この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

カルロス・ゴーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルロス・ゴーン
Carlos Ghosn.jpg
世界経済フォーラム2008で講演を行う
カルロス・ゴーン
生誕 (1954-03-09) 1954年3月9日(65歳)
ブラジルの旗 ブラジルポルト・ヴェーリョ
住居 レバノンの旗 レバノン
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
レバノンの旗 レバノン
別名 コストキラー、ミスター調整
民族 レバノン人
出身校 コレージュ・ドゥ・ノートルダム・ドゥ・ジャンブール
エコール・ポリテクニーク(1974年卒業)
パリ国立高等鉱業学校(1978年卒業)
職業 実業家
著名な実績 日産自動車会長
三菱自動車工業会長
ルノー取締役会長兼CEO (PDG)
活動拠点 レバノンの旗 レバノン
給料 10億9800万円(2016年度)[1]
(過少申告の疑いで捜査中)
宗教 キリスト教マロン派
栄誉 レジョンドヌール勲章(シュヴァリエ)
藍綬褒章
大英帝国勲章(ナイト・コマンダー)

カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、ブラジル出身の実業家。2004年に藍綬褒章を受章[2][3]ルノー日産自動車三菱自動車工業株式相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長最高経営責任者(CEO)を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部金融商品取引法違反の容疑で逮捕され、その後解任された。保釈中の2019年12月に日本から密出国によりレバノン逃亡し、2020年1月2日に国際刑事警察機構により国際手配書(赤手配書)にて国際手配されている[4]逃亡中の[5]刑事被告人[6][7][8]

人物

2009年11月8日世界経済フォーラムインド経済サミットにて

両親はレバノン人で、ブラジルで誕生。幼少期をブラジルで過ごし、中等教育は父の母国であるレバノンベイルートで受けた。フランスの工学系グランゼコールの一つであるパリ国立高等鉱業学校を卒業した後、フランス大手タイヤメーカー、ミシュランに入社し18年間在籍。

ミシュラン社での業績が評価され、ルノーに上席副社長としてスカウトされ、同社の再建にも貢献した。

1999年3月、当時経営と財政危機に瀕していた日産がルノーと資本提携を結び[9]、同年6月、ルノーの上席副社長の職にあったゴーンが、ルノーにおけるポジションを維持しつつ、日産自動車の最高執行責任者(COO)に就任。後に日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)、ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)、ルノー・日産アライアンスの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。

「コストキラー」[10]「ミスター調整(FIX IT)」[11] などの異名をとるゴーンは、日産再建に向け社員とともに「日産リバイバルプラン」を作成。短期間で日産の経営立て直しを果たし、2003年にフォーチュン誌は、彼を「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」と称している[12]2013年6月から2016年6月には、ロシアの自動車メーカのアフトヴァース会長も務めていた[13][14]

レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。

2016年10月より、ゴーンはルノー・日産アライアンスに加わった三菱自動車工業の代表取締役会長に就任。2017年2月23日、日産自動車は同年4月1日付で副会長兼共同CEOの西川廣人が代表取締役社長兼CEOに就任することを発表した。ゴーンは引き続き日産の代表取締役会長を務め、アライアンス全体の経営に注力する。

2018年11月、金融商品取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され、日産、三菱の会長職を解任される。2019年1月、特別背任罪で追起訴された。

2019年1月、ルノーの会長職を辞職。

2019年4月、日産自動車の取締役を解任される。

2019年12月29日に日本の司法制度への不信からレバノンに逃亡した。この逃亡劇を巡って全世界で議論が巻き起こった。[要出典]

2020年1月2日には国際刑事警察機構により、本人に対して国際手配が行われたが、日本とレバノンの間で犯罪人引渡し条約が締結されていないため、本人を日本に連れ戻すことは難しい状況にある。[要出典]

来歴

祖先について

祖父ビシャラ・ゴーンは、レバノンで生まれ13歳でブラジルに移住し[15][16]、ブラジル北部、ブラジルとボリビア国境近くのロンドニア州の奥地 São Miguel do Guaporé サン・ミゲウ・ド・グアポレ でゴム産業に参入[17]。最終的には農産物を売買する会社のオーナーとなった[17]

レバノン系ブラジル人である父 ジョルジ・ゴーンはロンドニア州の州都ポルト・ヴェーリョに居を構え、同じくナイジェリア生まれのレバノン人の女性と結婚[18][19][20][16]。なお一部報道によれば、ジョルジ・ゴーンは神父を殺害した犯人のひとりとして1961年に死刑判決を受けたが、後に禁固15年に減刑され1970年に出所したものの、間もなく偽札製造の罪で逮捕され、禁固3年(別の報道では禁固15年)の刑に処された。その後、1975年に勃発したレバノン内戦の混乱に乗じてレバノンからブラジルへ移住したものと報じられている[21][22]

誕生から高等教育修了まで

1954年3月9日にカルロス・ゴーンが誕生した[23]。カルロスが2歳くらいの頃、不衛生な水を摂取したことで病気となり、母親とともにリオ・デ・ジャネイロに移転[24]。カルロスが6歳の時[25]、彼の3人の姉妹と母とともに[24]、祖父の母国であるレバノン・ベイルートに転居し[17]、ベイルートのイエズス会系の Collège Notre-Dame de Jamhour(コレージュ・ドゥ・ノートルダム・ドゥ・ジャンブール)で中等教育を受けた[26]。その後、パリ6区にあるプレップスクール Lycée Stanislas(リセ・スタニスラス)、そして、Lycée Saint-Louis(リセ・サン=ルイ)で学ぶ[27]。1974年、エコール・ポリテクニーク(École Polytechnique)(グランゼコールの代表格でエリート養成校の一つ)を卒業し[28]、1978年にパリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学博士を取得し卒業[29][28]

