加藤徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 徹(かとう とおる、1963年 - )は、東京都生まれの中国文学研究者、小説家明治大学教授。小説家としてのペンネーム嘉藤 徹

経歴[編集]

東京都北区赤羽に生まれ、千葉県柏市豊四季台団地千葉市稲毛に育つ。千葉大学教育学部附属中学校から開成高等学校を経て、1987年東京大学文学部中国文学科卒業、1993年同大学院博士課程単位取得満期退学。 1990年から一年間北京大学に学ぶ。 1993年広島大学総合科学部専任講師、1997年助教授、2006年広島大学総合科学研究科助教授、2006年10月明治大学法学部助教授、2007年准教授、10月教授。2004年『京劇』でサントリー学芸賞受賞。

北京風雷京劇団東京公演実行委員会顧問。2008年11月5日号の日本中国友好協会非主流派ホームページにおいて紹介される[1]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『東洋脳×西洋脳 多極化する世界で生きるヒント』茂木健一郎共著 中公新書ラクレ 2011年
  • 『漢詩の絵本』編訳 ナツメ社 2012年

小説[編集]

メディア出演[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 私と中国〈769〉

関連項目[編集]

外部リンク[編集]