護雅夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
護 雅夫
人物情報
生誕 (1921-03-30) 1921年3月30日
日本の旗 日本滋賀県長浜町
死没 1996年12月23日(1996-12-23)(75歳)
学問
研究分野 東洋史中央アジア史)
研究機関 北海道大学
テンプレートを表示

護 雅夫(もり まさお、1921年3月30日 - 1996年12月23日)は、日本の東洋学者歴史学者。専攻は古代東洋史(中央アジア突厥民族研究)。

人物[編集]

滋賀県長浜町(現長浜市)生まれ。旧制県立虎姫中学校(現滋賀県立虎姫高等学校)、第三高等学校文科を経て、1941年東京帝国大学文学部東洋史学科入学。1943年広島県江田島海軍兵学校で予備学生教育を受け、海兵教官としては「国史」を担当した。1945年東京帝国大学大学院特別研究生。在学中は和田清榎一雄から指導を受け、後に講座を引き継いだ。門下生に、森安孝夫鈴木董などがいる。

1948年北海道大学法文学部助教授、1956年東京大学文学部助教授、1968年同教授。1981年に定年退官。1981年から1991年まで日本大学文理学部教授。この間1966年旧ソ連レニングラード大学(現ロシアサンクトペテルブルク大学)客員教授、1976年トルコイスタンブール大学客員教授、1986年トルコアンカラ大学客員教授。

『古代トルコ民族史研究』で1970年に第60回日本学士院賞を受賞。1992年に日本学士院会員となる。トルコ科学アカデミー名誉会員。東洋文庫ユネスコ東アジア文化研究センター所長、史学会理事長、東方学会理事長(1985年~1991年)、中近東文化センター理事長、古代オリエント博物館理事、日中文化交流協会常任理事、日本学術会議第13期会員等を歴任。1991年勲二等瑞宝章

晩年は神奈川県藤沢市に居住し、約6年におよぶ闘病生活の間も執筆活動は続けたが、1996年肺炎のため相模原市の病院で没した(享年76)。 

著書[編集]

単著[編集]

  • 『古代トルコ民族史研究 I・II・III』(山川出版社(全3巻)[1], 1967年(数度新版)・1992年・1997年) 
  • 『遊牧騎馬民族国家―蒼き狼の子孫たち』(講談社現代新書, 1967年)
  • 『李陵』(中央公論社〈中公叢書〉, 1974年/中公文庫, 1992年)
  • 『古代遊牧帝国』(中公新書, 1976年)
  • 『人間の世界歴史(7) 草原とオアシスの人々』(三省堂, 1984年)

訳書[編集]

  • 『ナスレッディン・ホジャ物語――トルコの知恵ばなし』(平凡社東洋文庫, 1965年、ワイド版2007年)
  • カルピニ/ルブルク 『中央アジア・蒙古旅行記――遊牧民族の実情の記録』
    「東西交渉旅行記全集(1)」桃源社, 1965年、新版1979年/光風社選書, 1989年/講談社学術文庫, 2016年
※両者は修道士、詳しくはプラノ・カルピニと、ウィリアム・ルブルックの項目を参照。

共著[編集]

編著[編集]

  • 『東西文明の交流(1)漢とローマ』(全6巻:平凡社, 1970年)
  • 『内陸アジア・西アジアの社会と文化』(山川出版社, 1983年)-論考38編の大著

共編著[編集]

海軍兵学校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 遺著は『古代トルコ民族史研究 III』(総索引・著作目録の別冊付)