就職後

パリ国立高等鉱業学校を卒業した後、1978年に欧州最大のタイヤメーカー、ミシュラン Michelin に入社した[29][30]フランス国内で工場長、産業用タイヤ部門の研究開発ヘッドを歴任[29][31] 後1985年、30歳の時に3億ドルの市場を持つ南米ミシュランの最高執行責任者(COO)に任命された[29][32]。生誕地であるブラジルに戻ったゴーンは、彼に操業の立て直しを命じたフランソワ・ミシュランフランス語版に、ブラジルのハイパーインフレ[33] 下における事業の不採算性と困難について直訴している[32]。しかしその中で、南米事業部におけるフランス、ブラジル、その他多国籍の従業員の間での最良な業務形態を模索し、クロスファンクショナルマネージメントチームを結成[34][35]。このブラジルでの多文化体制下での経験は、後に彼の経営理念の核となるクロス・カルチャーな経営スタイルと強さの基盤を形成した[36]。「人は多様性から学び、そして共通性に安らぎを感じる。」とゴーンは語っている[37]。1989年、南米事業部を黒字転換させた後[34]、ミシュランの北米事業部の社長兼(COO)に選ばれ[38]、家族を伴い米国サウスカロライナ州グリーンビルへと移転[38]。1990年にミシュランの北米の最高経営責任者(CEO)に昇格する[29][38]。1996年に、ルノーの上席副社長にヘッドハンティングされ[39]、再びフランスへと居を移したが、1999年にルノーと日産の資本提携が行われた後[40][41]、ルノーでの役職も維持しながら日産の最高執行責任者(COO)に就任[28][42]。家族とともに日本に移り住んだ[43]

米フォーブス誌には「過酷な競合が繰り広げられる世界の自動車業界において最も多忙な男」と呼ばれ[34]、日本のメディアからは「セブンーイレブン(早朝から深夜まで非常にハードに働く)」と称され[44]、パリと東京の両拠点での職務に自らの時間を分割するゴーンの航空移動距離は、一年で約15万マイルにのぼる[34]

マルチリンガルで、アラビア語フランス語英語スペイン語ポルトガル語の5言語を流暢に話す[39]。さらに日本語も学んでおり、日産自動車社内で自らの肉声で語る際には、あえて日本語での演説を行うようにしているという[45]。ブラジルとフランス両国の市民権を有し[46]、また少年期10年の間居住し、初等ー中等教育を修了したレバノンとの強い繋がりも維持。レバノン北部海岸沿いの街 Batrounにある環境に配慮したワイン農場で、ワインの輸出も行う「IXSIR」に出資している[47]

受賞、栄典

2002年10月16日総理大臣官邸にて内閣総理大臣小泉純一郎(右)から「企業改革経営者内閣総理大臣表彰」を授与された

2002年にフランス政府から、レジョンドヌール勲章(シュヴァリエ)を授与された[48]

2004年に外国人経営者として初めて藍綬褒章を受章した[49]。また、同年、法政大学名誉博士になっている。2005年には早稲田大学からも名誉博士号を授与されている。極度の経営不振と経済的危機の状態にあった日産自動車を立て直したということで、他社の社外取締役に招聘されたり、大学の委員なども務めたりもし、更には「企業改革経営者内閣総理大臣表彰」[50]を受けている。また、自らコマーシャルに出演するなど[51][52]、マスメディアにも積極的に登場。ビッグコミックスペリオールに「カルロス・ゴーン物語 ―企業再生の答がここにある!!―」[53]が掲載されるなど、広く知られる存在となっている。

2006年に、KBE大英帝国勲章・ナイトコマンダー)を授与された[54]

東京地検特捜部による逮捕と東京地検による起訴

2018年11月19日、日産において開示されるゴーン自身の役員報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも少なく見せかけた額を有価証券報告書に記載していたとして、東京地検特捜部により金融商品取引法違反容疑で代表取締役グレッグ・ケリー [55][56]とともに逮捕された。日産自動車の西川廣人社長は、同年11月22日に招集する取締役会議でゴーンを同社の会長職を解任する方針と説明した。日産は内部通報により、数か月間の内部調査を行ってきたことをプレスリリースで明らかにしている[57][58]

逮捕を受け、日産自動車の川口均CSOが総理大臣官邸を訪れ、菅義偉内閣官房長官に謝罪や日仏関係の維持のための協力要請を行った[59][60]駐日フランス大使館によると、翌20日には、ローラン・ピック駐日フランス特命全権大使東京拘置所を訪れ、ゴーン会長と面会を行ったとされる[61]

11月22日、日産の取締役会において日産の会長職と代表取締役から解任され取締役となり[62]、同月26日には三菱自動車においても会長職と代表取締役から解任され取締役となった[63]

2018年12月、東京地検はカルロス・ゴーン、グレッグ・ケリー、日産自動車を金融商品取引法違反で起訴した[64]

2019年1月、東京地検はカルロス・ゴーンを特別背任罪で追起訴した[65]

3月5日、東京地方裁判所保釈を許可する決定をし、検察の準抗告も同日深夜に棄却され、翌6日、保釈保証金(金商法違反事件で2億円、特別背任事件で8億円)の納付後に保釈された[66][67]。東京地裁の決定に対し、東京地検の久木元伸次席検事は「保釈条件に実効性がない」とする異例のコメントを行った[68]

4月4日、中東オマーンの販売代理店側に支出された日産の資金の一部を不正に流用した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は特別背任の容疑で4度目の逮捕をした[69]。検察内部には在宅での追起訴でよいとの慎重論もあったが、いわゆる「オマーンルート」疑惑の捜査のため再逮捕になったと報じられている[70]

4月23日にパリで開かれた日仏首脳会談でフランスのエマニュエル・マクロン大統領は日本の安倍晋三内閣総理大臣に対してカルロス・ゴーンを適切に処遇するよう求めた[71]

4月25日、再度保釈された。前回の保釈時は作業着姿に変装していたが、今回はノーネクタイのスーツ姿での保釈となった。今回の保釈に対して検察幹部(氏名不詳)は「明らかに地裁の判断は矛盾しており、『保釈ありき』ではないか」「裁判所は『人質司法』という言葉に完全にひよっている(おじけている)。」との見解を表明している[72][73]

その後アメリカの証券取引委員会とは役員報酬の虚偽記載について100万ドルの課徴金を支払うことで和解。日本との裁判に集中する構えで、日本に対しては引き続き無罪を主張していくとする[74]

