ブレイクスルー感染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブレイクスルー感染(ブレイクスルーかんせん、Breakthrough infection)とは、ワクチンを接種した患者が、そのワクチンが予防する筈のものと同じ病原体に感染してしまう事を指す。ワクチンを打っていても感染する理由としては、血中に抗体が存在しても粘膜などではその働きが弱く予防しきれないため、また、病原体の変異により抗体が十分に働かずに感染してしまうことが考えられる[1]。ブレイクスルー感染は、おたふく風邪水疱瘡インフルエンザなど、様々な病気の予防接種を受けた患者に確認されている[2][3][4]。ブレイクスルー感染の特徴は、ウイルス自体に依存する。多くの場合、予防接種を受けた患者の感染症は、自然に感染した場合よりも症状が軽く、期間も短くなる[5]。また打ち抜き感染(うちぬきかんせん)[6]突破型感染[7]ともいう。

ブレイクスルー感染の原因には、ワクチンの不適切な投与や保管、ウイルスの突然変異、抗体による遮断などがある。これらの理由から、ワクチンの効果が100%であることは殆どない。一般的なインフルエンザワクチンでは、接種者の58%がインフルエンザに対する免疫を獲得できると推定されている[8]麻疹ワクチンは、接種した子供の2%に免疫が出来ないとされている。しかし、集団免疫が存在する場合、通常、効果のないワクチン接種を受けた患者が病気に感染するのを防ぐ事が出来る[9]。従って、集団免疫は、集団におけるブレイクスルー感染の数を減少させる[10]

ブレイクスルー感染の例[編集]

水痘ウイルス[編集]

水痘ワクチンによる水痘感染の予防効果は85%である[11]。しかし、ブレイクスルー感染の水痘(Breakthrough varicella;BV)と診断された患者の75%は、ワクチンを接種していない患者よりも症状が軽い事が判明している[5]。このような軽症の水痘患者は、発熱が弱く、皮膚の病変が50個以下で、斑点状丘疹が見られる。一方、ワクチンを接種していない患者では、通常、39度の発熱、200~500個の皮膚病変、斑点(隆起していない病変)は丘疹や水疱性病変に進展する[5][12]。さらに、ワクチンを接種していない患者の感染は、感染した患者に比べて長く続く傾向がある[5]

ブレイクスルー感染の水痘の大部分は、水痘ワクチンを体内に充分取り込めなかった事に起因している[11]。よって、ブレイクスルー感染を防ぐ為に、水痘ワクチンの初回接種から1年以内に2回目の接種を受ける事が提案されている[11]

おたふく風邪[編集]

おたふく風邪ワクチンは、麻疹・おたふく風邪・風疹ワクチン(MMR)の一部である[13]。おたふく風邪ワクチンは、おたふく風邪の予防に88%の効果があるとされている[14]。おたふく風邪のワクチンを接種していない患者に比べて、ブレイクスルー感染のおたふく風邪となった患者では、感染による重篤な合併症が少ないと言われている[15]。これらの合併症には、無菌性髄膜炎脳炎の発症が含まれる[15]

ブレイクスルー感染のおたふく風邪の原因は、現在のところ完全には解明されていない。ウイルスの変異(抗原連続変異)が、ブレイクスルー感染の大部分を説明すると考えられている[15]。また、記憶T細胞が打ち抜き感染の発生に関与しているという説もある[15]

B型肝炎[編集]

B型肝炎のブレイクスルー感染症例は、主にB型肝炎ウイルス(HBV)の変異により、HBVの表面タンパク質がHBVワクチンから作られる抗体に認識されなくなったことに起因している[16][17][18]。このような変異を持つウイルスは「ワクチンエスケープ変異体」と呼ばれている。ブレイクスルー感染は、ワクチン接種の遅れ、免疫抑制、母親のウイルス量などによっても引き起こされる[17]。HBVのブレイクスルー感染があっても、無症状の場合もある[16]

