杉山清彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉山 清彦(すぎやま きよひこ、1972年[1] - )は、日本のアジア史学者、東京大学准教授[2]。専門は東洋史[1]。学位は博士(文学)大阪大学)。岡田英弘の学術的後継者[3]

概略[編集]

香川県高松市生まれ[1]兵庫県加古川市育ち[1]兵庫県立加古川東高等学校を経て[1]1995年大阪大学文学部卒業[1][2]2000年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了[2]。大阪大学文学研究科助手[1]駒澤大学文学部准教授[1]東京大学大学院総合文化研究科准教授[1][2]

受賞歴[編集]

  • 2001年度「内陸アジア史学会賞」
  • 2016年度「三島海雲学術賞」(『大清帝国の形成と八旗制』に対して)

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

監修[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 杉山清彦のサイド3 個人データ
  2. ^ a b c d 杉山清彦 『大清帝国の形成と八旗制』名古屋大学出版会、2015年3月9日。ISBN 978-4815807986 
  3. ^ 追悼番組 岡田英弘先生を偲んで〜その学問と生き様 東洋史研究家宮脇淳子 東京大学准教授杉山清彦 憲政史家倉山満チャンネルくらら

外部リンク[編集]