岡田英弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
晩年の岡田英弘

岡田 英弘(おかだ ひでひろ、1931年1月24日 - 2017年5月25日)は、日本の東洋史学者。東京外国語大学名誉教授東洋文庫専任研究員。

専攻は満洲史、モンゴル史であるが、中国・日本史論についても多くの著作がある。

経歴[編集]

人物・主張[編集]

中国史、古代日本史韓国史などで、日本の中国史学会に異を唱えた研究、発言、多くの著作がある。

「満老文檔」共同研究により26歳(史上最年少)で日本学士院賞を受賞するが、既存の中国正史に追従する中国史学の在り方に異を唱えたことで、日本の史学界では長年異端扱いされた[4]。岡田は、「私は“群れる”ことができない性質なのを痛感しつつ、学者人生を過ごしてきた。学界では孤立したが、それを苦痛にも、寂しいとも思ったことがない。強がりではなく、どうも私にはそうした神経がないらしい。周囲を恨んだこともない。学界という狭い世界ではなく、メディアに広く求められ認められたことで、私はやりたい学問ができ、主張したいことを主張してこられた」[5]と述べている。

妻は弟子でもある宮脇淳子

父の岡田正弘は薬理学者で、東京医科歯科大学教授・学長、昭和大学歯学部長、日本学士院会員[6]。弟の岡田茂弘は考古学者で、国立歴史民俗博物教授・考古学研究部長をへて、東北歴史博物館館長[7]

研究[編集]

歴史を理論として確立しているのはヘロドトスに始まるヨーロッパ史と司馬遷らに始まる中国史だけであり、両者の歴史観はまったく原理を異にしていること、そしてその他の地域の歴史は両者いずれかの歴史観による焼き直しであることを主張した。この観点から、両者を単に融合して世界史を記述するのではなく、両者を止揚・昇華させた新たな原理による世界史を構築する必要性を説き、世界史の始まりをモンゴル帝国によるヨーロッパ文明・中国文明の接触に求めている[8]

評価[編集]

2015年4月、中国の習近平政権の事実上のナンバー2[9]だった王岐山(当時中央政治局常務委員)はフランシス・フクヤマ中南海を訪れた外国人に、岡田およびその著作について論じた[10][4]

…去年、岡田英弘の歴史書を読みました。そのあとで、私はこの人物の傾向と立ち位置を理解しました。彼は日本の伝統的な史学に対し懐疑を示し、日本史学界から“蔑視派”と呼ばれています。彼は第三世代(白鳥庫吉和田清につぐ?)の“掌門人(学派のトップ)”です。モンゴル史、ヨーロッパと中国の間の地域に対するミクロ的な調査が素晴らしく、民族言語学に対しても非常に深い技術と知識をもっており、とくに語根学に長けています。彼は1931年生まれで、91年に発表した本で、史学界で名を成しました。これは彼が初めてマクロな視点で書いた本で、それまではミクロ視点の研究をやっていたのです。私はまずミクロ視点で研究してこそ、ミクロからマクロ視点に昇華できるのだと思います。大量のミクロ研究が基礎にあってまさにマクロ的にできるのです

杉山清彦東京大学准教授・東洋史)は、岡田を「モンゴル史・満洲史に軸足をおきながら、ひろく中国史・日本古代史などさまざまな分野で発言をつづけており、その卓抜した史眼には定評がある」として、岡田の著書『中国文明の歴史』(講談社現代新書2004年)を、「少なくとも学界では正当な評価を受けているとは言いがたいと思われる。たしかに史料的根拠や論証は、おそらく、なかば意図的に省略されているが、さまざまな専門の研究者は、それぞれおのが分野において氏の投げたボールを受け止めるべきではなかろうか」と評している[11]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『倭国の時代-現代史としての日本古代史』 (文藝春秋 1976年/朝日文庫 1994年/ちくま文庫 2009年) 
  • 『倭国-東アジア世界の中で』 (中公新書 1977年)
  • 康熙帝の手紙』 (中公新書 1979年/藤原書店〈清朝史叢書〉 2013年)。後者は増訂版
    • 『大清帝国隆盛期の実像-第四代康煕帝の手紙から 1661-1722』(藤原書店〈清朝史叢書〉 2016年3月)。改題版
  • チンギス・ハーン-将に将たるの戦略』 (集英社「中国の英傑9」 1986年/朝日文庫 1994年)
    • 『チンギス・ハーンとその子孫-もうひとつのモンゴル通史』 (ビジネス社 2016年)。改訂版
  • 『世界史の誕生』 (筑摩書房〈ちくまライブラリー〉 1992年/ちくま文庫 1999年)。後者は副題に「モンゴルの発展と伝統」
  • 『日本史の誕生 1300年前の外圧が日本を作った』 (弓立社〈叢書日本再考〉 1994年/ちくま文庫 2008年)
  • 『モンゴル帝国の興亡』(ちくま新書 2001年)
  • 『モンゴル帝国から大清帝国へ』(藤原書店 2010年)。論考集成

