武漢ウイルス研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国国務院 > 中国科学院 > 武漢ウイルス研究所
中国科学院武漢ウイルス研究所
(中国科学院武漢病毒研究所)
Wuhan Institute of Virology main entrance.jpg
中国科学院武漢病毒研究所(2016年)
正式名称 中国科学院武汉病毒研究所
(中国科学院生物安全大科学研究中心)
日本語名称 中国科学院武漢ウイルス研究所
(中国科学院武漢病毒研究所)
英語名称 Wuhan Institute of Virology
(Chinese Academy of Sciences)
略称 WIV
組織形態 感染症研究所
所在地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖北省武漢市武昌区小洪山中区44号
北緯30度22分28.0秒 東経114度15分58.4秒 / 北緯30.374444度 東経114.266222度 / 30.374444; 114.266222座標: 北緯30度22分28.0秒 東経114度15分58.4秒 / 北緯30.374444度 東経114.266222度 / 30.374444; 114.266222
所長 王延軼英語版
活動領域 感染症ウイルス学
設立年月日 1956年 (1958年)
前身 武漢微生物学研究室
中国南方研究所
武漢微生物学研究所
湖北省微生物学研究所
設立者 高尚蔭中国語版,
(陳華癸中国語版)
上位組織 中国科学院
所管 中国科学院
保有施設 武漢国家生物安全実験室
公式サイト www.whiov.cas.cn
テンプレートを表示

中国科学院武漢ウイルス研究所(ちゅうごくかがくいんぶかんウイルスけんきゅうじょ、: 中国科学院武汉病毒研究所, : Wuhan Institute of Virology; WIV)は、中華人民共和国(中国)湖北省武漢にある、ウイルス学研究所である[1]1956年設立。中華人民共和国国家重点実験室に指定されている。名称については中国科学院武漢病毒研究所(ちゅうごくかがくいんぶかんびょうどくけんきゅうじょ)とも表記される[2][3]

2016年12月現在、研究所には合計266人の研究員がおり、内訳は科学研究職189名、大学院生253名(博士課程124名と修士課程129名)などが在籍する[4]

所長は王延軼中国語版委員会書記肖庚富中国語版

沿革[編集]

1956年、「中国科学院武漢微生物研究室」として設立。

同年6月5日中国科学院武漢大学華中農業大学と協力して武漢微生物学研究所を設立することを決定。

研究室の設立は、武漢大学学部長で微生物学の主任教員を務めていた高尚蔭中国語版を筆頭として行われた。 研究室は、各分野の研究のために次の4つのグループに分かれていた[5]

研究分野 研究内容 指導者
ウイルス学 動物および植物ウイルス細菌ウイルス 武漢大学学部長兼微生物教育研究主任 高尚蔭中国語版
土壤微生物学 土壌微生物の生命活動と植物および土壌との関係 華中農学院土壤農学研究主任 陳華癸中国語版
植物病理学 微生物を利用した植物病の抑制 華中農学院植物保護研究主任 楊新美中国語版
微生物変異学遺伝学および育種学 細菌(放線菌を含む)およびそれらのファージ変異、遺伝学および選択 武漢大学微生物教育研究副主任 趙保国中国語版

1961年11月、「中国科学院中南微生物研究所」[6]、さらに1962年10月には「武漢微生物研究所」に改名され、1966年中国科学院の地方分院が廃止されるとともに湖北省科学技術委員会の所管となり、「湖北微生物研究所」となった。1978年科技大会中国語版の前に中国科学院の管轄に戻され、「中国科学院武漢病毒所」として改編された[7]

2003年、中国科学院は武漢ウイルス研究所に中国本土初[注釈 1]となるバイオセーフティレベル4(BSL-4)の実験施設を設置することを承認した。2014年末、フランス政府のCIRI研究所(英語版)と共同で、3億元(4,400万米ドル)をかけてWIVの国立バイオセーフティ研究所の建設が完了した[8][9]。新しい実験棟には、3000m2のBSL-4スペースがあり、さらに20のBSL-2と2つのBSL-3実験室が存在する[10]。BSL-4施設は、2017年1月に中国合格評定国家認可委員会実験室認可証書(CNAS)の認証を受け、2018年1月にBSL-4レベルの研究施設「中国科学院武漢国家生物安全実験室」を開所した(後述[8][11]。バイオセーフティーレベル4(BSL-4)の研究所では、SARSH5N1型インフルエンザ日本脳炎デング熱などの危険度の高いウイルスや、炭疽菌の研究を可能とする最高レベルの設備が必要となる[12]

そうして設置された中国科学院武漢国家生物安全実験室は、テキサス大学医学部付属ガルベストン研究所(英語版)[13]、また、カナダ政府からも資金援助を得ていた科学者キュウ・シャンガオ(Xiangguo Qiu)とその夫ケディング・チェン(Keding Cheng)が、2019年7月になんらかの非公開の理由でカナダから護送されるまでは、カナダ国立カナダ微生物学研究所(英語版)とも関係があり[14]、また武漢ウイルス研究所の研究者は、コロナウイルスに関する機能獲得研究においてアメリカの研究者とともに協力している[15]

研究所を建設する際には、多くの安全対策が考慮された。氾濫原から離れた場所に建設され、また、この地域は地震の経験がないにもかかわらず、マグニチュード7の地震にも耐えられるように作られている。研究員の多くは、フランスのリヨンにあるBSL-4研究所にて研修を受けている[8]。また、オーストラリア、カナダ、アメリカにおいても講習を受けた後、研究所の正式な開所前に所内で改めて研修を受けている[10]分子生物学者リチャード・H・エブライトをはじめとするアメリカの科学者は、同研究所を「ウイルス学と免疫学で世界レベルの研究を行っている世界的な研究機関」として、コウモリ由来のコロナウイルスの研究で世界をリードしていることを評価した一方で、2004年4月頃に中国・北京のウイルス研究所でSARSコロナウイルス流出事故バイオハザードアウトブレイク)が発生していることから、中国のBSL-4研究所の拡大計画の進捗と規模に懸念を示している[13]

施設[編集]

以下の研究センターを傘下に持つ[16]

  • 新興感染症研究センター
  • 中国ウイルス資源・バイオインフォマティクスセンター
  • 応用・環境微生物学センター
  • 分析生物化学・バイオテクノロジー部門
  • 分子ウイルス学研究室

付属施設[編集]

中国科学院武漢国家生物安全実験室(ちゅうごくかがくいんぶかんこっかせいぶつあんぜんけんじっけんしつ、中国科学院武汉国家生物安全实验室National Biosafety Laboratory (NBL), Wuhan[17])は、武漢P4ラボまたは地元では単にP4ラボとも呼ばれる、中国科学院武漢市政府の共同事業によって建設されたP4(バイオセーフティレベル4:BSL-4)研究施設である[18][19][20]2015年1月31日完成[21]2018年1月5日に正式な供用が開始された。

