疾病管理庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Emblem of the Government of the Republic of Korea.svg 疾病管理庁
질병관리청
Korea Disease Control and Prevention Agency
Symbol of KDCA.jpg
ロゴマーク
組織の概要
設立年月日2003年12月18日(疾病管理本部改編)
2020年9月12日(疾病管理庁昇格)
本部所在地大韓民国の旗 大韓民国忠清北道清州市興徳区五松邑 五松保健医療行政タウン朝鮮語版
北緯36度38分17秒 東経127度19分55秒 / 北緯36.63806度 東経127.33194度 / 36.63806; 127.33194
人員862
行政官
上位組織保健福祉部
下位組織
ウェブサイト公式ウェブサイト(朝鮮語)(英語)
疾病管理庁
各種表記
ハングル 질병관리청
漢字 疾病管理廳
発音 チルビョングァルリチョン
日本語読み: しっぺいかんりちょう
英語表記: Korea Disease Control and Prevention Agency
テンプレートを表示

疾病管理庁朝鮮語: 질병관리청、Korea Disease Control and Prevention Agency)略して疾病庁朝鮮語: 질병청、KDCA)は、大韓民国保健福祉部傘下の行政機関である[1]。前身は疾病管理本部朝鮮語: 질병관리본부)であり、2003年12月18日に発足した。

感染症の危機警報水準が「注意」になると、中央防疫対策本部朝鮮語: 중앙방역대책본부)が設置される[2]

新型コロナの感染流行を受けて、韓国政府は2020年9月12日、疾病管理本部を庁に昇格させ、疾病管理庁を発足させた[3][4]。初代長官は、本部時代から引き続き、鄭銀敬が務める[5]

歴史[編集]

  • 1949年7月14日:保健部所属<中央保健所>設置
  • 1949年11月7日:保健部所属<中央化学研究所>設置
  • 1949年12月7日:保健部所属<中央防疫研究所>設置
  • 1954年1月18日:保健部所属<中央生薬試験場>設置
  • 1955年2月17日:<中央保健所><中央化学研究所><中央防疫研究所><中央生薬試験場>を保健社会部に所属変更
  • 1960年1月1日:<中央保健所>を<国立保健院>に改編。<中央化学研究所>を<国立化学研究所>に改編。<中央防疫研究所>を<国立防疫研究所>に改編。<中央生薬試験場>を<国立生薬試験場>に改編。
  • 1963年12月17日:<国立化学研究所><国立防疫研究所><国立生薬試験場>を<国立保健院>に総合。
  • 1967年2月1日:国立保健研究院に改編。
  • 1981年11月2日:国立保健院に改編。
  • 1994年12月23日:保健福祉部に編入。
  • 2003年12月18日:疾病管理本部に改編。
  • 2008年12月23日:保健福祉家族部に編入。
  • 2010年3月19日:保健福祉部に編入。
  • 2020年9月12日:疾病管理庁に昇格。

脚注[編集]

[脚注の使い方]