特徴[編集]

生物学的成因[編集]

年齢[編集]

患者は年齢を重ねるごとに、免疫システムに一連の変化が起こり、そのプロセスは免疫老化英語版と呼ばれる[19]。この変化の中で特筆すべきは、ナイーブT細胞ナイーブB細胞の生産量が減少する事である[20]。ナイーブなリンパ球(T細胞およびB細胞)の減少は、造血幹細胞(HSC)のテロメアが時間の経過と共に短縮し、HSCの増殖およびリンパ系前駆細胞の産生が制限される事に起因している[19][20]。これは、時間の経過と共に、造血幹細胞がリンパ球系前駆細胞よりも骨髄系前駆細胞の産生を好む傾向があるという事実によって、更に悪化する[20]。また、成熟したリンパ球は無限に増殖する事が出来ない[19]。この様に、ナイーブなリンパ球の減少と成熟したリンパ球の増殖能力の制限が複合的に作用して、ワクチンに含まれる病原体に反応するリンパ球の数や種類が限られてしまうのである[20]

実際、インフルエンザワクチン、三種混合ワクチン肺炎球菌ワクチン等のワクチンは、65歳以上の成人では効果が低いと言われている[20][21]。それでもCDCは、高齢者がインフルエンザに感染することは特に危険であり、ワクチンによってインフルエンザウイルスに対する少なくとも中程度の免疫が得られる事から、インフルエンザワクチンの接種を推奨している[21]

抗体による干渉[編集]

乳児における母親の移行抗体の存在は、不活化ワクチン弱毒化ワクチンサブユニットワクチンの有効性を低下させる[22]。移行抗体は、ワクチン接種でウイルスが産生したタンパク質上のエピトープに結合する。母体の抗体がウイルスのタンパク質を認識する事で、ウイルスが中和される[23]。更に移行抗体は、乳児のB細胞上のB細胞受容体が抗原に結合するより先に抗原を中和してしまうので、乳児の免疫系は高度に活性化されず、乳児が産生する抗体の数も少なくなる[10][22]

B細胞が病原体に結合したとしても、免疫反応は抑制される。B細胞受容体が抗原に結合し、同時にFc受容体が移行抗体に結合すると、Fc受容体がB細胞受容体に信号を送り、細胞分裂を抑制する[23]。乳児の免疫系が刺激されず、B細胞の分裂が抑制されるため、記憶B細胞は殆ど作られない。記憶B細胞のレベルは、病原体に対する乳児の生涯に亘る抵抗力を確保するのに充分ではない[22][23]

殆どの乳児では、母体の抗体は生後12~15ヶ月で消失する為、この時期以外に接種したワクチンが母体の抗体の干渉を受けて損なわれる事はない[10]

記憶B細胞の寿命[編集]

ワクチンを接種すると、患者の免疫システムが起動し、記憶B細胞が特異的な抗体反応を記憶する[10]。これらの細胞は、病原体の感染が解除された後も血中を循環している。記憶B細胞を含むリンパ球は、細胞分裂の度に遺伝子のテロメアが縮退する為、無限に増殖する事は出来ない[19]。通常、細胞は数十年生存するが、刺激を受けたワクチンの種類やワクチンの投与量によって、この細胞の寿命にはばらつきがある[23]。記憶B細胞の寿命に差が生じる理由は、現在のところ不明である。しかし、記憶B細胞の寿命の違いは、病原体が体内に感染する速度と、それに応じて、ワクチンに含まれる病原体に対する免疫反応に関与する細胞の数と種類に起因するという仮説が提唱されている[24]

ウイルスの変異[編集]