新型コロナウイルスの感染拡大が顕在化する以前は、対外的にも実験施設についてアピールしており、フランスとの提携もあり[22]2017年2月23日には当時のフランス首相、ベルナール・カズヌーブが視察を行っているほか[23]アメリカ国立衛生研究所からの経済援助を受けた米大学との共同研究も行われていた[22]

SARSが流行していた最中の2003年7月24日、当時の武漢市長である李憲生(中国語版)と中国科学院副院長の陳竺(中国語版)がBSL-4の研究施設の建設で合意し、「バイオセーフティーレベル4(P4)ラボラトリーの共同建設に関する協定」に署名、調印した。当初は2006年に供用を開始する予定であった[24]。中国で初のBSL-4研究施設であり、アジアでも3番目のBSL-4研究機関となった。

2004年10月に中国を訪問したジャック・シラク大統領は、フランスが中国のP4レベルのウイルス研究施設の建設を支援する協力協定に署名したが、フランスの専門家は、中国がフランスから提供された技術を生物兵器の開発に転用することを懸念し、またフランスの諜報機関対外治安総局も警鐘を鳴らしたという[25][26]

2008年、中国は日本のJIS、日本工業規格にあたる中華人民共和国国家標準(GB)の「実験室のバイオセーフティーに関する一般要求事項」(中国語簡体字: 实验室生物安全通用要求)を見直し、それまでのGB 19489-2004に代わって新たにGB 19489-2008を制定、規格を改正した。

様々な要因により、研究施設の完成は2015年1月31日まで延期され[27][28][29]、2017年2月23日、フランスのベルナール・カズヌーヴ首相がテープカットとスピーチを行った[30]。2018年1月5日、中国科学院武漢国家生物安全実験室は、国家衛生福祉委員会による現地審査に合格し、微生物学に基づき、エボラ出血熱をはじめとする自然由来のウイルスやその他の新興ウイルスの高病原性病原体の研究、実験が法的に可能となり、中国初のP4研究施設として正式に供用を開始した[20]。設立当初はフランスと中国の共同研究施設とされた、フランスの首相がテープカットを行うなどしたが、フランスで研修を受けた50人近い研究者はこの研究施設に所属することなく、その後中国の別の研究施設に異動したことが判明している[31]

研究機器[編集]

歴代所長[編集]

姓名 任期 備考
1 高尚蔭中国語版 1956年6月-1984年3月
2 丁達明中国語版 1985年9月-1987年9月
3 何添福中国語版 1994年4月-2000年10月
4 胡志紅中国語版 2000年10月-2008年8月
5 陳新文中国語版 2008年8月-2018年10月
6 王延軼中国語版 2018年10月-

歴代党委員会書記[編集]

姓名 任期 備考
1 許 力 1958年3月-1959年2月
2 劉 然 1961年3月-1979年12月
3 曹 健 1980年1月-1984年7月
4 湯吉梅 1987年9月-1992年4月
5 何添福 1992年4月-1996年6月
6 李興革 1996年6月-2004年8月
7 袁志明 2004年8月-2013年8月
8 肖庚富 2018年12月-

コロナウイルス研究[編集]

SARS関連コロナウイルス[編集]

2005年、武漢ウイルス研究所の研究者らは、中国に生息するヒメキクガシラコウモリ英語中国語版SARSコロナウイルスに類似したウイルスを広く媒介していることを発見した[32]。研究か研究が続けられ、研究者たちは、中国各地で数千匹ものコウモリを採取し、300以上のコウモリ由来のコロナウイルスを抽出、分離させ、ゲノム配列を分析した[33]

2015年、武漢ウイルス研究所の研究者2名を含む国際チームが、コウモリ由来のコロナウイルスであるSHC014-CoV(英語版)ヒト由来の培養細胞(細胞株)であるHeLa細胞に感染させる実験に成功した。研究チームは、コウモリコロナウイルスと、マウスで増殖してヒトの病気を模倣するように調整されたSARSウイルスを組み合わせて、いわゆるハイブリッドウイルス、キメラウイルスといわれる新たなウイルス(英語版)を作成した。このハイブリッドウイルスは、ヒトの細胞に感染させることができた。[15][34]

2017年、同研究所のチームは、雲南省の洞窟でコウモリから発見されたコロナウイルスにSARSウイルスの遺伝子が含まれていたと発表し、ヒトのウイルスの直接の祖先はこの洞窟で発生したという仮説を立てた。5年かけて洞窟内のコウモリを採取した研究チームは、洞窟からわずか1km先に集落が存在することを指摘し、「人に伝播してSARSに似た病気が新たに発現する危険性がある」と警告している[33][35]

2018年には、同研究所のチームによって発表された別の論文において、このコウモリが見つかった洞窟の周辺、雲南省晋寧区西陽郷夕阳乡付近に居住する村人を対象に採取したサンプルに対して行われた免疫学血清学的調査の結果が報告された。それによると、村人218名のサンプルの内、6名の血液中にコウモリ由来のコロナウイルスの抗体が検出され、コウモリから人への感染の可能性があることが判明した[36]

COVID-19のパンデミック以前、およびパンデミック中、武漢ウイルス研究所におけるコロナウイルスの研究はBSL-2およびBSL-3の実験室で行われている[37]

COVID-19 パンデミック[編集]

2019年12月、武漢で未知のコロナウイルスに関連する肺炎の症例が保健当局に報告された。同研究所が保有するコロナウイルスの検体を確認したところ、この新種のウイルスは、同研究所の研究者が中国南西部のコウモリから発見したウイルスであるRaTG13と96%の遺伝的類似性があることが判明した[38][39]

ウイルスが世界中に広がる中、同研究所においても調査を続けられた。2020年2月、同研究所の石正麗が率いるチームが、SARSコロナウイルス2(2019-nCoV)の遺伝子配列を世界で初めて特定、解析、命名し、世界中の科学者と共有する学術データベースにアップロード[40][41][42]、有名なイギリスの学術誌である『Nature』に論文を発表した[43]。2020年2月19日、同研究所は、ウイルスの全ゲノムの入手に成功した経緯を記した文書をウェブサイト上で公開した[44][45]。2020年2月、知的財産権に関する懸念が生じたため、同研究所は、ギリアド・サイエンシズ社が所有する実験薬、レムデシビルを使用するための特許を中国で申請した[46]。同研究所は、試験管内(in vitro)でウイルスを阻害することを発見した。WIVは、「関連する外国企業が中国の伝染病の予防と制御に貢献するつもりであれば、新たな中国の特許権を行使しない」と述べている[47]

2020年4月、ドナルド・トランプ政権はコロナウイルスがコウモリから人間に広がる仕組みを研究するためのアメリカ国立衛生研究所(NIH)の助成金を打ち切った[48][49]

コロナウイルス流出疑惑[編集]