日本からの密出国

レバノンの治安当局者によると、ゴーンは日本を秘密裏に出国し、プライベートジェットを用いてトルコを経由しレバノンの首都ベイルートにあるベイルート国際空港に日本時間の2019年12月31日午前6時30分過ぎに到着したという[75][76][77][78]

レバノンの複数のメディアは「クリスマスディナーの音楽隊を装った民間警備会社のグループが、ゴーンの滞在先に入って楽器のケースに隠して連れ出した」「レバノンに到着して大統領と面会した」などと報じている[78][79]。また、インデペンデント・アラビーヤによると、この逃亡劇は「軍事関連会社」が実行し、「2,000万ドル(約22億円)以上の費用がかかった」と報じられており[80]ウォールストリート・ジャーナルによると、米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)出身の男性ら2人の協力で、「音響機器運搬用の黒い箱」の中に隠れて出国したと報じられている[81][82]

日本の出入国在留管理庁データベースには出国の記録が無い。レバノンのジュレイサティ国務相は、トルコから同国への入国時にはフランスのパスポートとレバノンの身分証明書を所持しており正当に入国したとしており、同国政府関係者によると本名名義のフランスの旅券を用いていたという。国土交通省大阪航空局関西空港事務所は、29日夜に関西国際空港を発ってイスタンブールに向かったプライベートジェットが1機あることを確認している[83][78][84]

プライベートジェットの場合には保安検査(航空機内に積み込む荷物の検査)の「法的な義務」はなく、機長が実施の必要性を判断しており[85]、「X線検査」の有無についても状況によって異なっている[86]。関西国際空港関係者は、「ケースが大きくて照射装置に入りにくかったため、X線検査を行わなかった」と証言している。そのため、ゴーンが大きな箱のようなケースに入った状態で、X線による検査を受けないままプライベートジェットの機内に積み込まれ、正規の出国手続きを受けずに離陸した可能性が浮上している[87]

なお、日本の裁判所はゴーンを保釈する際に、「海外渡航の禁止」という条件を付しているが、ゴーンはこれに違反したということになる[76][88]

2019 年12月31日、ゴーン本人は、この密出国について、「私はレバノンにいる」という内容の声明を発表し[89][90]、「もはや私は有罪が前提とされ、差別がまん延し、基本的な人権が無視されている不正な日本の司法制度の人質ではない」「私は正義から逃げたわけではない。不公正と政治的迫害から逃れたのだ」と述べている[91]

本人の初公判は2020年4月21日に開かれる方向で調整が進められていたが、刑事訴訟法に基づくと今回の場合では、本人が日本に帰国しなければ公判は開くことができない規定になっている。日本はレバノンと犯罪人引き渡し条約を締結しておらず、同国の了解を得られなければゴーンの身柄が日本へ引き渡されることはない。帰国が実現しなければ事件の審理に大きな影響を及ぼすことが懸念される[92][88]。また、東京地方検察庁は、2019年12月31日、東京地方裁判所にゴーン被告の保釈取り消しを請求した。同日夜、東京地方裁判所は保釈を取り消す決定をすると同時に保釈金15億円も没取された[93]

2020年1月2日、日本政府は、国際刑事警察機構(ICPO)に対し、レバノン政府にゴーンの身柄を拘束するように要請することを求めた[94]。レバノン国営通信社NNAは、「ICPOからの赤手配書[95]をレバノンの検察当局が受領した」という内容の報道を行っている[4][96]

ビジネスにおけるキャリア

ミシュラン

大学卒業後、1978年に欧州最大のタイヤメーカー、ミシュランMichelinに入社[28]。3年目の1981年に、27歳でフランス国内のル・ピュイ工場の工場長に抜擢され[97]、1984年に同社の産業用タイヤ部門の研究開発ヘッドを務めた[98]。翌1985年には、ブラジルを拠点とするミシュランの南米事業の最高執行責任者(COO)に任命された[98][28]。5年後の1990年、35歳でミシュランの北米事業部の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任し、ユニロイヤル・グットドリッチタイヤ社を買収後のリストラを主導するなど、18年間のミシュラン在籍期間中、重要な役職を歴任した[28]

ルノー

1996年、ルノー会長(当時)のルイ・シュバイツァーフランス語版からスカウトされ[99]、購買、研究、先進技術のエンジニアリングと開発、製造、および南米ルノーのスーパーバイジング担当の上席副社長として、ルノーに入社[31][100]。シュバイツァー自身、国営自動車会社ルノーの時代に経営再建の為、請われてフランス予算省の上級官僚から転職した人物[101]。ルノーは過激左派組織のテロなど[102]、フランス国内外での混乱を生じながらも民営化[103]、民営化後も人員削減を押し進め、いったんは国内集中にシフトしていた事業展開を再び国際化へと方針転換していた最中で、ゴーンの手腕をかったシュバイツァー会長が自らヘッドハンティングを行った[99]。ルノーに入社したゴーンは、ベルギーのビルボールド工場閉鎖など不採算事業所の閉鎖や[104]、調達先の集約などで経費の圧縮を進め、赤字だったルノーの経営を数年で黒字へと転換[105]。これによりゴーンは「コストカッター」「コストキラー」の異名を拝するようになった[10]

ルノー・日産の資本提携と日産の復活

麻生内閣の「仕事と生活の調和推進プロジェクト」に参画
ルノーと日産自動車の共通のプラットフォームを使用するルノー・クリオ(日本名 ルノー・ルーテシア)
本牧埠頭を視察するゴーン社長 (2011年7月)

1999年3月27日にルノーが日産の株式の36.8%を取得し、ルノーと日産の間で資本提携が結ばれ[42]、同年6月、ゴーンはルノーにおける役割を維持したままで、最高執行責任者(COO)として日産に入社した[42][40]。翌年2000年6月に日産自動車の取締役に就任[40]。さらに2001年6月に日産の最高経営責任者(CEO)に選出された[41]

ゴーンが入社した当時の日産は約2兆円(200億ドル)の有利子負債を抱え[106][107]、国内販売でもラインナップされた46モデル中、3モデルだけが収益をあげている状況だった[108]。ルノーからの巨額な資金投入が行われた上で[40]、ゴーンの指揮下、両社の間でプラットフォームやエンジン、トランスミッションなどの部品の共通化、購買の共同化などを通じて両社のコストダウンを行う[109]

