新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) > 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム (G-MIS)
新型コロナウイルス感染症
医療機関等情報支援システム
(G-MIS)
開発元 厚生労働省
対応OS Windows[1]
Mac OS X[1]
Android[1]
iOS[1]
Windows 10 Mobile[1]
プラットフォーム Microsoft Edge[1]
Google Chrome[1]
Mozilla Firefox[1]
Safari[1]
対応言語
公式サイト 新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム(G-MIS)
テンプレートを表示

新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム(しんがたコロナウイルスかんせんしょういりょうきかんとうじょうほうしえんシステム、英語:Gathering Medical Information System on COVID-19)とは、日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大に対応する全国の医療機関の状況を一元的に把握し、医療体制の確保に資することを目的として開発されたシステム[2]。略称、G-MIS(ジーミス)[注釈 1][2]


概要[編集]

厚生労働省では内閣官房情報通信技術総合戦略室とともに連携して「情報通信基盤センター(仮称)」を設置。全国の医療機関の稼働状況や病床の使用数、現場で治療にあたる医療従事者、医療用N95マスクECMO人工呼吸器といった医療機器、医療資材の確保状況といった情報をG-MISを通して把握、それらの適切な供給や支援を行うことで、医療提供体制の逼迫を防ぐ狙いがある[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 英語名称「Gathering Medical Information System on COVID-19」の略。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]