志賀俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志賀 俊之(しが としゆき、1953年9月16日 - )は、日本の実業家産業革新機構代表取締役会長CEO日産自動車取締役副会長。

人物・経歴[編集]

和歌山県出身。和歌山県立那賀高等学校を経て、1976年大阪府立大学経済学部卒業。

1976年日産自動車に入社。最初の配属先は自動車関連ではなく、マリーン事業部だった[1]。その後、アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長・企画室長を歴任。1999年に日産がルノーと提携しCOOとなったカルロス・ゴーンの下、アライアンス推進室長を兼任。現場とのパイプ役として、日産リバイバルプランの立案・実行に力を振るった。その後、2000年から常務執行役員として一般海外市場担当として成果をあげ、2005年4月に最高執行責任者(COO)、同年6月にCOO・代表取締役に就任した。2013年11月に代表取締役副会長に就任した[2]。ちなみに、日産社内では役職で社員を呼ぶ風習がないため、社内では「志賀さん」と呼ばれている。

2015年6月、産業革新機構会長に就任した[3][4][5]。機構会長就任に伴い、利益相反の批判を回避をするため日産の代表権を外れている[6]

COO時代の2010年の役員報酬は1億3400万円[7]。2012年は1億5300万円[8]

出典[編集]