日産リバイバルプラン」の下[110][111]、東京都武蔵村山市にあった日産自動車村山工場などの生産拠点の閉鎖[112] や子会社の統廃合[107][113]、航空宇宙機など余剰資産の売却[114] や21,000人(総従業員の14%)を目標とした早期退職制度による人員の削減など大幅なリストラを行った[115]。同時に新車種の投入、インテリア・エクステリアデザインの刷新やブランドイメージの一新などの計画を次々に敢行[116][117]

また、日産自動車社内の公式言語を日本語から英語に変更し[118][34]、初めてのキー・グローバル戦略会議は[119]、ヨーロッパや北米の幹部も出席して開催された。日本の商慣習にとらわれない過激な手法に、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が「公共の怒りの対象となる」とのコメントを掲載するなど[120][121]、先行きを危惧する声も少なからずあったが、ゴーンは自らテレビコマーシャル出演し[52]、インタビューに応えるなど、積極的にメディアに登場[122]

残された日産自動車社員および株主・関係者への配慮を見せ[123]、日産自動車株主総会を日本語で行うなど[124]、全ての利害関係者に向けて社内改革をアピールした。その結果、1998年には約2兆円あった有利子負債を[106]、2003年6月には全額返済(社債を発行して、銀行からの借入金を全部返済している)[125]。1999年度には1.4%であったマージンは2003年度には11.1%へと増加させる成果をあげ[126]、12%前後まで落ちた国内シェアを20%近くまで回復させた[127]

しかし同時に、2002年にゴーン氏が打ち立てた3か年経営計画「日産180[113](全世界での売上台数を100万台増加させ、8%の営業利益率を達成し、自動車関連の実質有利子負債をなくす)における販売台数目標達成のために、計画終了(2005年9月30日)前に集中して新型車投入を行ったことによる、計画終了以降の国内販売台数の深刻な低迷や、「ゴーン以前」に入社した居残り組と、「ゴーン後」に入社した中途採用組の社内闘争など、深刻な問題を残したままの親会社への復帰に疑問の声も上がっている。

2005年5月には、ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)にも選ばれ[128]、これによりゴーンはルノーと日産というフォーチュン・グローバル500にリストされる2社を同時に率いる世界で初めてのリーダーとなった[129]。また、ゴーンは両社の株式持ち合いと同等所有権を含む戦略的パートナーシップを統括するルノー・日産アライアンスの社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務している。2010〜2014年の間、ルノー・日産アライアンス(AvtoVAZを含めた)は、全世界自動車市場の約10%のシェアを維持し続けている[130][131][132][133]。2014年の時点でアライアンスは世界第4位の自動車グループとなった[134][133]

2006年以降、関連会社の日産と歩調をあわせるようにルノーの業績も悪化していることもあり、ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)になった後の2006年2月には、日産に対するリストラのような従業員の解雇を行わずに、2009年の販売台数を2005年の約250万台から80万台多い330万台とし、2009年の売上高に対する営業利益率を6%にするという内容の中期経営計画「ルノー・コミットメント2009」を発表した[135]

2011年3月11日、大規模自然災害となった東日本大震災が発生した。ゴーンは地震と津波による被害の復旧支援活動を率先して行う[136][137] に留まらず、震災による打撃とともに、福島第一原子力発電所事故の影響下にあった、福島いわきエンジン工場の操業回復をいち早く決定[138][139]。再構築を推進、奨励する為、自ら頻繁にテレビ番組などに登場した[140][141][142][143]。さらに、2011年5月にゴーンは、最低100万台の日本国内での自動車およびトラック生産をコミット[144][145]

2012年6月に、OAO AvtoVAZの取締役会の副会長に選ばれ[146][147]、翌2013年6月には会長に任命された[148][149] ルノーは、2008年に、会社の25%の株式を取得した後、OAO AvtoVAZ との戦略的パートナーシップを始めていた[150] さらに、極度の経営不振の状態にあった日産自動車を立て直したということで、他社の社外取締役に招聘されている[151]

2013年6月に、ゴーンはロシアの会社アフトワズの会長に任命された。ゴーンは2016年6月まで、この地位を保持した。2018年に、特別背任の疑いで、グレッグ・ケリー氏とともに日産の会長を解雇された。特別背任の容疑があるため4度再逮捕された[152][153]

三菱

2016年10月、日産は三菱自動車工業の34%の投資買収を完了した。ゴーンはルノー・[154]日産における地位に加え三菱の会長として就任した。これは燃費データ改竄における長期に渡るスキャンダルとその影響からの利益減収回復を図ることを目的とする。日産三菱パートナーシップは三菱の電気自動車における共同開発開発も含んでいる。ルノー・日産・三菱の提携はトヨタ自動車、フォルクスワーゲン社、ジェネラルモーターズに続く自動車グループとしては世界第四位の地位を確立した[155][156]

アドバイザー関連

2015年までは ブラジルの銀行バンコ・イタウの国際諮問委員を務めた[157][158]中国清華大学の経済管理学院顧問委員[159][160][161]ベイルートのアメリカン大[162]セント・ジョセフ大学の戦略会議メンバーを務めている[161] 2014年5月には欧州自動車工業会の会長に選出され。彼は世界経済フォーラムの知事としての役割を果たす[163]

パーソナリティ

2006年度のチャンピオンマシンのルノーR26
本牧埠頭を視察するゴーン社長 (2011年7月)

経営陣のトップであるが自らハンドルを握って運転する事を好む。この事は彼が立場を越えてルノーや日産自動車の車種に限定されず、自動車の運転に好意的な事を示した過去の報道からも明らかである。この事は、ゴーン体制下の日産自動車が、2002年の排ガス規制で生産終了が決定していたスカイラインGT-Rの後継車種である日産・GT-Rや、フェアレディZを復活させた大きな要因である(両車ともゴーン自らゴーサインを出し、自ら発表している)。『日経スペシャル カンブリア宮殿』に出演した際に、「ハンドルを握って5分も運転すれば、どんな嫌なことも吹き飛ぶ。車以外にこんな製品がありますか?」と言っている。

