福島香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福島 香織
(ふくしま かおり)
福島香織(美國之音歌籃拍攝).jpg
生誕 (1967-05-16) 1967年5月16日(49歳)
日本の旗 日本奈良県奈良市
国籍 日本の旗 日本
教育 大阪大学文学部
上海復旦大学語学留学
職業 産経新聞記者
ジャーナリスト
活動期間 1991年 – 現在
公式サイト http://kaorifukushima.com

福島 香織(ふくしま かおり、1967年5月16日 - )は、日本ジャーナリストで、元産経新聞社記者である。

来歴[編集]

1967年奈良県奈良市に生まれ[1]大阪大学文学部卒業後の1991年4月に産経新聞社へ入社し、大阪本社奈良支局、大阪文化部、大阪社会部などを歴任[2]している。

1998年から1999年まで上海復旦大学へ語学留学し、帰国後は外信部に配属[2]になる。2001年香港支局長、2002年中国総局記者として北京へ異動[3]する。2006年春に産経新聞のブログサイトiza(イザ)で、北京趣聞博客[2]の連載を始める。

2008年9月に東京本社へ異動して同年10月に政治部記者として官邸記者クラブ麻生太郎内閣総理大臣を総理番として担当[3]し、2009年9月に野党の新党日本共産党を担当[3]する。同11月30日に早期退職勧奨に応じて産経新聞から退職[3]する。「退職後、社を誹謗しない」旨の誓約書に同意を求められて提出[4][5]している。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
  • やらまいか〜真相はこうだ!〜(DHCシアター)
ゲスト

ラジオ[編集]

レギュラー

著書[編集]

単著[編集]

  • 『危ない中国点撃!福島香織の「北京趣聞博客」』 産経新聞出版、2007年10月。ISBN 978-4-86306-029-6
  • 『潜入ルポ 中国の女 エイズ売春婦から大富豪まで』 文藝春秋、2011年2月。ISBN 978-4-16-373710-2
  • 『中国のマスゴミ ジャーナリズムの挫折と目覚め』 扶桑社〈扶桑社新書 088〉、2011年3月。ISBN 978-4-594-06366-5 Kindle版あり
  • 『中国「反日デモ」の真相(中国「反日遊行」真相)』 扶桑社〈扶桑社新書 088〉、2012年10月。ISBN 978-4594067182 Kindle版あり
  • 『中国絶望工場の若者たち「ポスト女工哀史」世代の夢と現実』 PHP研究所〈PHP研究所〉、2013年2月。ISBN 978-4-569-80980-9 Kindle版あり
  • 『鳥インフル騒動は共産党体制の政治的疾患』 PHP研究所〈Voice S〉、2013年6月。 Kindle版のみ
  • 『現代中国悪女列伝』 文藝春秋〈文春新書 946〉、2013年11月。ISBN 978-4-16-660946-8 Kindle版あり
  • 『中国複合汚染の正体』 扶桑社〈扶桑社BOOKS〉、2013年12月。ISBN 9784594069780
  • 『中国食品工場のブラックホール』 扶桑社〈扶桑社新書〉、2014年9月。ISBN 9784594071189
  • 『本当は日本が大好きな中国人』 朝日新聞出版〈朝日新書〉、2015年5月。ISBN 9784022736161

論説[編集]

  • 福島香織 「中国のインターネット統制とそのかいくぐり方」『中国ネット最前線 「情報統制」と「民主化」』 渡辺浩平編、蒼蒼社、2011年1月。ISBN 978-4-88360-095-3

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福島(2011b)、著者情報
  2. ^ a b c 福島(2007)、著者情報
  3. ^ a b c d #ブログ
  4. ^ kaokaokaokaoのツイート (5014407020)
  5. ^ めたるまん(山崎一幸) (2009年10月23日). “産経新聞の「名物記者」、元中国総局の福島香織さんが退職”. やじうまWatch. Impress Watch. 2011年9月22日閲覧。
  6. ^ 火曜デイキャッチ! ニュース クリップ

外部リンク[編集]