研究所は、ウイルスの起源に関する陰謀論や根拠のない憶測の中心となってきた[50][51][52][53]。これらにより、オーストラリア、アメリカなど諸外国と中国との間の政治的緊張の原因となっている[54][55]。研究所内の施設に保管されていたウイルスが操作されたり、誤って外部に持ち出されたりしたことによって新型コロナウイルスの初期の流行が引き起こされ、そのことを複数の研究者らが共謀して隠蔽を図ったのではないかという疑惑が持たれている[56]。石正麗は、WIVとCOVID-19の出現との間に関連性があることを否定した[57]。2021年2月、武漢での調査を終えたWHOの専門家チームは、COVID-19の実験室からの漏洩については「極めて低い」とし、起源や早期感染の可能性について専門家がそれ以前から予想していたことを裏付ける結果となった[58][59]。この報告を受けて、ジョー・バイデン米大統領やボリス・ジョンソン英首相などの政治家や、テドロス・アダノム・ゲブレイエススWHO事務局長は、COVID-19の起源についてさらなる調査を中国に対して要求している一方[60][61][62][63][64][65][66][67]、「偶発的な漏出の可能性はあるが、その可能性は低い」とする一定の科学的見解も示されている[68]

2015年にアメリカ国立衛生研究所は研究の委託として370万ドルの資金援助を行うなど同研究所はコロナウイルスを積極的に研究している[69][70]

2017年頃から、施設管理の面からウイルス漏洩の可能性が指摘されており、現在、武漢華南海鮮卸売市場とともに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の発生源であるとの疑惑が上がっている[71]

アメリカ合衆国FOXニュースや『ワシントン・ポスト』では2018年にアメリカの外交官が同研究所を視察した際に「危険性」があると、研究所の安全面の不備についてアメリカ国務省公電にて伝達していたとする報道があり[72][73]、これについて米政府も調査中である[74][75][76]

ドナルド・トランプ米大統領は、ウイルス漏洩について「証拠を見たことがある」として武漢ウイルス研究所からのウイルス流出を主張[77][78]国務長官マイク・ポンペオも、「かなりの量の証拠がある」としたが[79][80]、のちに「確信はない」と付け加えた[81]

これに対し、武漢ウイルス研究所の幹部は「ありえない」話だとして全否定[82][83][84]中華人民共和国外交部も同研究所からウイルスが流出したとの説を否定した[85]

さらに、世界保健機関(WHO)もウイルスは動物由来で、人工のものではないとしたうえで、「研究所から流出した可能性はないとみている」とした[86]。アメリカのインテリジェンス・コミュニティーを統括する国家情報長官室(ODNI)もウイルスは人工のものではないと発表し[87]UKUSA協定に基づき英語圏5カ国の諜報当局が運営するファイブアイズも「研究所から流出した可能性は極めて低いとみている」と報じられた[88]

2020年5月18日テレビ会議形式で開かれたWHOの総会では、中国での新型コロナウイルスの発生源について国際的な独立調査を行うことで同意した[89][90][91]

2021年2月3日、新型コロナウイルスの起源を調査する世界保健機関専門家チームが訪問、調査を開始した[92]2月9日には、同研究所からのウイルス漏洩の可能性は低いとの見解を発表している[93][94]

2021年3月30日、このWHO調査団が実施した実地調査報告書について、アメリカ合衆国日本イギリスオーストラリアカナダ韓国チェコデンマークエストニアイスラエルラトビアリトアニアノルウェースロベニアは「完全な元データや検体に実際に接していない」として、「共通の懸念」を示す共同声明を発表した[95][96]。声明では、中国が専門家に対して完全なアクセスを提供することを要請し、「こうした調査は、独立した客観的な提言と事実解明ができるような作業環境で実施されるべきだ」「国際専門家による調査の実施が大幅に遅れ、完全なオリジナルのデータおよび検体へのアクセスが欠如していた」「独立した専門家にとって、今回のパンデミックがいかにして発生したのかを判断するためには、関連する全てのヒト動物環境のデータ、研究、発生初期段階に関わった当事者に完全にアクセスできることが極めて重要である」と中国政府の対応を批判した[95][96]ジェン・サキアメリカ合衆国国務省報道官も「中国は透明性のある対応を取らなかったし、基本的なデータも提供しなかった。協力と言えるようなことはしていない」と断じ、「独立した国際的な専門家」による第2次調査が必要だと指摘し、第2次調査では「自由なデータへのアクセスと、当時現場にいた人々に対する聴取ができるようにすべきだ」と批判した[96]。WHOのテドロス事務局長もWHO調査団が実施した実地調査では、手が加えられていないデータの入手が困難だったと批判した[95]。また、『読売新聞社説は「報告書の共同執筆という形で中国の介入を許したことで、調査や分析の信頼性が損なわれたのは明らかである」「調査や報告書の作成は、当初から中国政府の強い影響を受けており、中国の主張に沿う結論が導き出されるのは予想されていた」「報告書は、WHOと中国の各17人の専門家が共同執筆したという。なぜ、WHOの独立した調査にできなかったのか。現地調査や報告書の公表は予定より大幅にずれ込んだ。中国に注文を付けられ、調整が難航したためだろう」「調査に参加した専門家は、中国は『感染拡大初期の患者の生データ提供を拒否した』と証言している」と批判した[97]

同年にドナルド・トランプから政権を引き継いだジョー・バイデン大統領は、5月末に情報機関へ改めて再調査を指示[98]、90日以内に報告するよう求めた[98]。一度は可能性は低いとしていた英国情報機関もこの問題を再検証し、現在では「可能性がある」とみていると報じられた[99]。これを受け、6月に米紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』(WSJ)が武漢ウイルス研究所からの流出の可能性について報じると[100][101][102][103][104]、一度は陰謀論とされたこの説も再燃することとなった。報道では、米ローレンス・リバモア国立研究所が新型コロナウイルスのゲノム解析を基に作成した報告書では、武漢ウイルス研究所からウイルスが流出し、パンデミックに至ったという仮説は妥当であると結論付けられ[100][101][102][103]、また、トランプ政権時代に作成された米情報機関の報告書では2019年11月に同研究所の研究員3名に新型コロナウイルス感染症ともインフルエンザともとれる症状が発現したと記載されたとしている[101][103]。同月にイギリスで開かれたG7コーンウォール・サミットでは対中議題の一つとして研究所流出説が取り上げられ[105][106][107]、WHOによる再調査を求めた[105][106][107]。3月の調査後に「極めて可能性は低い」としていたWHOのテドロス事務局長も同会議に出席し、「第2段階の調査」を示唆した[105]

これらの報道に対して、中国外交部の趙立堅副報道局長は6月17日、米国側が言い立てているとして「デマ」だと反発した。また、武漢の研究者らの新型コロナ研究は「ノーベル医学生理学賞に値する」とも主張した[108]

