宮脇淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮脇 淳子(みやわき じゅんこ、1952年[1]9月21日[2] - )は、日本歴史学者。専門は東洋史(中央アジア)。本名は岡田淳子。東洋史学者の岡田英弘は夫である。

来歴[編集]

和歌山県出身[1]三重県立伊勢高等学校を経て[1]、1971年鳥取県立米子東高等学校卒業[1]

1976年京都大学文学部史学科(東洋史学専攻)卒業[1]、1982年大阪大学大学院文学研究科博士課程満期退学[1]。2008年、「モンゴル帝国以後の遊牧王権 モンゴル・オイラトの対立抗争とチベット仏教の受容」で東京外国語大学から博士(学術)。

東京外国語大学(1997年 - 2015年)[1]常磐大学(2000年 - 2004年)[1]国士舘大学(2005年 - 2012年)[1]東京大学(2016年 - 2017年)[1]で非常勤講師を務めた。

倉山満主催のインターネット番組チャンネルくららにたびたび出演し、東洋史に関する解説を行っている[3]

著書[編集]

単著
共著

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 岡田宮脇研究室 宮脇淳子プロフィール
  2. ^ 著作権台帳[いつ?]
  3. ^ チャンネル桜出演の動画

外部リンク[編集]