治的には消滅した。残ったアラン人の一部はコーカサス山脈の山麓地帯に定住しオセット人の先祖となったと言われるが、オセット人のYハプロタイプは圧倒的にG-L293 P16およびP18であり、サルマタイ(とスラヴ人)のYハプロタイプの大半がスキタイのそれと共通のR-M17 P18であることから矛盾が生じる。現代のヨーロッパでR-M17 P18の割合が最も高いのはポーランド人であるが、近世のポーランド・リトアニア共和国ではサルマタイ(=サルマチア人)は自分たちの重要な先祖のひとつで、自分たちはその好ましい社会規範を引き継いでいるのだという通念があった(サルマチア主義)ことには一定の根拠があると言える。

脚注[編集]

  1. ^ 『中央ユーラシアを知る事典』p219
  2. ^ 護・岡田 1990,p57
  3. ^ 『中央ユーラシアを知る事典』p219
  4. ^ 護・岡田 1990,p56-57
  5. ^ 雪嶋 2008,p188
  6. ^ 雪嶋 2008,p187-189
  7. ^ 護・岡田 1990,p57-58
  8. ^ 雪嶋 2008,p224-225

参考資料[編集]

関連項目[編集]