志賀俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

志賀 俊之(しが としゆき、1953年9月16日 - )は、日本の実業家産業革新機構代表取締役会長CEO日産自動車取締役。

人物・経歴[編集]

和歌山県出身。和歌山県立那賀高等学校を経て、1976年大阪府立大学経済学部卒業。

1976年日産自動車に入社。最初の配属先は自動車関連ではなく、マリーン事業部だった[1]。その後、アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長・企画室長を歴任。1999年に日産がルノーと提携しCOOとなったカルロス・ゴーンの下、アライアンス推進室長を兼任。現場とのパイプ役として、日産リバイバルプランの立案・実行に力を振るった。その後、2000年から常務執行役員として一般海外市場担当として成果をあげ、2005年4月に最高執行責任者(COO)、同年6月にCOO・代表取締役に就任した。2013年11月に代表取締役副会長に就任した[2]。ちなみに、日産社内では役職で社員を呼ぶ風習がないため、社内では「志賀さん」と呼ばれている。

2015年6月、産業革新機構会長に就任した[3][4][5]。機構会長就任に伴い、利益相反の批判を回避をするため日産の代表権を外れている[6]。2017年6月、産業革新機構会長を再任となる。[7]。その際、日産自動車取締役副会長を退任し、日産自動車取締役となる[8]

2014年[9]から2018年[10]まで、経済同友会副代表幹事、国立大学法人一橋大学社会科学の発展を考える円卓会議委員[11][12]等も歴任。

COO時代の2010年の役員報酬は1億3400万円[13]。2012年は1億5300万円[14]

出典[編集]

  1. ^ 知事対談 伝統があるから変革できる 志賀俊之x仁坂吉伸和歌山県公式サイト内 (2015年4月12日 閲覧)
  2. ^ 役員体制の変更について
  3. ^ 産業革新機構の会長に志賀俊之・日産副会長 社長は退任
  4. ^ “産業革新機構、会長兼CEOに日産・志賀氏を発表”. 日本経済新聞. (2015年6月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H50_S5A610C1EE8000/ 2015年8月14日閲覧。 
  5. ^ “革新機構会長に日産志賀氏 社長は勝又専務執行役員”. 共同通信. (2015年6月12日). http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015061201002391.html 2015年8月14日閲覧。 
  6. ^ “日産の志賀副会長、代表権外れる 利益相反の批判回避”. 日本経済新聞. (2015年6月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ23HZO_T20C15A6TJC000/ 2015年8月14日閲覧。 
  7. ^ 革新機構、志賀会長が続投へ 日産副会長外れ専任に日本経済新聞
  8. ^ 志賀 俊之 - 日産自動車ニュースルーム - Nissan Global Newsroom
  9. ^ 2014年度 正副代表幹事 推薦候補者の内定について
  10. ^ 2018年度 正副代表幹事 推薦候補者の内定について
  11. ^ 「一橋大、社会課題の解決へ「円卓会議」 産官学の知を結集」日本経済新聞2018/5/4 22:19
  12. ^ 「学長見解 一橋大学強化プラン(5):日本の社会科学の発展に向けて」2018年3月学長蓼沼宏一
  13. ^ 「日本調剤の三津原社長4.77億円、日本人で最高-役員報酬一覧(Update1 」ブルームバーグ2010/06/28 17:24 JST
  14. ^ 「日産自動車社長兼CEO カルロス・ゴーン -年収10億円。「恥じることはない」」PRESIDENT 2012年7月30日号
先代:
能見公一
産業革新機構CEO
第2代:2015年 -
次代:
(現職)
先代:
青木哲
日本自動車工業会会長
第14代:2010年 - 2012年
次代:
豊田章男