2021年7月16日には、WHOが再び中国における第2段階の調査と武漢ウイルス研究所の「監査」を提案している[109][110][111]。しかし、中国国家衛生健康委員会は「科学的でない」などとこれに反発[112][113]、8月12日にはWHOが声明で「政治的意図を持たない」ことを中国など各国に向けて呼びかけた[114][115]。これに対し、翌日13日には中国の馬朝旭外務次官が「『政治的調査』ではなく『科学的調査』を求める」として再調査への拒否感を示している[116]

中国共産党系ニュースサイトである『中国網』や 同じく中国共産党の機関紙『人民日報』系の『人民網』、また中国の国際ラジオ放送である中国国際放送では、アメリカ軍の研究所であるフォート・デトリックからの流出説を唱え[117][118][119][120]、武漢ウイルス研究所からの流出説に反発、在大阪中華人民共和国総領事館のTwitter公式アカウント(中華人民共和国駐大阪総領事館)までもがそれを公然と主張する投稿を行っている[121][122][123]

8月末には、5月のバイデン大統領の指示に基づき、調査を行ったアメリカの情報機関による調査結果が、合衆国国家情報長官が統括し、中央情報局(CIA)や国家安全保障局(NSA)や海軍情報局(ONI)など18機関からなるアメリカのインテリジェンス・コミュニティーから23日に大統領に報告され[124][125]、27日に報告書の要綱が公表された[126]。人為的にウイルスが開発された可能性は低いとしたものの、ウイルスの発生源については各機関ごとで意見が割れており、依然としてはっきりとした「結論」が出ないままとなっている[127][128][126][129]。インテリジェンス・コミュニティーの内、1つが研究所流出説を支持、またインテリジェンス・コミュニティーの4機関と国家情報会議(NIC)が動物媒介説を支持したとされる[126][130]。また、報告書では中国政府が国際調査や情報公開に対して取っている極めて後ろ向きな姿勢を指摘し、バイデン大統領も中国政府による「隠蔽」や「透明性の低さ」[131][126]、「非協力的」な姿勢を批判[130]、再び中国が反発を繰り返す事態となっている[128][129][132][133]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年1月の時点で、中華民國(台湾)には2つのBSL-4 研究施設が存在していた[8]。2003年には国防大学研究者がSARSウイルスに感染する事故が発生している。

出典[編集]

