加藤徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 徹(かとう とおる、1963年[注 1] - )は、日本中国文学者小説家明治大学法学部教授。小説家としての筆名は嘉藤 徹(読み同じ)。

経歴[編集]

東京都北区赤羽生まれ。千葉県柏市豊四季台団地千葉市稲毛に育つ。千葉大学教育学部附属中学校から開成高等学校を経て、1987年東京大学文学部中国文学科卒業。1993年、東京大学大学院博士課程単位取得満期退学1990年から一年間北京大学に学ぶ。

広島大学総合科学部専任講師(1993年)、同助教授(1997年、2006年からは同大学院総合科学研究科)、明治大学法学部助教授(2006年10月)、同准教授(2007年)を経て、2007年10月より明治大学教授。

北京風雷京劇団東京公演実行委員会顧問。2008年11月5日号の日本中国友好協会非主流派ホームページにおいて紹介される[2]

受賞[編集]

著書[編集]

共著[編集]

小説[編集]

メディア出演[編集]

  • 知るを楽しむ・歴史に好奇心「日中二千年漢字のつきあい」(2007年4月・2008年8月)『漢文二十面相』の名で登場
  • 世直しバラエティー カンゴロンゴ(2008年10月 - 2009年3月)教授(知るを楽しむと同じ扮装で登場)
  • レベルアップ中国語(2015年10月 - 2015年12月)
  • 波短情長(NHKワールド・ラジオ日本、2013年4月 - )
  • 「明清楽惠月社 Presents 明清楽のススメ」(DOMMUNE、2018年9月12日) - 明清楽の特集回。稲見惠七、生田容子、金子美也子、鈴木綾子、佐藤八紀、鳥谷部輝彦、八木秀夫、三好史と共に出演[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 誕生日は非公開だが、ふたご座5月21日 - 6月21日)であることを明かしている[1]

出典[編集]

  1. ^ お誕生日はいつですか?”. Peing -質問箱- (2019年10月8日). 2021年2月28日閲覧。
  2. ^ 私と中国〈769〉[リンク切れ]
  3. ^ “「明清楽惠月社 Presents 明清楽のススメ」”. DOMMUNE. (2018年9月12日). https://www.dommune.com/reserve/2018/0912/ 2021年7月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]