武漢肺炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武漢肺炎(ぶかんはいえん、繁体字: 武漢肺炎; 簡体字: 武汉肺炎; 拼音: Wǔhàn fèiyán : Wuhan pneumonia)、武漢ウイルス(ぶかんウイルス、繁体字: 武漢病毒; 簡体字: 武汉病毒; 拼音: Wǔhàn bìngdú : Wuhan virus)とは、2019年新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の呼称の一つで、中華人民共和国湖北省武漢市で初めて検出されたことにちなむ名称である。

世界保健機関(WHO)は2015年に、新たに発見された病気名に地域名を用いないガイドラインを定めており[1]、WHOや中華人民共和国政府はこの呼称に反対している[2]。しかしながら、同政府と対立しWHOから排除されている中華民国台湾)や[3]2019年逃亡犯条例問題や翌年の国家安全法問題などで中央政府への反感が強まっている香港などでは「武漢肺炎」やそれを省略した「武肺」の呼称が一般に用いられている[4][5]

中国における状況[編集]

感染初期の時点では中国国内のメディアでも「武漢肺炎」の呼称が使用[6]されており、特段の問題視はされていなかった[7]

日本における状況[編集]

日本においても中国共産党に批判的な保守派右派などを中心に、中国政府の責任を問う目的などから「武漢」や「中国」を含んだ名称が用いられることがある。

2020年令和2年)2月14日自由民主党所属で同党の右派系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」の代表幹事である青山繁晴参議院議員は「WHOが決めた『COVID-19』は覚えにくいし、病気の本質が理解しづらい。『武漢熱』と呼ぶべきだ」と述べた[8]ほか、同年3月3日には同じく自民党所属の参議院議員である山田宏が、答弁において「武漢肺炎」という表現を使用している[9]。また3月10日には麻生太郎副総理も「武漢ウイルスなるもの」といった発言をしている[10]。民間でも、東京都内の喫茶店で「武漢風邪で暫くお休みします」という張り紙が貼られた例がある[11]

しかしながら、日本国内ではWHOの見解を引用する形で、「武漢肺炎」・「武漢ウイルス」といった呼称を「差別的」とする意見も左派リベラル派を中心に根強いため[11][12][13]、台湾や香港と違ってマスメディア等で使用されることは少ない。東京都も、2020年(令和2年)6月に実施されたデモにおいて発言されたとされる「武漢菌をまき散らす支那人、出ていけ」などの3つの言動が「不当な差別的言動」であると同年10月13日に認定した[14][15]

一方、中国以外の各地で発生した変異株については当初「イギリス株」「南アフリカ株」「インド株」などと国名を冠して呼ばれたが、2021年5月31日にWHOではギリシア文字を使用する新たな命名法を採用している。しかしながら、日本のマスメディアにおいてはその後も「インド型」などの表記が見られる[16][17]など、徹底していない。

また、保守論客による著書で「武漢肺炎」の見出しが使われることがあるものの、新聞広告などでは当該部分を伏せ字で隠す処置を施して掲載する新聞社もある[18]

アメリカ合衆国における状況[編集]

アメリカ合衆国ドナルド・トランプ大統領は、COVID-19の流行以降中国政府に敵対的姿勢を採っており、同ウイルスをたびたび「中国ウイルス: Chinese virus / China virus)」や「カンフルー: Kung-Flu)」と呼称している[19][20][21][22]アメリカ疾病予防管理センター長のロバート・レッドフィールド英語版は、このウイルスの感染被害は中国に限られていないため「中国」の名前を冠するのは不適切だと指摘した[23][24]アジア系アメリカ人などがこの名称に起因する差別を受けたと主張しており[25][26]、2020年9月17日には野党民主党が多数を占める同国下院において、「中国ウイルス」・「武漢ウイルス」といった呼称はアジア系に対する差別的な呼称であるとの決議案を賛成多数で採択した[27][28]。しかし、トランプは在任中「中国ウイルス」の呼称を使用し続け、退任時の演説でも使用した[29]

2021年よりトランプに代わって大統領となったジョー・バイデンは、「中国ウイルス」「武漢ウイルス」といった名称を禁止する大統領令に署名した[30]

その他の類似した呼称[編集]