  1. ^ 国立感染症研究所と中華人民共和国中国科学院武漢ウイルス研究所(WIV of CAS, China)との感染症協力に関する覚書の締結について, 国立感染症研究所, (2010年02月18日), https://www.niid.go.jp/niid/images/inter/inter1/wivbukan.pdf 2020年2月18日閲覧。 
  2. ^ “新型コロナ、武漢研究所起源説の裏に米中対立のとばっちり”. 日経BP. (2020年6月26日). https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/082300012/062500095/ 2021年9月11日閲覧。 
  3. ^ CiNii 論文 -  中国科学院武漢病毒研究所”. 国立情報学研究所. 2021年9月11日閲覧。
  4. ^ 机构简介”. 中国科学院武汉病毒研究所. 2020年1月31日閲覧。
  5. ^ 科学院决定在武汉成立微生物研究室”. 人民日報. 新華社: p. 第3版. (1956年6月7日) 
  6. ^ 武汉地方志编纂委员会, ed (1993年2月). 《武汉市志:科学志》. 武汉大学出版社. p. 第564页 
  7. ^ a b 中国科学院武汉病毒研究所”. 中国科学院武汉文献情报中心. 2018年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月31日閲覧。
  8. ^ a b c d Cyranoski, David (23 February 2017). “Inside the Chinese lab poised to study world's most dangerous pathogens”. Nature 542 (7642): 399–400. Bibcode2017Natur.542..399C. doi:10.1038/nature.2017.21487. PMID 28230144. 
  9. ^ China Inaugurates the First Biocontainment Level 4 Laboratory in Wuhan”. Wuhan Institute of Virology, Chinese Academy of Sciences (2015年2月3日). 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月9日閲覧。
  10. ^ a b Report of the WHO Consultative Meeting on High/Maximum Containment (Biosafety Level 4) Laboratories Networking, Lyon, France, 13–15 December 2017 Archived 8 February 2021 at the Wayback Machine.. Geneva: World Health Organization; 2018 (WHO/WHE/CPI/2018.40).
  11. ^ “China's first bio-safety level 4 lab put into operation”. xinhuanet. (2018年1月4日). オリジナルの2020年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201210014041/http://www.xinhuanet.com/english/2018-01/04/c_136872077.htm 2020年11月12日閲覧。 
  12. ^ Dany Shoham (2015) China's Biological Warfare Programme: An Integrative Study with Special Reference to Biological Weapons Capabilities, Journal of Defence Studies, Vol. 9, No. 2 April–June 2015, pp. 131–156 China’s Biological Warfare Programme. An Integrative Study with Special Reference to Biological Weapons Capabilities Archived 10 February 2021 at the Wayback Machine.
  13. ^ a b Taylor, Adam (2020年1月29日). “Experts debunk fringe theory linking China's coronavirus to weapons research”. Washington Post. オリジナルの2020年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20200131185716/https://www.washingtonpost.com/world/2020/01/29/experts-debunk-fringe-theory-linking-chinas-coronavirus-weapons-research/ 2020年2月3日閲覧。 
  14. ^ Pauls, Karen (2019年7月15日). “University severs ties with two researchers who were escorted out of National Microbiology Lab”. CBC News. 2020年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月19日閲覧。
  15. ^ a b Vineet D. Menachery; Boyd L Yount; Kari Debbink et al. (2015年11月9日), “A SARS-like cluster of circulating bat coronaviruses shows potential for human emergence.” (英語), ネイチャー メディシン 21 (12): 1508-1513, doi:10.1038/NM.3985, ISSN 1078-8956, PMC 4797993, PMID 26552008, http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4797993 , Wikidata Q36702376
  16. ^ Administration”. Wuhan Institute of Virology, CAS. 2019年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  17. ^ 中国国立武漢生物安全研究所。
  18. ^ About us - title -”. nbl.whiov.ac.cn. 2020年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月29日閲覧。
  19. ^ Chinese Academy of Sciences”. lssf.cas.cn. 2020年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月29日閲覧。
  20. ^ a b 武汉P4实验室正式运行”. 中国科学院. 2018年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月13日閲覧。
  21. ^ “中国初のBSL4実験室完成” (プレスリリース), 中華人民共和国駐日本国大使館, (2015年2月5日), http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zgyw/t1234549.htm 2021年9月13日閲覧。 
  22. ^ a b “コロナの起源探るはずが…政治で遠のいた、理想も真相も”. 朝日新聞. (2021年8月29日). https://www.asahi.com/articles/ASP8X7FTDP8XUHBI00S.html 2021年8月29日閲覧。 
  23. ^ 【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑”. AFP (2020年4月18日). 2020年4月17日閲覧。
  24. ^ 我国内地首个生物安全最高等级实验室落户武汉”. 2003年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月13日閲覧。
  25. ^ 法媒爆中法武漢病毒實驗室P4合作項目為何引發爭議”. 法國國際廣播電台 (2020年1月25日). 2021年9月13日閲覧。
  26. ^ “中法聯合新聞公報”. 中华人民共和国国务院公报 (第34号). (2004年). オリジナルの2020年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200127175740/http://www.gov.cn/gongbao/content/2004/content_63019.htm 2020年1月27日閲覧。 
  27. ^ 病毒学研究“航母”:中科院武汉P4实验室竣工--科技--人民网”. 2015年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月13日閲覧。
  28. ^ 中国国情读本 (2016版 ed.). 北京: 中华人民共和国年鉴社. (2016年2月). p. 302. ISBN 978-7-5166-2352-7 
  29. ^ 张申、胥振国、高江原主 编著 (2017年1月). 分子生物学检验 (新版 ed.). 武汉: 华中科技大学电子音像出版社. pp. 7-8. ISBN 978-7-5680-2289-7 
  30. ^ 法国总理卡泽纳夫访问中科院武汉病毒所P4实验室”. 中国科学院. 2020年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  31. ^ 法媒:武漢P4實驗室初由中法共建 後被中國據為己有”. 2020年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月25日閲覧。
  32. ^ Li, Wendong; Shi, Zhengli; Yu, Meng; Ren, Wuze; Smith, Craig; Epstein, Jonathan H; Wang, Hanzhong; Crameri, Gary et al. (28 Oct 2005). “Bats Are Natural Reservoirs of SARS-Like Coronaviruses”. Science 310 (5748): 676–679. Bibcode2005Sci...310..676L. doi:10.1126/science.1118391. PMID 16195424. オリジナルの11 November 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201111110805/https://zenodo.org/record/3949088 2020年7月23日閲覧。. 
  33. ^ a b Cyranoski, David (1 December 2017). “Bat cave solves mystery of deadly SARS virus – and suggests new outbreak could occur”. Nature 552 (7683): 15–16. Bibcode2017Natur.552...15C. doi:10.1038/d41586-017-07766-9. 
  34. ^ Butler, Declan (12 November 2015). “Engineered bat virus stirs debate over risky research”. Nature. doi:10.1038/nature.2015.18787. 
  35. ^ Drosten, C.; Hu, B.; Zeng, L.-P.; Yang, X.-L.; Ge, Xing-Yi; Zhang, Wei; Li, Bei; Xie, J.-Z. et al. (2017). “Discovery of a rich gene pool of bat SARS-related coronaviruses provides new insights into the origin of SARS coronavirus”. PLOS Pathogens 13 (11): e1006698. doi:10.1371/journal.ppat.1006698. PMC 5708621. PMID 29190287. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5708621/. 
  36. ^ Wang, N.; Li, S. Y.; Yang, X. L.; Huang, H. M.; Zhang, Y. J.; Guo, H.; Luo, C. M.; Miller, M. et al. (2018). “Serological Evidence of Bat SARS-Related Coronavirus Infection in Humans”. China Virologica Sinica 33 (1): 104–107. doi:10.1007/s12250-018-0012-7. PMC 6178078. PMID 29500691. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6178078/. 
