武漢ウイルス研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国国務院 > 中国科学院 > 武漢ウイルス研究所
中国科学院武漢ウイルス研究所[1]
正式名称 中国科学院武汉病毒研究所
日本語名称 中国科学院武漢ウイルス研究所[1]
略称 WIV
組織形態 感染症研究所
所在地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
430071
湖北省武漢市武昌区小洪山中区44号
北緯30度32分21.9秒東経114度21分3.07秒座標: 北緯30度32分21.9秒 東経114度21分3.07秒
活動領域 感染症ウイルス学
設立年月日 1956年
上位組織 中国科学院
所管 中国科学院
保有施設 武漢国家生物安全実験室
公式サイト http://www.whiov.cas.cn/
テンプレートを表示

中国科学院武漢ウイルス研究所(ちゅうごくかがくいんぶかんウイルスけんきゅうじょ、: 中国科学院武汉病毒研究所)は中華人民共和国 湖北省武漢にある、ウイルス学研究所である。1956年設立。中華人民共和国国家重点実験室に指定されている。

2016年12月現在、研究所には合計266人の研究員がおり、内訳は科学研究職189名、大学院生253名(博士課程124名と修士課程129名)などが在籍する[2]

所長は王延軼中国語版委員会書記肖庚富中国語版

沿革[編集]

1956年、「中国科学院武漢微生物研究室」として設立。

同年6月5日中国科学院武漢大学華中農業大学と協力して武漢微生物学研究所を設立することを決定。

研究室の設立は、武漢大学学部長で微生物学の主任教員を務めていた高尚蔭中国語版を筆頭として行われた。 研究室は、各分野の研究のために次の4つのグループに分かれていた[3]

研究分野 研究内容 指導者
ウイルス学 動物および植物ウイルス細菌ウイルス 武漢大学学部長兼微生物教育研究主任 高尚蔭中国語版
土壤微生物学 土壌微生物の生命活動と植物および土壌との関係 華中農学院土壤農学研究主任 陳華癸中国語版
植物病理学 微生物を利用した植物病の抑制 華中農学院植物保護研究主任 楊新美中国語版
微生物変異学遺伝学および育種学 細菌(放線菌を含む)およびそれらのファージ変異、遺伝学および選択 武漢大学微生物教育研究副主任 趙保国中国語版

1961年11月、「中国科学院中南微生物研究所」[4]、さらに1962年10月には「武漢微生物研究所」に改名され、1966年中国科学院の地方分院が廃止されるとともに湖北省科学技術委員会の所管となり、「湖北微生物研究所」となった。1978年科技大会中国語版の前に中国科学院の管轄に戻され、「中国科学院武漢病毒所」として改編された[5]

付属施設[編集]

中国科学院武漢国家生物安全実験室(中国科学院武汉国家生物安全实验室National Biosafety Laboratory (NBL), Wuhan[6])は、武漢P4ラボまたは地元では単にP4ラボとも呼ばれる、武漢市政府と共同で建設されたP4(バイオセーフティレベル4:BSL-4)研究所である。

2015年1月31日に完成し、2018年1月5日に正式な運営が開始された。

新型コロナウイルスの感染拡大が顕在化する以前は、実験施設を対外的にアピールしており、2017年2月23日には当時のフランス首相、ベルナール・カズヌーブが視察を行っている[7]

研究機器[編集]

歴代所長[編集]

# 姓名 任期 備考
1 高尚蔭中国語版 1956年6月-1984年3月
2 丁達明中国語版 1985年9月-1987年9月
3 何添福中国語版 1994年4月-2000年10月
4 胡志紅中国語版 2000年10月-2008年8月
5 陳新文中国語版 2008年8月-2018年10月
6 王延軼中国語版 2018年10月-

歴代党委員会書記[編集]

# 姓名 任期 備考
1 許 力 1958年3月-1959年2月
2 劉 然 1961年3月-1979年12月
3 曹 健 1980年1月-1984年7月
4 湯吉梅 1987年9月-1992年4月
5 何添福 1992年4月-1996年6月
6 李興革 1996年6月-2004年8月
7 袁志明 2004年8月-2013年8月
8 肖庚富 2018年12月-

疑惑[編集]

2015年にアメリカ国立衛生研究所は研究の委託として370万ドルの資金援助を行うなど同研究所はコロナウイルスを積極的に研究している[8][9]

2017年頃から、施設管理の面からウイルス漏洩の可能性が指摘されており、現在、武漢華南海鮮卸売市場とともにCOVID-19の感染源であるとの疑惑が上がっている[10][11]

アメリカ合衆国FOXニュースワシントン・ポストでは2018年にアメリカの外交官が同研究所を視察した際に「危険性」があると、研究所の安全面の不備についてアメリカ国務省に公電にて伝達していたとする報道があり[12][13]、これについて米政府も調査中である[14][15][16]

これに対し、武漢ウイルス研究所の幹部は「ありえない」話だとして全否定[17][18][19][20]、日本の外務省に当たる中華人民共和国外交部も同研究所からウイルスが流出したとの説を否定した[21]

さらに、世界保健機関(WHO)もウイルスは動物由来で、人工のものではないとしたうえで、「研究所から流出した可能性はないとみている」とした[22]。アメリカのインテリジェンス・コミュニティーを統括する国家情報長官室(ODNI)もウイルスは人工のものではないと発表し[23]、英語圏5カ国の諜報当局が運営するUKUSA協定(ファイブアイズ)も「研究所から流出した可能性は極めて低いとみている」と報じられた[24]

