COVID-19の検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

COVID-19の検査(コビッド19のけんさ、: COVID-19 testing)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)および2019新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に関する臨床検査について説明する。COVID-19診断のための臨床検査として、ウイルスの存在を検出する方法、抗体を検出する方法などがある。

血液検査[編集]

血液検査での確定診断は現時点で困難である。COVID-19患者において約8割にリンパ球減少がみられ、血小板減少、白血球減少がそれぞれ約3割にみられる。CRP上昇、AST上昇、ALT上昇、LDH上昇、D-dimer上昇などもみられることがある。重症例ほど異常値が現れやすい傾向にある[1]

SARS-CoV-2に対するIgM抗体やIgG抗体を血液から検出するキットが開発され、中国ではCOVID-19の標準診断法としてガイドラインに記載されている。日本でもクラボウより販売されているが[2]、2020年3月17日現在、体外医薬品としての承認を受けていない。

画像診断[編集]

CTで確認される陰影の一例
患者の胸部レントゲン画像の一例

写真付きの論文[3]によれば、CT所見において一般的に両側性のすりガラス陰影と浸潤影を呈することが分かったという。また、他の早期診断に有用と思われる特徴として、結節性陰影、網状影、病変の辺縁性分布が挙げられた。一方、空洞、不連続な結節胸水貯留、リンパ節腫脹は見られなかった。初回CT検査で異常所見がなくても(すなわち陰性でも)、COVID-19の可能性を除外できるとは限らないという[4]

なお、胸部レントゲン画像からの診断は難しい場合が多いとされる[5]が、機械学習によって胸部レントゲン画像から判定を行うソフトウェアが研究開発されており、その中の一つ「COVID-Net」[1]がオープンソースで公開されているもののまだ未完成となっている[6]

超音波診断[編集]

超音波診断装置による肺エコーをCOVID-19の診断に使える可能性が検討されており、院内感染リスクを減らせる可能性が指摘されている[7][8]

ウイルスの存在診断[編集]

2020年3月現在、「PCR検査陽性」とは、本項で記述する検査で陽性だったことを指す。

下気道由来検体(喀痰もしくは気管吸引液)または鼻咽頭ぬぐい液を用いてポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を行うことでウイルスの存在を診断する。検体ごとに陽性率は異なっており、気管支肺胞洗浄液が93%、喀痰が72%、鼻ぬぐい液が63%、咽頭ぬぐい液が32%と報告されている[9]。下気道にウイルス量が多いため、なるべく下気道由来検体を採取する[10]。下気道由来検体を採取する際にはN95 マスク(または DS2 など、それに準ずるマスク)、眼の防護具(ゴーグルまたはフェイスシールド)、長袖ガウン、手袋を装着する[11]。鼻咽頭ぬぐい液を採取する際には、サージカルマスク、眼の防護具(ゴーグルまたはフェイスシールド)、長袖ガウン (不足の場合はエプロン可)、手袋を装着する[11]。検体は三重梱包を行い、公用車・社用車等の自動車または「カテゴリーB」を取り扱う輸送業者を利用して送付する[10]

検査ツールの開発[編集]

ロシュ

2020年1月30日、スイスの製薬会社ロシュは、ウイルスの存在が浮上した時に分子診断医からなる緊急対応チームをスタートさせたと語った。提携先と協力し、スタッフがいれば数時間で診断できる検査ツールを開発した。中国では同ツールの使用に必要なハイテク装置が少なくとも150台必要なことが分かった。この検査ツールの利用に必要なハイテク装置「マグナピュア24」「ライトサイクラー480」などを増産している[12]

CDC
CDCの検査キット

2020年2月6日、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、本ウイルスの検査キットを開発し、国内外の検査機関に配布をはじめたと発表した。検査キットは通常のインフルエンザの診断で使用する機器で利用でき、4時間で結果が出る。1キットで700~800の検体を診断できる。それまでは採取した検体を国内の検査機関から受け取ってCDCが診断していたが、各検査機関の中で診断できるようになり迅速化する[13]

リアルタイムPCR

DNAを増幅しながら量も測れるリアルタイムPCRで新型コロナウイルスが検出できるということが報告され、WHOから25000のキットが159カ国の検査所に送られた[14]

島津製作所

2020年3月4日、島津製作所は従来のPCR検査薬に余分な成分の影響を受けないようにする薬品を加えることで前処理を省くことができる検査試薬を開発し、研究用としての供給を行うと発表した[15]。 4月10日、試薬キットを20日に発売すると発表した。2時間かかっていたのが1時間になる。月間10万検体分を生産する。5月以降は輸出も考えている [16]

ウイルス検出手順[編集]