  37. ^ Reply to Science Magazine. pp. 9. オリジナルの6 December 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201206204844/https://www.sciencemag.org/sites/default/files/Shi%20Zhengli%20Q%26A.pdf 2020年11月12日閲覧。. 
  38. ^ Qiu, Jane (11 March 2020). “How China's "Bat Woman" Hunted Down Viruses from SARS to the New Coronavirus”. Scientific American. オリジナルの18 March 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200318205611/https://www.scientificamerican.com/article/how-chinas-bat-woman-hunted-down-viruses-from-sars-to-the-new-coronavirus1/ 2020年3月18日閲覧。. 
  39. ^ Rathore, Jitendra Singh; Ghosh, Chaitali (25 August 2020). “Severe acute respiratory syndrome coronavirus-2 (SARS-CoV-2), a newly emerged pathogen: an overview”. Pathogens and Disease 78 (6). doi:10.1093/femspd/ftaa042. ISSN 2049-632X. OCLC 823140442. PMC 7499575. PMID 32840560. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7499575/. 
  40. ^ Zhou, Peng; Yang, Xing-Lou; Wang, Xian-Guang; Hu, Ben; Zhang, Lei; Zhang, Wei et al. (March 2020). “A pneumonia outbreak associated with a new coronavirus of probable bat origin” (英語). Nature 579 (7798): 270–273. Bibcode2020Natur.579..270Z. doi:10.1038/s41586-020-2012-7. ISSN 1476-4687. PMC 7095418. PMID 32015507. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7095418/. 
  41. ^ Buckley, Chris; Steven Lee Myers (2020年2月1日). “As New Coronavirus Spread, China's Old Habits Delayed Fight”. The New York Times. オリジナルの2020年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200319085226/https://www.nytimes.com/2020/02/01/world/asia/china-coronavirus.html 2020年2月3日閲覧。 
  42. ^ Cohen, Jon (1 February 2020). “Mining coronavirus genomes for clues to the outbreak's origins”. Science. オリジナルの3 February 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200203150001/https://www.sciencemag.org/news/2020/01/mining-coronavirus-genomes-clues-outbreak-s-origins 2020年2月4日閲覧. "The viral sequences, most researchers say, also knock down the idea the pathogen came from a virology institute in Wuhan." 
  43. ^ Zhengli, Shi; Team of 29 researchers at the WIV (3 February 2020). “A pneumonia outbreak associated with a new coronavirus of probable bat origin”. Nature 579 (7798): 270–273. Bibcode2020Natur.579..270Z. doi:10.1038/s41586-020-2012-7. PMC 7095418. PMID 32015507. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7095418/. 
  44. ^ A letter to all staff and graduate students” (中国語). WIV Official Website (2020年2月19日). 2020年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月24日閲覧。
  45. ^ China Wants to Patent Gilead's Experimental Coronavirus Drug”. Bloomberg News. 2020年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月5日閲覧。
  46. ^ Zhengli, Shi; Team of 10 researchers at the WIV (4 February 2020). “Remdesivir and chloroquine effectively inhibit the recently emerged novel coronavirus (2019-nCoV) in vitro”. Nature 30 (3): 269–271. doi:10.1038/s41422-020-0282-0. PMC 7054408. PMID 32020029. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7054408/. 
  47. ^ Grady, Denise (2020年2月6日). “China Begins Testing an Antiviral Drug in Coronavirus Patients”. New York Times. オリジナルの2020年2月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200208044014/https://www.nytimes.com/2020/02/06/health/coronavirus-treatments.html 2020年2月8日閲覧。 
  48. ^ Subbaraman, Nidhi (21 August 2020). “'Heinous!': Coronavirus researcher shut down for Wuhan-lab link slams new funding restrictions” (英語). Nature. doi:10.1038/d41586-020-02473-4. PMID 32826989. オリジナルの14 February 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210214194113/https://www.nature.com/articles/d41586-020-02473-4 2021年2月12日閲覧。. 
  49. ^ Under Political Pressure, NIH Blacklists Wuhan Virology Lab” (英語). American Institute of Physics (2020年4月30日). 2021年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月12日閲覧。
  50. ^ “SARS‐CoV‐2, Covid‐19, and the debunking of conspiracy theories”. Rev Med Virol: e2222. (February 2021). doi:10.1002/rmv.2222. PMC 7995093. PMID 33586302. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7995093/. 
  51. ^ Evans, Nicholas G. (26 August 2020). “Human Infection Challenge Studies: a Test for the Social Value Criterion of Research Ethics”. mSphere 5 (4). doi:10.1128/mSphere.00669-20. PMC 7364225. PMID 32669462. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7364225/. "Some may verge on the unbelievable, such as the conspiracy theory that gain-of-function research conducted on severe acute respiratory syndrome (SARS)-like coronaviruses in 2015 is connected to the emergence of COVID-19 that made it to British tabloids" 
  52. ^ Graham, Rachel L.; Baric, Ralph S. (May 2020). “SARS-CoV-2: Combating Coronavirus Emergence”. Immunity 52 (5): 734–736. doi:10.1016/j.immuni.2020.04.016. PMC 7207110. PMID 32392464. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7207110/. 
  53. ^ Maxmen, Amy (27 May 2021). “Divisive COVID 'lab leak' debate prompts dire warnings from researchers” (英語). Nature 594 (7861): 15–16. Bibcode2021Natur.594...15M. doi:10.1038/d41586-021-01383-3. PMID 34045757. オリジナルの27 May 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210527054525/https://www.nature.com/articles/d41586-021-01383-3 2021年5月27日閲覧. "politicians, journalists, talk-show hosts and some scientists have put forward unsubstantiated claims linking the coronavirus to the Wuhan Institute of Virology (WIV), in the Chinese city where COVID-19 was first detected" 
  54. ^ Australia called for a COVID-19 probe. China responded with a trade war”. ABC News. ABC News (2021年1月2日). 2021年7月27日閲覧。
  55. ^ Stanway, David; Shen, Samuel (2021年6月17日). “China disease expert says COVID-19 origins probe should shift to U.S.- Global Times”. Reuters (Reuters). https://www.reuters.com/world/china/china-disease-expert-says-covid-19-origins-probe-should-shift-us-global-times-2021-06-17/ 2021年6月24日閲覧。 
  56. ^ The 'Occam's Razor Argument' Has Not Shifted in Favor of a COVID Lab Leak”. Snopes.com. Snopes. 2021年7月21日閲覧。