ワクチンを接種すると、免疫系はウイルスやウイルスが作り出したタンパク質の特定の部分(エピトープ)を認識する抗体を産生する。しかし、ウイルスは時間の経過と共に遺伝子変異を起こし、ウイルスタンパク質の立体構造に影響を与える[25]。抗体が認識する部位にこのような変異が生じると、抗体の結合が阻害され、免疫反応が抑制される[26]。この現象は抗原連続変異(抗原ドリフト)と呼ばれている。B型肝炎やおたふく風邪などのブレイクスルー感染は、抗原連続変異の影響を受けていると言われている[15][17]

他の成因[編集]

ワクチンの品質と投与方法[編集]

ワクチンは、投与時に品質が悪いと、免疫が得られない事がある。ワクチンは、不適切な温度で保管されたり、使用期限を過ぎたりすると効力を失う[27]。同様に、免疫を確保するためには、ワクチンの適切な投与量が不可欠である。ワクチンの投与量は、患者の年齢や体重などの要因によって異なる[27]。これらの要因を考慮していないと、患者が誤った量のワクチンを接種される事になる。推奨されている量よりも少ない量のワクチンを接種した患者は、ワクチンに対する充分な免疫反応が得られず、免疫を確保する事が出来ない[23]

ワクチンが有効である為には、患者が獲得免疫を通じてワクチン内の病原体に反応し、その反応が患者の免疫学的記憶に保存されなければならない[10]適応免疫反応を活性化する事なく、液性免疫によって病原体を中和し、排除することも可能である[10]。病原性の弱い株や少ない株を使用したワクチンは、投与時の品質が悪い場合など、主に液性反応を惹起する可能性があり、その場合、将来の免疫を確保する事が出来ない[10]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ワクチン接種後のブレークスルー感染」 なぜワクチンと感染予防対策の両方が必要なのか”. 厚生労働省 (2021年8月27日). 2021年10月2日閲覧。
  2. ^ Factsheet for health professionals” (英語). ecdc.europa.eu. 2017年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月24日閲覧。
  3. ^ Chickenpox | Clinical Overview | Varicella | CDC” (英語). www.cdc.gov. 2017年2月24日閲覧。
  4. ^ Use of Antivirals | Health Professionals | Seasonal Influenza (Flu)” (英語). www.cdc.gov. 2017年2月24日閲覧。
  5. ^ a b c d Chickenpox (Varicella)”. Center for Disease Control and Prevention (2016年7月1日). 2021年6月9日閲覧。
  6. ^ 打ち抜き感染 (Breakthrough infection) として発症した侵襲性ムーコル症の1剖検例”. 学術コンテンツサービス サポート. 2021年6月9日閲覧。
  7. ^ https://www.sankeibiz.jp/econome/amp/210803/ecb2108030602001-a.htm
  8. ^ Osterholm, Michael T; Kelley, Nicholas S; Sommer, Alfred; Belongia, Edward A (2012). “Efficacy and effectiveness of influenza vaccines: a systematic review and meta-analysis”. The Lancet Infectious Diseases 12 (1): 36–44. doi:10.1016/s1473-3099(11)70295-x. PMID 22032844. 
  9. ^ Fine, P.; Eames, K.; Heymann, D. L. (2011-04-01). “"Herd Immunity": A Rough Guide” (英語). Clinical Infectious Diseases 52 (7): 911–916. doi:10.1093/cid/cir007. ISSN 1058-4838. PMID 21427399. 
  10. ^ a b c d e f g Owen, Judith; Punt, Jenni; Stranford, Sharon (2013). Kuby Immunology (7th ed.). New York City, New York: W.H. Freeman and Company. pp. 576–578. ISBN 978-14292-1919-8 
  11. ^ a b c Papaloukas, Orestis; Giannouli, Georgia; Papaevangelou, Vassiliki (2014-03-01). “Successes and challenges in varicella vaccine”. Therapeutic Advances in Vaccines 2 (2): 39–55. doi:10.1177/2051013613515621. ISSN 2051-0136. PMC 3991154. PMID 24757524. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3991154/. 
  12. ^ Pinkbook | Varicella | Epidemiology of Vaccine Preventable Diseases | CDC” (英語). www.cdc.gov. 2017年2月17日閲覧。
  13. ^ Factsheet for health professionals” (英語). ecdc.europa.eu. 2017年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月17日閲覧。
  14. ^ Mumps | Cases and Outbreaks | CDC” (英語). www.cdc.gov. 2017年2月17日閲覧。