しかしながら、日産自動車のセドリック/グロリアサニーといった伝統的な車名を次々に廃止したことに対しては、ゴーン自身は車名が体現する伝統の大事さを訴え、販売部署が望んだブランド名変更に最後まで反対だったという[164]。また、日産が長年参戦してきたル・マン24時間レースからの完全撤退など、モータースポーツに関しては比較的否定的な立場であり、ルノーF1チームが2005年2006年の2年連続で世界チャンピオンに輝いたにもかかわらず、同チームの継続的な参戦にはブランドイメージ形成や予算の面から懐疑的だと伝えられている。ただしF1チームの中では予算が少ないと言われているルノーでも、年間予算は100億円を優に超える(ただし、SUPER GTに関しては例外中の例外であり、近年ではGT-RによるFIA GT選手権への参戦も果たしている)。

また、就任1年目の1999年夏に第70回都市対抗野球を視察に訪れた際、スタンドの応援団と観客の盛り上がりに感銘を受け、その直後に記者会見を開いて当時存廃問題が取りざたされていた野球部の存続を明言し、「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴である」とまで公言した。しかしながら、2009年には金融危機による不況により、日産はゴーン体制初の営業赤字に転落し、その対策として、グローバル人員を2万人削減すると同時に、野球部を含む運動部の休止が発表された。

公開されている個人情報

ゴーンは1984年から2010年まで[165]リタ(Rita)と結婚していて、子供は女子3人(Caroline、Maya、Nadine)、男子は1人(Anthony)がある。リタは『ゴーン家の家訓』(集英社、2006年)を出版しており、夫を「透徹した批判眼の持ち主であり、最も信頼できるパートナー」といっている[166]。2016年5月、ガールフレンドのキャロル・ナハス(Carole Nahas)と再婚し、同時に彼の60歳の誕生日祝いも兼ねて大結婚披露宴ベルサイユ宮殿大トリアノン城で行なっている。[167][168][169] 彼の個人住居は6軒、東京パリベイルートリオデジャネイロアムステルダムニューヨークにあり、購入費用は日産自動車に負担させていると様々なメディアが伝えている。[170]