  57. ^ Zheng-Li, Shi (2021). “Origins of SARS-CoV-2: Focusing on Science”. Infectious Diseases & Immunity 1 (1): 3–4. doi:10.1097/ID9.0000000000000008. PMC 8057312. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8057312/. 
  58. ^ “Wuhan investigation doesn't dramatically change picture of outbreak, WHO official says”. The Guardian. (2021年2月9日). オリジナルの2021年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210209201752/https://www.theguardian.com/world/live/2021/feb/09/coronavirus-live-news-who-says-it-is-too-early-to-dismiss-astrazeneca-vaccine?page=with:block-6022663c8f0859f30ce20396#block-6022663c8f0859f30ce20396 2021年2月9日閲覧. "The lab leak hypothesis is an extremely unlikely pathway for COVID-19 and will not require further study as part of their work in studying the origins of the virus, Embarek says." 
  59. ^ Mallapaty, Smriti; Maxmen, Amy; Callaway, Ewen (10 February 2021). “'Major stones unturned': COVID origin search must continue after WHO report, say scientists” (英語). Nature 590 (7846): 371–372. Bibcode2021Natur.590..371M. doi:10.1038/d41586-021-00375-7. PMID 33574591. 
  60. ^ Fujiyama, Emily Wang; Moritsugu, Ken (2021年2月11日). “EXPLAINER: What the WHO coronavirus experts learned in Wuhan”. AP News. オリジナルの2021年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210227100554/https://apnews.com/article/who-coronavirus-experts-learned-in-wuhan-86549d1189f3d174273a26e39d177d05 2021年2月12日閲覧。 
  61. ^ Statement by President Joe Biden on the Investigation into the Origins of COVID-19”. whitehouse.gov (2021年5月16日). 2021年7月21日閲覧。
  62. ^ “Joe Biden, Boris Johnson call for further Covid-19 origins investigation in China”. SMCP. (2021年6月10日). https://www.scmp.com/news/china/diplomacy/article/3136810/eu-leaders-call-complete-access-china-full-covid-19-origins 2021年7月21日閲覧。 
  63. ^ WHO calls for further studies, data on origin of SARS-CoV-2 virus, reiterates that all hypotheses remain open”. WHO (2021年3月30日). 2021年6月14日閲覧。
  64. ^ “WHO says all hypotheses still open in probe into virus origins”. Reuters. (2021年2月12日). https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-china-probe-idUSKBN2AC1UV 2021年6月14日閲覧。 
  65. ^ Maxmen, Amy (2021年5月27日). “Divisive COVID 'lab leak' debate prompts dire warnings from researchers” (英語). Nature. doi:10.1038/d41586-021-01383-3. https://www.nature.com/articles/d41586-021-01383-3. "The investigation concluded that an animal origin was much more likely than a lab leak. But since then, some politicians, journalists and scientists have put forward unsubstantiated claims linking the coronavirus to the Wuhan Institute of Virology (WIV), in the Chinese city where COVID-19 was first detected." 
  66. ^ Gorman, James; Zimmer, Carl (2021年5月13日). “Another Group of Scientists Calls for Further Inquiry into Origins of the Coronavirus”. The New York Times. オリジナルの2021年5月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210525212823/https://www.nytimes.com/2021/05/13/science/virus-origins-lab-leak-scientists.html 2021年5月27日閲覧。 
  67. ^ “WHO chief says it was 'premature' to rule out COVID lab leak” (英語). AP NEWS. (2021年7月15日). https://apnews.com/article/joe-biden-world-news-health-science-coronavirus-pandemic-c0c594f9060f676c0ea48c2d1c69daec 
  68. ^ 次の文献を参照されたし。
  69. ^ “Wuhan lab was performing coronavirus experiments on bats from the caves where the disease is believed to have originated - with a £3m grant from the US”. デイリー・メール. (2020年4月11日). https://www.dailymail.co.uk/news/article-8211257/Wuhan-lab-performing-experiments-bats-coronavirus-caves.html 2020年5月11日閲覧。 
  70. ^ “Why US outsourced bat virus research to Wuhan”. アジア・タイムズ・オンライン. (2020年4月22日). https://asiatimes.com/2020/04/why-us-outsourced-bat-virus-research-to-wuhan/ 2020年5月11日閲覧。 
  71. ^ “新型肺炎、くすぶる「兵器用ウイルス説」 当局に不信感―中国:時事ドットコム”. 時事通信社. (2020年2月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020800435&g=int 2020年2月16日閲覧。 
  72. ^ “米メディア“武漢の研究所 新型コロナ発生源か” 米政府も調査”. 日本放送協会(NHK). (2020年4月16日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012390621000.html 2020年4月16日閲覧。 
  73. ^ “新型コロナ「武漢の研究所から流出」疑惑に注目 「過去に政府が危険性警告」と米紙”. 産経新聞. (2020年4月16日). https://special.sankei.com/a/international/article/20200416/0003.html 2020年4月16日閲覧。 
  74. ^ “トランプ「新型コロナウイルス、武漢の研究所から流出したものか調査中」”. ニューズウィーク. (2020年4月16日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-93150.php 2020年4月16日閲覧。 
  75. ^ “米で武漢研究所への疑念浮上 新型コロナ発生源めぐり”. 時事通信社. (2020年4月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041600692&g=int 2020年4月16日閲覧。 
  76. ^ “【解説】 新型ウイルスの「研究所流出」説、証拠はあるのか?”. 英国放送協会(BBC). (2020年4月18日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52335189 2020年4月22日閲覧。 
  77. ^ トランプ氏、コロナ研究所起源説の「証拠見た」と主張 情報機関声明と矛盾”. CNN (2020年5月1日). 2021年2月12日閲覧。
  78. ^ 新型コロナ発生源は武漢の研究所、証拠あるとトランプ氏 対中関税も示唆”. AFP通信 (2020年5月1日). 2021年2月12日閲覧。
  79. ^ 米、武漢ウイルス研を懸念 国務長官が施設立ち入り要求”. ロイター (2020年4月30日). 2021年2月12日閲覧。
  80. ^ 新型コロナ、中国・武漢ウイルス研究所が発生源「かなりの証拠」=米ポンペオ国務長官”. ニューズウィーク (2020年5月4日). 2021年2月12日閲覧。
  81. ^ ポンペオ氏、新型コロナ発生源は「不明」 武漢研究所説から転換”. CNN (2020年5月18日). 2021年2月12日閲覧。
  82. ^ “武漢ウイルス研究所室長、新型コロナ発生源疑惑を否定”. AFP通信. (2020年4月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3279297 2020年4月20日閲覧。 
  83. ^ “「発生源は武漢の研究所」米報道を研究員が否定 新型コロナ”. 日本放送協会(NHK). (2020年4月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200419/k10012395061000.html 2020年4月22日閲覧。 
  84. ^ “「感染者いない」 武漢の研究所員、ウイルス流出を否定”. 朝日新聞. (2020年4月21日). https://www.asahi.com/articles/ASN4N31QRN4MUHBI00B.html 2020年4月22日閲覧。 
  85. ^ “【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑”. 時事通信社. (2020年4月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=20200420039977a&g=afp 2020年4月22日閲覧。 
  86. ^ “新型コロナ感染源、WHO「武漢の研究所の可能性ない」”. 読売新聞. (2020年4月21日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20200421-OYT1T50285/ 2020年4月22日閲覧。 
  87. ^ “新型コロナ、人工的につくられたものでない-米情報当局”. ブルームバーグ. (2020年5月1日). https://www.cnn.co.jp/world/35153325.html 2020年5月11日閲覧。 
  88. ^ “新型コロナ、研究所起源の可能性は「極めて低い」 5カ国情報協定”. CNN. (2020年5月5日). https://www.cnn.co.jp/world/35153325.html 2020年5月11日閲覧。 
  89. ^ “WHO年次総会始まる コロナ発生源調査に中国が同意へ 台湾参加は見送りに - 毎日新聞”. 毎日新聞. (2020年5月18日). https://mainichi.jp/articles/20200518/k00/00m/030/225000c 2020年5月18日閲覧。 
  90. ^ “WHO加盟国、新型コロナ対応に関する独立調査に合意”. AFP通信. (2020年5月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3283864 2020年5月19日閲覧。 