国立感染症研究所が2020年2月5日に発表し、その後も改訂を続けている「病原体検出マニュアル 2019-nCoV」によれば、新型コロナウイルスの検出手順の概要は以下のようになる[17]

検体の取り扱いは、バイオセーフティーレベル(BSL)2+でおこなう[17]PCR検査法は2019-nCoVの遺伝子領域からオープンリーディングフレーム(ORF)1aとスパイクタンパク質(S)を検出する2-step RT-PCR 法(2ステップ逆転写ポリメラーゼ連鎖反応法)またはリアルタイム one-step RT-PCR 法(TaqMan プローブ法)が使用される[17]

RNAの抽出

キアゲン(QIAGEN)社のQIAamp Viral RNA Mini Kit (QIAGEN、Cat.No.52904)[18]を用いるが、他のRNA抽出キットでもよい。

2-step RT-PCR 法による定性的検出法

RT-PCRにより目的のサイズのバンドが現れた場合は陰性判定、バンドがあった場合、各施設における1例目についてはシークエンス解析を行ったうえで陽性判定、2例目以降は陽性判定。

それぞれ、類似品を用いることも可能。

リアルタイム one-step RT-PCR 法(TaqMan プローブ法)による2019-nCoVの検出

リアルタイムPCRでは、反応時間内に増幅曲線の立ちあがりが見られた場合に陽性となる。1つの検体から、プライマー濃度の異なる2サンプル(N、N2)を調整し、各2ウェルで反応させる。N2の一方あるいは両方で陽性の場合、陽性判定。N2が陰性でNのみ陽性だった場合は再試験推奨。N、N2ともに陰性だった場合は陰性判定。

  • QuantiTect Probe RT-PCR Kit (QIAGEN Cat#204443) [24]
  • AgPath-ID One-step RT-PCR Reagents (Thermo Cat# AM1005)[25]
  • TaqMan Fast Virus 1-Step Master Mix (Thermo Cat#4,444,432)[26]
  • One Step PrimeScript RT-PCR Kit (Perfect Real Time)(タカラバイオ Cat# RR064A)
  • THUNDERBIRD Probe One-step qRT-PCR Kit (東洋紡 Cat# QRZ-101)
  • Reliance One-Step Multiplex Supermix(Bio-Rad Cat# 12010220)

2019-nCoV検出に利用できる各反応試薬と機器の組合せが示され、他試薬でも検出感度が担保できれば使用可能。

簡易検査キット(抗原検査)[編集]

抗原抗体反応を利用したイムノクロマト法によりウイルスの抗原を検出できる簡易検査キットの開発が期待されていて、2020年3月8日、台湾で新型コロナウイルス抗原を認識するモノクローナル抗体の作成に成功したことを明らかにした[27]。原理はイムノアッセイで、鼻腔ぬぐい液、鼻腔吸引液、あるいは咽頭ぬぐい液を検体として用い、感染有無を15分から30分程度で判定可能。特殊な機器や技術を必要としないため、健康保険の適用で診療所(クリニック)での迅速検査が可能となる。

既にキット化された抗原は、A型インフルエンザウイルスB型インフルエンザウイルスA型β溶連菌RSウイルスアデノウイルスノロウイルスヒトメタニューモウイルス、などがある[28]

抗体検査[編集]

抗体検査のキット

新型コロナウイルスに対する抗体があるかどうかを調べる。陽性であれば、ウイルスに感染したことがあり、その結果、免疫力を獲得したことになると考えられている[29]

感染に対する免疫反応の一部は、IgMおよびIgGを含む抗体の産生である。これらの抗体は、症状発症後7日程度から始まる個人の感染を検出したり、免疫力を判定したり、集団サーベイランスで使用することができる[要出典]

アッセイは中央検査室(CLT)または臨床現場即時検査(PoCT)で実施することができる。多くの臨床検査室で使用されているハイスループット自動化システムは、これらのアッセイを実施することができるが、その利用可能性は各システムの生産速度に依存する。CLTでは末梢血の1検体が一般的に使用されるが、免疫反応を追跡するため、時間経過を追った検体を使用することもできる。PoCTでは、血液の単一検体は通常、皮膚穿刺によって得られる。PCR法とは異なり、アッセイ前の抽出ステップは必要ない。

米国では3月30日までに臨床現場即時検査検査が可能になることが期待されていた[30]

2020年3月9日現在、抗体を検出する血液検査が開発されている[31]。これまでに感染したことがあるかどうかの判定が可能になり、症状が出たかどうかに関係なく機能することが期待されている[31]。IgM抗体とIgG抗体の両方を検出することで、15分で結果が返ってくることが期待されている[32]