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 日産ゴーン会長、2016年度の報酬は10億9800万円…2700万円アップ レスポンス 2017年6月27日
  2. ^ 日本経済新聞(2018年11月24日)「名誉博士・褒章・ワイン…ゴーン元会長逮捕で困惑
  3. ^ response.jp(2004年5月18日) 【新聞ウォッチ】褒章受章の日産ゴーン社長、天皇陛下に日本語で謝辞
  4. ^ a b レバノン当局、ゴーン被告の国際手配書を受領 現地報道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
  5. ^ 逃亡犯と化したセレブ経営者 カルロス・ゴーン氏をめぐる騒動で無傷で済む人はいない(1/4) | JBpress(Japan Business Press)
  6. ^ 【カルロス・ゴーン】ゴーン逃亡犯から英雄へ…「レバノン大統領」誕生はあるか|日刊ゲンダイDIGITAL
  7. ^ 海のかなたの空遠く幸い住む、とでも言うのかしら。国際的逃がし屋を使って逃亡した逃亡犯ゴーン被告(早川忠孝)
  8. ^ 逃亡ゴーン被告、このまま「逃げっぱなし」になるか いまさら人に聞けないカルロス・ゴーン海外逃亡4つのポイント(1/3) | JBpress(Japan Business Press)
  9. ^ 株式の相互保有、共同運営組織「ルノー・日産 BV」の設立により 日産自動車 2001年10月30日
  10. ^ a b コストキラーは日産をどう変える NHK クローズアップ現代 1999年7月27日
  11. ^ 自動車業界の動向: ザ・コストキラー タイム 2003年5月19日
  12. ^ 25人の最強事業家達 フォーチュン 2003年8月11日(英語)
  13. ^ 株式の相互保有、共同運営組織 Ghosn will give up AvtoVAZ chairmanship amid restructuring. Automotive News Europe 2016年7月24日
  14. ^ Renault's Ghosn cedes Avtovaz chairmanship to Rostec exec. ロイター 2016年7月24日
  15. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 1ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  16. ^ a b 書籍『カルロス・ゴーン経営を語る』の紹介文 UBブックレビュー 2003年9月10日
  17. ^ a b c Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 3ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  18. ^ The Carlos Ghosn Story―カルロス・ゴーン; 6ページ IBCパブリッシング 2007年2月(英語)
  19. ^ The Carlos Ghosn Story―カルロス・ゴーン; 8ページ IBCパブリッシング 2007年2月(英語)
  20. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 4ページカルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  21. ^ 仰天報道 カルロス・ゴーンの父親は神父を銃殺し、死刑判決を受けていた”. Forbes JAPAN (2020年1月12日). 2020年1月16日閲覧。
  22. ^ ゴーンがひた隠しにしてきた「父親とその過去」”. 東洋経済オンライン (2020年1月16日). 2020年1月16日閲覧。
  23. ^ The Carlos Ghosn Story―カルロス・ゴーン; 4ページ IBCパブリッシング 2007年2月(英語)
  24. ^ a b Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 5ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  25. ^ カルロス・ゴーンはブラジルで何を見たのか フォーチュン 2011年10月5日(英語)
  26. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 6ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  27. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 9ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  28. ^ a b c d e f カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)氏 略歴 日本自動車殿堂
  29. ^ a b c d e ルノー・日産アライアンス取締役謙CEO; カルロス・ゴーン ルノー・日産 2011年3月3日(英語)
  30. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 18ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  31. ^ a b 講師カルロス・ゴーン略歴 第14回日経フォーラム; 世界経営者会議 2012年10月29日
  32. ^ a b 変革をもたらす CEO達: 日本でのリーダーシップとマネージメントの成功; 125ページ Edward Elgar 出版 2006年1月(英語)
  33. ^ ブラジル関連情報 野村アセットマネジメント 2014年8月
  34. ^ a b c d e 落ち着きのないゴーン フォーブス・マガジン 2006年5月5日(英語)
  35. ^ CFT とその構成; 9ページゴーンが発揮したリーダーシップ ─ CFTによる暗黙知の活用 ─. 立命館大学 2012年10月2日
  36. ^ ビジネスモデル・イノベーション: 知を価値に転換する賢慮の戦略論; 137ページ 東洋経済新報社 2014年6月12日
  37. ^ カルロス・ゴーン多様性について語る TBWAのロバート・シュワルツによるインタビュー 2009日6月22日(英語)
  38. ^ a b c カルロス・ゴーン日産に向かう前にミシュラン北米を指揮 グリーンビル・ルーツ(英語)
  39. ^ a b 日産を蘇らせた男「カルロス・ゴーン」特集 テレビ朝日『SmaStation-5』 2006年1月20日
  40. ^ a b c d 日産・ルノー両社、世界規模の緊密な協力体制を展開. 日産自動車. (1999年10月20日)。
  41. ^ a b ルノー・日産アライアンス 提携の歩みアライアンス・ハンドブック (2006年2月16日)。
  42. ^ a b c 日産自動車とルノー、力強い成長のために - 利益ある成長を達成するための新たな提携 -. 日産自動車株式会社・RENAULT プレスリリース. (1999年3月27日)。
  43. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 75ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  44. ^ カルロス・ゴーンが「セブンーイレブン」と呼ばれた理由 ユナイテッド・ブックス. 成功者に学ぶ時間術; 32ページ 2012年2月28日
  45. ^ カルロスゴーンCEOスピーチ 大阪で行われた日産リーフのオーナミーティング 201年3月23日
  46. ^ 「二重国籍」容認が国を変える 月刊現代 2001年7月号
  47. ^ カルロス・ゴーン出資、レバノンの「イクシール」 読売新聞 2012年1月18日
  48. ^ L'Obs(2002年4月2日)"La promotion de Pâques"
  49. ^ 日本経済新聞(2018年11月24日)「名誉博士・褒章・ワイン…ゴーン元会長逮捕で困惑
  50. ^ 企業改革経営者等に対する内閣総理大臣表彰について 経済産業省 2002年10月15日
  51. ^ CM: カルロス・ゴーン オリコン芸能人事典
  52. ^ a b CM RENAISSANCE 「宣言」篇. 企業CM/日産グループCM情報. (1999年10月20日)。
  53. ^ あの、ゴーンが漫画になった! レスポンス 2001年11月19日
  54. ^ ロイター通信(2006年10月24日)"Car maker turnaround king Ghosn now a knight"