  91. ^ “WHO、新型ウイルス対応を検証へ 全加盟国が同意”. 英国放送協会(BBC). (2020年5月20日). https://www.bbc.com/japanese/52733876 2020年5月20日閲覧。 
  92. ^ WHO調査団、武漢のウイルス研究所を訪問 ウイルスの起源調査”. CNN (2021年2月3日). 2021年2月3日閲覧。
  93. ^ 武漢研究所漏えい否定、人感染に「複雑な経路」=WHO調査団”. ロイター (2021年2月9日). 2021年2月12日閲覧。
  94. ^ WHO、武漢研究所漏えい説否定 新型コロナ起源解明で調査団”. 共同通信社 (2021年2月9日). 2021年2月12日閲覧。
  95. ^ a b c “日米など14か国、コロナ起源調査に懸念 WHO報告書受け共同声明”. AFP通信. (2021年3月31日). オリジナルの2021年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210401052640/https://www.afpbb.com/articles/-/3339686 
  96. ^ a b c “WHO報告書に「共通の懸念」 14カ国が共同声明、米は第2次調査を要求”. 産経新聞. (2021年3月31日). オリジナルの2021年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210624135528/https://www.sankei.com/article/20210331-CGUK4KBDVFJATBMCBKC3U6DRLI/ 
  97. ^ “WHO報告書 中国の介入許し信頼を損ねた”. 読売新聞. (2021年4月3日). オリジナルの2021年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210624135528/https://www.sankei.com/article/20210331-CGUK4KBDVFJATBMCBKC3U6DRLI/ 
  98. ^ a b “中国研究所からの流出説再燃 米大統領、コロナ起源の調査指示”. 時事通信社. (2021年5月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052700985 2021年6月14日閲覧。 
  99. ^ “英情報機関も研究所流出説 コロナ起源、中国と摩擦も”. 時事通信社. (2021年5月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021053000126 2021年6月14日閲覧。 
  100. ^ a b “武漢研からのウイルス流出説は妥当=20年米報告書”. ウォール・ストリート・ジャーナル. ダウ・ジョーンズ. (2021年6月8日). https://jp.wsj.com/articles/u-s-report-found-it-plausible-covid-19-leaked-from-wuhan-lab-11623114052 2021年6月14日閲覧。 
  101. ^ a b c “武漢からのウイルス流出説に説得力、米が20年に報告書=WSJ”. ロイター. (2021年6月8日). https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-china-idJPKCN2DJ2QE 2021年6月14日閲覧。 
  102. ^ a b “中国・武漢研究所流出説「妥当な仮説」 コロナ起源の米報告書―WSJ紙報道”. 時事通信社. (2021年6月8日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060800406 2021年6月14日閲覧。 
  103. ^ a b c “米国立研究所「武漢研究所からの流出説に説得力」 米紙”. 朝日新聞. (2021年6月8日). https://www.asahi.com/articles/ASP683ST6P68UHBI00P.html 2021年6月14日閲覧。 
  104. ^ “武漢研究所のコロナ流出説、ファウチ氏「排除せず」”. ウォール・ストリート・ジャーナル (ダウ・ジョーンズ). (2021年6月10日). https://jp.wsj.com/articles/fauci-says-he-didnt-play-down-china-lab-leak-theory-of-covid-19-origins-11623283118 2021年6月14日閲覧。 
  105. ^ a b c “コロナ起源、再調査を 感染症危機再発防止も宣言―G7首脳”. 時事通信社. (2021年6月13日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061300104 2021年6月14日閲覧。 
  106. ^ a b “菅首相、コロナ起源の更なる調査に賛同 中国念頭に G7サミット”. 毎日新聞. (2021年6月13日). https://mainichi.jp/articles/20210613/k00/00m/010/111000c 2021年6月14日閲覧。 
  107. ^ a b “G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ調査も求める”. ロイター. (2021年6月13日). https://jp.reuters.com/article/g7-summit-china-idJPKCN2DP0DK 2021年6月14日閲覧。 
  108. ^ “中国「武漢研究者にノーベル賞」 漏えい説に反発”. 東京新聞. (2021年6月17日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/111188 2021年6月20日閲覧。 
  109. ^ “中国は調査の生データ提供を、コロナ発生源巡りWHO事務局長”. ロイター. (2021年7月16日). https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-china-idJPKBN2EL1WP 2021年7月17日閲覧。 
  110. ^ WHO、中国研究所の「監査」提案 コロナ起源調査の次段階で”. AFP通信 (2021年7月17日). 2021年7月17日閲覧。
  111. ^ “WHO、コロナウイルス起源調査の第2弾提案 研究所監査も”. ロイター. (2021年7月17日). https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-china-idJPKBN2EM1NT 2021年8月21日閲覧。 
  112. ^ “中国、WHO再調査を非難 「科学に反する」”. 47NEWS. 共同通信社. (2021年7月22日). https://nordot.app/790831499438997504?c=39546741839462401 2021年8月21日閲覧。 
  113. ^ 中国、WHO再調査を非難 「科学に対して傲慢」”. AFP通信 (2021年7月23日). 2021年8月21日閲覧。
  114. ^ “コロナ再調査でデータ提供を WHO、中国念頭に呼び掛け”. 時事通信社. (2021年8月13日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081300243 2021年8月21日閲覧。 
  115. ^ “WHO、中国念頭に感染者データ改めて要求…発生源再調査で”. 読売新聞. (2021年8月13日). https://www.yomiuri.co.jp/science/20210813-OYT1T50111/ 2021年8月21日閲覧。 
  116. ^ 中国、WHOのコロナ起源追加調査を拒否”. AFP通信 (2021年8月13日). 2021年8月21日閲覧。
  117. ^ “新型コロナウイルスの発生地は米国か? 「フォート・デトリック疑惑」に注目”. 人民網日本語版. (2021年7月29日). http://j.people.com.cn/n3/2021/0729/c94474-9878233.html 2021年8月21日閲覧。 
  118. ^ “米メディア:欧州の新型コロナはフォート・デトリックから来た”. 中国網 日本語. (2021年7月30日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2021-07/30/content_77663062.htm 2021年8月21日閲覧。 
  119. ^ “フォート・デトリックの疑惑:フォート・デトリックと「ミリタリーワールドゲームズ」の米軍選手”. 中国国際放送局. (2021年8月3日). http://japanese.cri.cn/20210803/8c01d63a-ac64-b03c-9208-6536601918f2.html 2021年8月21日閲覧。 
  120. ^ “専門家「米国がフォート・デトリックへの調査を拒むのは、心にやましいことがあるから」”. 人民網日本語版. (2021年8月5日). http://j.people.com.cn/n3/2021/0805/c94474-9880793.html 2021年8月21日閲覧。 
  121. ^ 中華人民共和国駐大阪総領事館 [@ChnConsul_osaka] (2021年8月6日). "「もしもし〜アメリカさん、聞こえてる〜?疑惑だらけのフォート・デトリックは大丈夫かい?証拠がこんなに出揃ってるけど、知らんって言わんといてよ。内緒で教えてほしいんやけど、ほんまはそっちから #コロナ が出たんやないかな〜?@WhiteHouse #アメリカに聞きたい」" (ツイート). Twitterより2021年8月21日閲覧
  122. ^ “米中、コロナ論争再燃 武漢?軍施設?発生源巡り情報戦”. 毎日新聞. (2021年8月18日). https://mainichi.jp/articles/20210818/ddm/007/040/101000c 2021年8月21日閲覧。 
  123. ^ “コロナ発生源めぐり米中応酬 “武漢流出説”に中国は反発”. FNNプライムオンライン. (2021年8月18日). https://www.fnn.jp/articles/-/226112 2021年8月21日閲覧。 
  124. ^ “新型ウイルス起源、「結論出ず」 米情報機関が政府に報告=米メディア”. 英国放送協会(BBC). (2021年8月26日). https://www.bbc.com/japanese/58328746 2021年8月29日閲覧。 
  125. ^ “新型コロナの発生源、米情報当局「結論に至っていない」…バイデン大統領に報告”. 読売新聞. (2021年8月26日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20210825-OYT1T50271/ 2021年8月29日閲覧。 
  126. ^ a b c d “コロナ起源調査は結論出ず 流出か動物媒介、見解割れる”. 朝日新聞. (2021年8月28日). https://www.asahi.com/articles/ASP8X3DJVP8XUHBI008.html 2021年8月29日閲覧。 
  127. ^ “新型コロナ発生源 特定困難 米が調査 最初の兆候は中国・武漢”. FNNプライムオンライン. (2021年8月28日). https://www.fnn.jp/articles/-/230939 2021年8月29日閲覧。 
  128. ^ a b “コロナ発生源 動物感染か研究所流出か 結論に至らず 米報告書”. 日本放送協会(NHK). (2021年8月28日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210828/k10013228541000.html 2021年8月29日閲覧。 
  129. ^ a b “コロナ発生源 米特定ならず…追加調査 「中国、情報共有を拒否」”. 読売新聞. (2021年8月29日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20210829-OYT1T50022/ 2021年8月29日閲覧。 
  130. ^ a b “米、コロナ起源特定へ決め手欠く 非協力的な中国を非難”. 日本経済新聞. (2021年8月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN280CP0Y1A820C2000000/ 2021年8月29日閲覧。 
  131. ^ 中国はコロナ起源「重要情報」隠蔽 バイデン氏”. AFP通信 (2020年5月1日). 2021年8月29日閲覧。
  132. ^ “米コロナ起源調査 中国反発「信頼性なし」”. 朝日新聞. (2021年8月28日). https://www.asahi.com/articles/ASP8X43PBP8XUHBI00V.html 2021年8月29日閲覧。 
  133. ^ “米のウイルス発生源報告書に中国猛反発”. TBS. (2021年8月29日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4347657.htm?1630240439001 2021年8月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]