単著(随想集)[編集]

  • 『中国意外史』(新書館 1997年/「やはり奇妙な中国の常識」 ワック 2003年)
  • 『妻も敵なり 中国人の本能と情念』 (クレスト社 1997年、新版1998年/「この厄介な国、中国」 ワック 2001年、改訂版2008年)
  • 『現代中国と日本』(新書館 1998年/「厄介な隣人、中国人」 ワック 2008年)
  • 『皇帝たちの中国』(原書房 1998年/「誰も知らなかった皇帝たちの中国」 ワック 2006年)
  • 『歴史とはなにか』(文春新書 2001年)
  • 『歴史の読み方 日本史と世界史を統一する』(弓立社 2001年/「日本人のための歴史学」 ワック 2007年)
  • 『中国文明の歴史』(講談社現代新書 2004年)
  • 『だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観』(PHP新書 2005年)
  • 『読む年表 中国の歴史』(ワック 2012年、新版2015年)

著作集[編集]

  • 『岡田英弘著作集』(全8巻、藤原書店、2013年6月~2016年6月)
  1. 歴史とは何か
  2. 世界史とは何か
  3. 日本とは何か
  4. シナ(チャイナ)とは何か
  5. 現代中国の見方
  6. 東アジア史の実像
  7. 歴史家のまなざし
  8. 世界的ユーラシア研究の六十年

共編著[編集]

  • 神田信夫・松村潤 共著)『紫禁城の栄光 明・清全史』 文藝春秋〈新世界史11〉、1968年/講談社学術文庫、2006年
  • 小堀桂一郎)『家族 文学の中の親子関係』 PHP研究所、1981年
  • 護雅夫)『民族の世界史4 中央ユーラシアの世界』 山川出版社、1990年
  • 樺山紘一川田順造山内昌之)『歴史のある文明・歴史のない文明』 筑摩書房、1992年
  • (宮脇淳子ほか)『清朝とは何か 別冊環⑯』 藤原書店、2009年
  • 『モンゴルから世界史を問い直す』藤原書店、2016年12月。40名による全集刊行記念論集

訳書[編集]

  • E・D・フィリップス『モンゴル史――チンギス・ハーンの後継者たち』 学生社、1976年
  • サガン・セチェン『蒙古源流刀水書房、2004年

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 著作集7 P.525
  2. ^ 『ニコラス・ポッペ回想録』三一書房p.266,p.304.
  3. ^ 岡田英弘氏が死去 歴史学者 日本経済新聞 2017年5月30日
  4. ^ a b 福島香織 (2015年8月5日). “王岐山イチオシの日本人歴史学者”. 日経ビジネス. 2016年12月25日閲覧。
  5. ^ 正論』2005年10月号 13-19頁
  6. ^ 著作集7 P.525
  7. ^ 著作集7 P.525
  8. ^ 『歴史とはなにか』文春新書
  9. ^ “王岐山氏退任、剛腕があだに 党内安定優先”. 日本経済新聞. (2017年10月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2269356025102017EA1000/ 2017年10月31日閲覧。 
  10. ^ 「反腐敗のキーマンは幼なじみ 洞窟で築いた絆」『日本経済新聞2015年7月22日
  11. ^ 高等学校 世界史のしおり、p20

外部リンク[編集]