  55. ^ グレッグ・ケリー(日産自動車ニュースルーム、2018年)
  56. ^ Greg Kelly (News Release, Nissan Motor Company, 2018)
  57. ^ 当社代表取締役会長らによる重大な不正行為について (PDF)”. 日産自動車 (2018年11月19日). 2018年11月20日閲覧。
  58. ^ “日産ゴーン会長逮捕 「重大な不正行為」あったと解任要求へ”. BBC. (2018年11月20日). https://www.bbc.com/japanese/46271158 2018年11月20日閲覧。 
  59. ^ 日産幹部「日仏関係保たれるよう」 官邸で菅長官と面会 朝日新聞 2018年11月20日12時50分
  60. ^ ゴーン氏逮捕で日産専務執行役員、菅義偉官房長官に陳謝 産経ニュース 2018年11月19日
  61. ^ フランス大使、東京拘置所でゴーン容疑者と面会 読売新聞 2018年11月22日
  62. ^ “ゴーン会長の解任を決議 日産臨時取締役会”. NHK. (2018年11月22日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181122/k10011720811000.html 2018年11月22日閲覧。 
  63. ^ “三菱自動車もゴーン容疑者の会長職を解任 取締役会決定”. 朝日新聞. (2018年11月26日). https://www.asahi.com/articles/ASLCV5FQYLCVULFA02S.html 2018年11月27日閲覧。 
  64. ^ 東京地検:ゴーン前日産会長を金融商品取引法違反で起訴、再逮捕 - Bloomberg
  65. ^ ゴーン前会長を追起訴 特別背任と金商法違反の罪で :朝日新聞デジタル
  66. ^ ゴーン前会長、保釈金10億円納付 108日目で保釈へ”. 朝日新聞デジタル (2019年3月6日). 2019年3月8日閲覧。
  67. ^ 車はスズキ、関係ない社名が次々 ゴーン前会長保釈”. 朝日新聞デジタル (2019年3月6日). 2019年3月8日閲覧。
  68. ^ ゴーン被告保釈条件 地検次席が地裁決定に異例の批判「実効性ない」 - msnニュース
  69. ^ ゴーン被告を再逮捕へ オマーンルート特別背任容疑 東京地検” (日本語). 毎日新聞. 2019年4月3日閲覧。
  70. ^ ゴーン被告4回目逮捕の方針 検察、有罪へ「勝負手」 身体拘束に慎重論も” (日本語). 毎日新聞. 2019年4月4日閲覧。
  71. ^ マクロン氏、ゴーン被告処遇に言及 日仏首脳会談 - 産経ニュース
  72. ^ 「地裁は保釈ありき」と検察幹部 ゴーン被告の処遇めぐる矛盾に疑問 - 産経ニュース
  73. ^ 検察幹部「裁判所は完全にひよっている」 ゴーン氏保釈:朝日新聞デジタル
  74. ^ 日産に課徴金16億円 米SEC、ゴーン元会長は1億円 :日本経済新聞
  75. ^ NHK(2019年12月31日)「ゴーン被告 出国か “レバノン到着”報道 保釈条件は渡航禁止
  76. ^ a b NHK(2019年12月31日)「ゴーン被告か 空路レバノン入国
  77. ^ AFP(2019年12月31日)「カルロス・ゴーン被告がベイルート入り、レバノン当局者
  78. ^ a b c ゴーン被告、楽器箱に隠れ出国と報道 警備会社が協力か”. 産経ニュース. 2020年1月1日閲覧。
  79. ^ ゴーン被告“逃亡”で15億円の保釈金は没収 東京地検、高検、最高検察庁まで召集「大晦日なのに」と恨み節”. AERA dot. (2019年12月31日). 2019年12月31日閲覧。
  80. ^ レバノン当局、ゴーン被告の国際逮捕手配書を受領 現地報道 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
  81. ^ 朝日新聞(2020年1月4日)「ゴーン被告、プロが逃がす?元グリーンベレーの名前浮上
  82. ^ NHK(2020年1月4日)「ゴーン被告 “箱に隠れ出国” 元米軍特殊部隊員関与か
  83. ^ ゴーン被告、自家用機で29日出国か 関空発で1機確認”. 朝日新聞. 2020年1月1日閲覧。
  84. ^ NHK(2019年12月31日)「入管庁記録なし 別名で出国か
  85. ^ 読売新聞(2020年1月5日)「ゴーン被告搭乗、PJに人が入れる大きさの荷物…保安検査の義務なし
  86. ^ NHK(2020年1月1日)「ゴーン被告 なぜ日本から出国できたのか? 深まる謎
  87. ^ NHK(2020年1月5日)「ゴーン被告 ケースに隠れ出国か 持ち込み荷物 X線検査受けず
  88. ^ a b ゴーン被告、海外渡航なら保釈条件に違反か”. 産経ニュース. 2019年12月31日閲覧。
  89. ^ NHK(2019年12月31日)「ゴーン被告が声明「私はレバノンにいる」
  90. ^ まとめ
  91. ^ 【声明全文】ゴーン被告「私はレバノンにいる」渡航禁止も出国”. NHK] (2019年12月31日). 2019年12月31日閲覧。
  92. ^ ゴーン被告、帰国した場合、しなかった場合 裁判はどうなるのか”. 産経ニュース. 2019年12月31日閲覧。
  93. ^ ゴーン被告の保釈取り消し認める 東京地裁” (jp). 日テレニュース24. 2019年12月31日閲覧。
  94. ^ 共同通信(2020年1月2日)「ICPOを通じ身柄拘束要請
  95. ^ 国際手配書の一種。暫定的に法的措置(送還や身柄引き渡しなど)が取られる可能性のある人物の身柄を拘束するよう各国警察に求める文書。逮捕状]ではない。
  96. ^ Lebanon National News Agency(2020年1月2日)「Serhan: Public Prosecution received 'red notice' for Carlos Ghosn
  97. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 24ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  98. ^ a b カルロス・ゴーン; バイオグラフィー 日産自動車(英語)
  99. ^ a b 日産と提携、個性尊重し成功/ゴーン氏なら異文化に対応 ルノー元会長・シュバイツァー氏 朝日新聞 2014年8月17日
  100. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 59ページ カルロス・ゴーン著 2006年3月21日(英語)
  101. ^ ルイ・シュバイツァー 日経フォーラム; 世界経営者会議
  102. ^ ルノーS.A. ゲイルディレクトリ会社史:ルノーS.A. (英語)
  103. ^ 新しい時代へ向けて ルノーの歴史
  104. ^ リーダーシップ論の展開とリーダーシップ開発論; 11ページ 東洋大学経営力創成研究センター 2010年3月5日
  105. ^ 人を動かし、時代を変えた心を揺さぶる名経営者の言葉 2010年7月1日
  106. ^ a b 99年9月期決算参考資料. 日産自動車株式会社 (1999年11月22日)。
  107. ^ a b シャドーワーク―知識創造を促す組織戦略; 15ページ. 東洋経済新報社. (2007/02)。
  108. ^ アライアンスの事実; 6ページ(英語). 2008年アライアンス企業データ. ルノー・日産。
  109. ^ ルノー・日産、アライアンス締結10周年を発表. 日産グローバル. (2009年3月27日)。
  110. ^ 日産自動車、『日産リバイバル・プラン』を発表. 日産プレスリリース. (1999年10月18日)。
  111. ^ 日産リバイバルプラン. nissan-global.com. (1999年10月18日)。
  112. ^ 日産自動車、村山工場の車両生産中止について. 日産プレスリリース. (2001年3月29日)。
  113. ^ a b 日産リバイバルプラン及び日産180に関する記者会見 ゴーン社長スピーチ. 日産自動車. (2002年5月9日)。
  114. ^ 日産自動車 過去最高の2001年度決算見込みを発表. 日産プレスリリース. (2002年5月9日)。
  115. ^ 2001年3月期 中間決算報告書; 4ページ. 日産自動車。
  116. ^ 2000 アニュアルレポート; 19ページ日産グローバル。
  117. ^ 日産リバイバルプラン進捗状況記者会見 カルロス・ゴーン社長スピーチ. 第35回 東京モーターショー. (2001年10月18日)。
  118. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 161〜163ページ(英語). カルロス・ゴーン著. (2006年3月21日)。