イタリアの中国問題専門家マルコ・レスピンティは、「中共ウイルス: CCP virus: 中共病毒)」という呼称を提案し、法輪功系の大紀元時報など、「反中国共産党」を掲げる一部メディアで使用されている[31]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新型ウイルスの正式名称は? WHO、汚名を着せないよう慎重に検討 AFPBB News 2020年2月9日付 2020年(令和2年)10月2日閲覧
  2. ^ 台湾での新型コロナウイルス呼称に物議「武漢肺炎」中国が反発も - ライブドアニュース - 2020年(令和2年)7月17日閲覧
  3. ^ COVID-19(武漢肺炎)防疫訊息專區” (中国語). COVID-19(武漢肺炎)防疫訊息專區. 2021年1月23日閲覧。
  4. ^ 香港武漢肺炎民間資訊(繁体字)
  5. ^ 台湾衛生福利部疾病管制署(繁体字) 熱門關鍵字(検索ホットワード):武漢肺炎,口罩,流感,登革熱. 2021年5月5日閲覧。
  6. ^ 散布武汉肺炎不实消息 8人被警方依法查处
  7. ^ 武汉肺炎累计198例:多地现病情(2020年01月20日 16:46)(中国語) 百度トレンド一位「韩国出现一武汉肺炎确诊病例」
  8. ^ 自民保守系議員「中国に5千円渡さない」「武漢熱と呼ぶべき」と新型コロナめぐり独自の主張 - FNN 2020年(令和2年)2月14日 18時30分
  9. ^ 第201回国会 参議院 予算委員会 第5号 令和2年3月3日
  10. ^ 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第3号 令和2年3月10日
  11. ^ a b 「ポストコロナ」をすさんだ「差別」の時代にしないために | 時事オピニオン | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス - 安田浩一 2020年(令和2年)6月11日付、2020年(令和2年)7月17日閲覧
  12. ^ 感染症に地域名をつけることのリスクーー新型コロナウィルスをめぐる「命名政治」について|荻上チキ|note - 2020年(令和2年)3月9日付 2020年(令和2年)7月18日閲覧
  13. ^ 麻生氏 “また”差別助長発言/新型コロナを「武漢ウイルス」/WHO方針は“地名を用いず” - しんぶん赤旗 2020年(令和2年)3月12日付、2020年(令和2年)7月18日閲覧
  14. ^ 人権尊重理念実現を目指す条例 表現活動概要等を公表|東京都”. www.metro.tokyo.lg.jp. 2021年1月23日閲覧。
  15. ^ 中国人に「武漢菌」ヘイト認定 東京都、デモ発言公表 - 共同通信 2020年(令和2年)10月13日 2020年(令和2年)10月29日閲覧
  16. ^ インド型(デルタ株)関東はすでに3割超か 今月末には7割超に”. NHK (2021年7月10日). 2021年8月3日閲覧。
  17. ^ インド型感染拡大、厚労相「フェーズが変わってきている」「感染まだ伸びる可能性」”. 読売新聞 (2021年8月2日). 2021年8月3日閲覧。
  18. ^ 産経新聞出版 【「武漢肺炎」また「●●肺炎」に】
  19. ^ realDonaldTrumpのツイート(1240234698053431305)
  20. ^ realDonaldTrumpのツイート(1265013797334507521)
  21. ^ realDonaldTrumpのツイート(1279906540791779334)
  22. ^ 美國官員當面喊「功夫流感」 華裔女記者好生氣 | 國際” (中国語). 新頭殼 Newtalk (2020年3月19日). 2020年4月7日閲覧。
  23. ^ CDC chief says it's wrong to call COVID-19 a 'Chinese virus' THE HILL 2020年3月10日配信 2021年8月1日閲覧。
  24. ^ CDC director rejects label ‘Chinese virus’ after Trump, McCarthy tweets The Washington Post 2020年3月10日配信 2021年8月1日閲覧。
  25. ^ 新型コロナを「中国ウイルス」と呼ばないで。増幅するヘイトに彼女たちが思うこと BuzzFeed News 2020年7月9日公開 2021年8月1日閲覧。
  26. ^ Marietta Vazquez (2020年3月12日). “Calling COVID-19 the “Wuhan Virus” or “China Virus” is inaccurate and xenophobic”. 2020年8月21日閲覧。
  27. ^ 「中国ウイルス」呼称非難 新型コロナでアジア系差別反対決議―米下院 - 2020年(令和2年)9月18日付時事通信 2020年(令和2年)9月18日閲覧
  28. ^ H.Res.908 - Condemning all forms of anti-Asian sentiment as related to COVID-19.” (2020年9月17日). 2020年10月11日閲覧。
  29. ^ Remarks by President Trump In Farewell Address to the Nation | The White House”. Trump White House Archives - National Archives (2021年1月20日). 2021年5月21日閲覧。
  30. ^ バイデン大統領「中国ウイルス」呼称禁止 | "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス] 古森義久 2021年2月1日 2021年5月23日閲覧。
  31. ^ 「中国ウイルスではなく中共ウイルス」イタリア人専門家が呼び掛け - 2020年4月3日大紀元時報、2020年(令和2年)7月17日閲覧

関連項目[編集]