2020年5月18日テレビ会議形式で開かれたWHOの総会では、中国での新型コロナウイルスの発生源について国際的な独立調査を行うことで同意した[25][26][27]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 国立感染症研究所と中華人民共和国中国科学院武漢ウイルス研究所(WIV of CAS, China)との感染症協力に関する覚書の締結について, 国立感染症研究所, (2010年02月18日), https://www.niid.go.jp/niid/images/inter/inter1/wivbukan.pdf 2020年2月18日閲覧。 
  2. ^ 机构简介”. 中国科学院武汉病毒研究所. 2020年1月31日閲覧。
  3. ^ 科学院决定在武汉成立微生物研究室”. 人民日報. 新華社: p. 第3版. (1956年6月7日) 
  4. ^ 武汉地方志编纂委员会, ed (1993年2月). 《武汉市志:科学志》. 武汉大学出版社. p. 第564页 
  5. ^ a b 中国科学院武汉病毒研究所”. 中国科学院武汉文献情报中心. 2018年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月31日閲覧。
  6. ^ 中国国立武漢生物安全研究所。
  7. ^ 【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑”. AFP (2020年4月18日). 2020年4月17日閲覧。
  8. ^ “Wuhan lab was performing coronavirus experiments on bats from the caves where the disease is believed to have originated - with a £3m grant from the US”. デイリー・メール. (2020年4月11日). https://www.dailymail.co.uk/news/article-8211257/Wuhan-lab-performing-experiments-bats-coronavirus-caves.html 2020年5月11日閲覧。 
  9. ^ “Why US outsourced bat virus research to Wuhan”. アジア・タイムズ・オンライン. (2020年4月22日). https://asiatimes.com/2020/04/why-us-outsourced-bat-virus-research-to-wuhan/ 2020年5月11日閲覧。 
  10. ^ “新型肺炎、くすぶる「兵器用ウイルス説」 当局に不信感―中国:時事ドットコム”. 時事通信社. (2020年2月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020800435&g=int 2020年2月16日閲覧。 
  11. ^ “武漢P4研究所、中国軍の生物化学兵器専門家が責任者に=情報”. 大紀元時報. (2020年2月10日). https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51589.html 2020年2月16日閲覧。 
  12. ^ “米メディア“武漢の研究所 新型コロナ発生源か” 米政府も調査”. 日本放送協会(NHK). (2020年4月16日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012390621000.html 2020年4月16日閲覧。 
  13. ^ “新型コロナ「武漢の研究所から流出」疑惑に注目 「過去に政府が危険性警告」と米紙”. 産経新聞. (2020年4月16日). https://special.sankei.com/a/international/article/20200416/0003.html 2020年4月16日閲覧。 
  14. ^ “トランプ「新型コロナウイルス、武漢の研究所から流出したものか調査中」”. ニューズウィーク. (2020年4月16日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-93150.php 2020年4月16日閲覧。 
  15. ^ “米で武漢研究所への疑念浮上 新型コロナ発生源めぐり”. 時事通信社. (2020年4月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041600692&g=int 2020年4月16日閲覧。 
  16. ^ “【解説】 新型ウイルスの「研究所流出」説、証拠はあるのか?”. 英国放送協会(BBC). (2020年4月18日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52335189 2020年4月22日閲覧。 
  17. ^ “武漢ウイルス研究所室長、新型コロナ発生源疑惑を否定”. AFP通信. (2020年4月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3279297 2020年4月20日閲覧。 
  18. ^ “コロナウイルスは人工的に作られた? 中国・武漢ウイルス研究所所長の回答”. スプートニク. (2020年4月19日). https://jp.sputniknews.com/covid-19/202004197377318/ 2020年4月20日閲覧。 
  19. ^ “「発生源は武漢の研究所」米報道を研究員が否定 新型コロナ”. 日本放送協会(NHK). (2020年4月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200419/k10012395061000.html 2020年4月22日閲覧。 
  20. ^ “「感染者いない」 武漢の研究所員、ウイルス流出を否定”. 朝日新聞. (2020年4月21日). https://www.asahi.com/articles/ASN4N31QRN4MUHBI00B.html 2020年4月22日閲覧。 
  21. ^ “【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑”. 時事通信社. (2020年4月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=20200420039977a&g=afp 2020年4月22日閲覧。 
  22. ^ “新型コロナ感染源、WHO「武漢の研究所の可能性ない」”. 読売新聞. (2020年4月21日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20200421-OYT1T50285/ 2020年4月22日閲覧。 
  23. ^ “新型コロナ、人工的につくられたものでない-米情報当局”. ブルームバーグ. (2020年5月1日). https://www.cnn.co.jp/world/35153325.html 2020年5月11日閲覧。 
  24. ^ “新型コロナ、研究所起源の可能性は「極めて低い」 5カ国情報協定”. CNN. (2020年5月5日). https://www.cnn.co.jp/world/35153325.html 2020年5月11日閲覧。 
  25. ^ “WHO年次総会始まる コロナ発生源調査に中国が同意へ 台湾参加は見送りに - 毎日新聞”. 毎日新聞. (2020年5月18日). https://mainichi.jp/articles/20200518/k00/00m/030/225000c 2020年5月18日閲覧。 
  26. ^ “WHO加盟国、新型コロナ対応に関する独立調査に合意”. AFP通信. (2020年5月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3283864 2020年5月19日閲覧。 
  27. ^ “WHO、新型ウイルス対応を検証へ 全加盟国が同意”. 英国放送協会(BBC). (2020年5月20日). https://www.bbc.com/japanese/52733876 2020年5月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]