  119. ^ Remaking Nissan「日産の再構築)」(英語). ビジネスウィーク. (1999年11月15日)。
  120. ^ "Nissan's Plan for Jump-Start Faces Formidable Obstacles"(英語). The Wall Street Journal. (1999年10月18日)。
  121. ^ 文化的変化:日本におけるダグラス・マッカーサーとカルロス・ゴーンの変革行動に関する比較研究; 15ページ(英語). マサチューセッツ工科大学. (2005/06)
  122. ^ Shift: Inside Nissan's Historic Revival; 129ページ(英語). カルロス・ゴーン著. (2006年3月21日)。
  123. ^ ゴーン社長が狙う世界制覇. 日経ビジネス. (2006年7月24日)。
  124. ^ 【火星人がやってきた】カルロス・ゴーン. 月刊「現代」2002年9月号。
  125. ^ 変革をもたらす CEO達: 日本でのリーダーシップとマネージメントの成功; 136ページ(英語). Edward Elgar 出版. (2006/01)。
  126. ^ 2003年度決算報告; 20ページ. 日産180進捗状況及び2003年度決算発表. (2004年4月26日)。
  127. ^ 1999年10月18日 日産 ゴーン改革発表 再生へ『ケイレツ』破壊. 東京新聞. (2006年12月28日)。
  128. ^ ルノー2005年度アニュアルレポート; 7ページ(英語). ルノー. (2006年5月4日)。
  129. ^ ゴーンは日産をいかに修復するのか (英語). フォーチュン. (2006年7月10日)。
  130. ^ ルノー・日産アライアンス、2010年暦年(1月〜12月累計)の販売実績を発表. 日産グローバル・ニュースリリース. (2011年1月28日)。
  131. ^ ルノー・日産アライアンス2011年暦年(1月〜12月累計)の販売実績を発表 - 3年連続で過去最高の販売台数を記録 -. 日産グローバル・ニュースリリース. (2012年2月1日)。
  132. ^ ルノー・日産アライアンス2013年企業実績(英語). ルノー・日産アライアンス。
  133. ^ a b ルノー・日産アライアンス2014年企業実績(英語). ルノー・日産アライアンス. (2014年2月28日)。
  134. ^ 2013年度決算発表 日産自動車株式会社 最高経営責任者 カルロス ゴーン. 日産グローバル. (2014年5月12日)。
  135. ^ 「2009年度ルノーのコミットメント - ゴーンの刺激プラン:2009年にお会いしましょう!」 (フランス語). Challenges誌. (2006年2月6日)。
  136. ^ 日産ゴーン社長「無名の英雄たたえるのが私の責任」 いわき工場、まもなくフル稼働へ. 日本経済新聞. (2011年5月13日)。
  137. ^ 日産自動車社長 カルロス ゴーン インタビュー(日産いわき工場). 日産ニュースルーム. (2012年3月28日)
  138. ^ いわき工場は6月初めまでにフル生産に=ゴーン日産CEO. ロイター通信. (2011年3月29日)。
  139. ^ 白熱レポート; 日産のカルロス・ゴーン福島へ(英語). The Truth About Cars. (2011年5月17日)。
  140. ^ 日産・ゴーン社長、被災工場視察し社員激励. 日本テレビ. (2011年5月17日)。
  141. ^ 現場に甘えぬ経営者 震災対応第2幕、問われる決断. 日本経済新聞. (2011年6月5日)。
  142. ^ ニッポン復活の道 ものづくり大国のゆくえ. TV DATA ZOO. (2011年3月29日)。
  143. ^ カルロス・ゴーンのインタビュー; 「ワールド・ビジネス・サテライト」(英語). テレビ東京. (2011年4月7日)。
  144. ^ 日産・ゴーン社長、世界販売台数「さらに伸びる」. 日本経済新聞. (2011年5月12日)。
  145. ^ ゴーン氏云わく、サプライヤー達は地震からリカバーしてきている(英語). Bloomberg. (2011年5月12日)。
  146. ^ AvtoVAZ役員リスト(ロシア語). AvtoVAZ. (2012年8月20日)。
  147. ^ People: Avtovaz OAO (AVAZ.MM) (英語). ロイター通信。
  148. ^ Avtovaz OAO 取締役および執行役員 (英語). Financial Times
  149. ^ ロシアの自動車メーカーアフトヴァズ社カルロス・ゴーンを会長に任命(英語). autoindustriya.com. (2013年6月29日)。
  150. ^ ルノーとアフトワズは、彼らの戦略的パートナーシップを確認. ルノー (プレスリリース). (2008年2月29日)。
  151. ^ 日産ゴーン、次の事業計画前に降任も(英語). Bloomberg. (2012年6月21日)。
  152. ^ Carlos Ghosn. NissanNews.com. (2016年7月24日)。
  153. ^ [http://forbesjapan.com/articles/detail/11235 VW社の「逆を行く」カルロス・ゴーン帝国の経営戦略 . フォーブス (雑誌). (2016年7月24日)。
  154. ^ Greimel, Hans Nissan takes control of Mitsubishi with Ghosn as chairman Automotive News Europe 2016年10月20日
  155. ^ Ma, Jie; Horie, Masatsugu Nissan Seals $2.3 Billion Mitsubishi Motors Stake Acquisition Bloomberg 2016年10月19日
  156. ^ Nissan to take 34% stake in Mitsubishi Motors BBC News 2016年5月12日
  157. ^ ブラジルのイタウ・ウニバンコ銀行 - 国際諮問委員会を形成 イタウ・ウニバンコ銀行(英語)
  158. ^ 組織構造”. Itaú. 2015年10月6日閲覧。
  159. ^ 清华大学经济管理学院-顾问委员会名单”. 清華大学経済管理学院. 2017年11月24日閲覧。
  160. ^ ルノー・日産アライアンスの最初の日産清華講座 清華大学 2012年6月4日(英語)
  161. ^ a b 持続可能エネルギーを促進するハイレベル・グループ 国連(英語)
  162. ^ AUB 国際諮問委員会 アメリカン・ユニバーシティ・オブ・ベイルート(英語)
  163. ^ カルロス・ゴーン - 会長兼最高経営責任者(CEO)Officer”. Renault. 2015年10月6日閲覧。
  164. ^ 徳大寺有恒「間違いだらけの車選び」より
  165. ^ The Fall of the House of Ghosn”. Wall Street Journal (2018年12月16日). 2018年12月17日閲覧。
  166. ^ リタ・ゴーン著『ゴーン家の家訓』(集英社、2006年)ISBN 978-4087813456
  167. ^ リタ・ゴーン(コトバンク)
  168. ^ Carlos Ghosn - Age, Wife, Networth, Kids, Family, Biography & More (Dreshare)
  169. ^ Carole and Carlos Ghosn Threw a Wedding Fit For a King and Queen (Town & Country Magazine, 2016)
  170. ^ Ghosn Got Six Houses From Nissan, Including in Tokyo and New York (Business, Bloomberg, Nov. 2018)

参考文献

  • 「カルロス・ゴーン 経営を語る」日本経済新聞社。
  • 「カルロス・ゴーンの『答えは会社のなかにある』」あさ出版。
  • 「ルネッサンス ― 再生への挑戦」ダイヤモンド社。
  • 遠藤徹「ゴーン神話はこうして作られた」ぱる出版。
  • 長谷川洋三「カルロス・ゴーンが語る5つの革命」講談社。
  • カルロス・ゴーン「ゴーン・テキストービジネスの教科書」文藝春秋。

関連項目

外部リンク

先代:
(新設)
日産自動車COO
初代:1999年 - 2001年
次代:
志賀俊之
先代:
塙義一
日産自動車CEO
第2代:2001年 - 2017年
次代:
西川廣人
先代:
塙義一
日産自動車会長
第6代:2003年 - 2018年
次代:
(空席)
先代:
益子修
三菱自動車工業会長
2016年 - 2018年
次代:
益子修