  15. ^ a b c d e Latner, Donald R.; Hickman, Carole J. (2015-05-07). “Remembering Mumps”. PLOS Pathogens 11 (5): e1004791. doi:10.1371/journal.ppat.1004791. ISSN 1553-7374. PMC 4423963. PMID 25951183. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4423963/. 
  16. ^ a b Seed, Clive R.; Jones, Ngaire T.; Pickworth, Anne M.; Graham, Wendy R. (2012-01-01). “Two cases of asymptomatic HBV "vaccine breakthrough" infection detected in blood donors screened for HBV DNA”. Medical Journal of Australia 196 (10). ISSN 0025-729X. https://www.mja.com.au/journal/2012/196/10/two-cases-asymptomatic-hbv-vaccine-breakthrough-infection-detected-blood-donors. 
  17. ^ a b c Chang, Mei-Hwei (2010). “Breakthrough HBV infection in vaccinated children in Taiwan: surveillance for HBV mutants” (英語). Antiviral Therapy 15 (3 Part B): 463–469. doi:10.3851/imp1555. PMID 20516566. 
  18. ^ Coleman, Paul F. (2017-02-17). “Detecting Hepatitis B Surface Antigen Mutants”. Emerging Infectious Diseases 12 (2): 198–203. doi:10.3201/eid1203.050038. ISSN 1080-6040. PMC 3293431. PMID 16494742. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3293431/. 
  19. ^ a b c d Lord, Janet M. (2013-06-12). “The effect of aging of the immune system on vaccination responses”. Human Vaccines & Immunotherapeutics 9 (6): 1364–1367. doi:10.4161/hv.24696. ISSN 2164-5515. PMC 3901832. PMID 23584248. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3901832/. 
  20. ^ a b c d e Goronzy, Jörg J; Weyand, Cornelia M (2013). “Understanding immunosenescence to improve responses to vaccines”. Nature Immunology 14 (5): 428–436. doi:10.1038/ni.2588. PMC 4183346. PMID 23598398. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4183346/. 
  21. ^ a b Vaccine Effectiveness - How Well Does the Flu Vaccine Work? | Seasonal Influenza (Flu) | CDC” (英語). www.cdc.gov. 2017年2月23日閲覧。
  22. ^ a b c Edwards, Kathryn M. (2015-11-25). “Maternal antibodies and infant immune responses to vaccines”. Vaccine. Advancing Maternal Immunization Programs through Research in Low and Medium Income Countries 33 (47): 6469–6472. doi:10.1016/j.vaccine.2015.07.085. PMID 26256526. 
  23. ^ a b c d e Siegrist, Claire-Anne (2013). “Vaccine Immunology”. Vaccines. Elsevier. ISBN 9781455700905 
  24. ^ Top 20 Questions about Vaccination | History of Vaccines” (英語). www.historyofvaccines.org. 2017年2月15日閲覧。
  25. ^ Fleischmann, W. Robert (1996-01-01). Baron, Samuel. ed. Medical Microbiology (4th ed.). Galveston (TX): University of Texas Medical Branch at Galveston. ISBN 978-0963117212. PMID 21413337. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK8439/ 
  26. ^ Viruses and Evolution | History of Vaccines” (英語). www.historyofvaccines.org. 2017年2月11日閲覧。
  27. ^ a b Hamborsky, Jennifer; Kroger, Andrew; Wolfe, Charles (2013). Epidemiology and Prevention of Vaccine Preventable Diseases. Washington D.C.: Center for Disease Control and Prevention 

外部リンク[編集]