2020年3月下旬、Euroimmun Medical Laboratory Diagnostics社とEpitope Diagnostics社は、血液サンプル中のウイルスに対するIgGおよびIgA抗体を検出できる検査キットの欧州承認を取得した。検査能力は数時間以内に数百サンプルであるため、従来のウイルスRNAのPCRアッセイよりもはるかに高速である。抗体は通常、感染発症から14日後に検出可能である[33]

各国の検査体制[編集]

日本の検査体制[編集]

厚生労働省は2020年2月18日、1日に最大3,800人のPCR検査ができる体制を整備したと発表した[34]。しかし、2月18日から2月24日の間に実施された検査件数は約6,300件で、1日平均約900件だったため、各界から実態との乖離があるなどと批判された[35]

3月1日国立感染症研究所は「PCR検査の拡大を感染研OBが妨害している」「検査件数を抑えることで感染者数を少なく見せかけようとしている」といった主張は事実と異なり、職員や関係者を不当に扱うもので、対策へ悪影響を及ぼしていると反論した[36]

3月7日厚生労働省は、かかりつけ医が必要と考える場合は、すべての患者が検査を受けることができる十分な1日6,000件程度の検査能力を確保しているとし、3月末には8,000件を超えると発表した[37]

また、PCR検査の医療保険適用によって、帰国者・接触者相談センター(24時間対応)から紹介された帰国者、接触者外来で検査が必要とされたときは、保健所を経由することなく、民間の検査機関に直接、検査依頼を行うことが可能となった[37]。かかりつけの医者が検査が必要と判断した場合には、帰国者・接触者外来を紹介受診し、検査を行う[37]。地域の検査能力に限界があるために断られるということがないようにするとし、同時に、検査時間を大幅に短縮できる新しい簡易検査機器の開発を進めていくと述べた[37]

また、厚生労働省は疑似症報告制度を採用している[注 1]。この疑似症報告制度によるPCR検査実施人数には、退院時の確認検査や、疑似症報告に該当しない検査、クルーズ船やチャーター便に関する検査等は含まれておらず、実際の実施総数より少ないことに留意する必要がある[39][注 2]

3月27日現在のPCR検査実施人数(累計)は27,005件、確認検査等を含む累計は46,869件(2月18日〜3月25日分)[41]

中華人民共和国の検査体制[編集]

2月14日中国国家衛生健康委員会副主任・曽益新は、国内の無症状病原体保有者について情報公開対象外であるとし、保健当局の内部のみで報告すると説明した[42]。PCR検査で陽性であっても発熱や咳のような症状がなければ感染者として発表しないという基準に変更された[43][44][45]。2月末時点で中国の無症状感染者4万3000人が統計から除外されており、公式発表の8万人に無症状者を含めると感染者数は12万人を超える[46]

3月15日に北京大学姚洋国家発展研究院長は論文で「地方当局者は『新たな感染者を1人でも出せば処分する』という指令を受けている」と異例の指摘をした[43][44][信頼性要検証]湖北省では3月18日-19日に新たな感染者が確認されていないが、中国は感染症鎮圧の目標達成を装うために統計を改ざんしていると指摘された[43][45][44][信頼性要検証]

韓国の検査体制[編集]

韓国の屋外検査場 (2020年3月11日撮影)

2020年3月までに韓国では21万人以上が検査を受け、現在も毎日約2万人を検査している[47]

イギリスの検査体制[編集]

2020年3月までにイギリスでは2万9700人以上が検査を受け、1日の検査人数は1000人を超える[47]

アメリカの検査体制[編集]

アメリカニューヨーク州での検査。アメリカ陸軍アメリカ空軍が協力している。 (2020年3月14日撮影)
アメリカルイジアナ州での検査 (2020年3月19日撮影)

アメリカ合衆国では2020年1月以降、1万1079個の検体が調べられた(CDC発表)[47]。ただ、患者1人が少なくとも2つの検体を提出するのが一般的なため、検査を受けた人数は検体数より少ないとされる[47]。民間の病院での検査はCDCに報告されないケースもあり、当局は全体の把握が難しいとしている[47]ハーバード大学の医療専門家アシシュ・ジャー英語版は「アメリカは主要国の中で、唯一、感染者がどこで誰と接触したのかを調べるための追跡システムを持っていない」と指摘している[48]

アメリカは1月、WHOが承認した検査キットの使用を断り、CDCが独自に検査を開発したが、その製造過程において欠陥が見つかり、多くの検査結果が判定不能となった[47]。3月に感染が拡大してからは、検体を取るための綿棒や手袋も不足し、CDCは「十分な器具も人も内部能力もない」「公衆衛生の研究所に対する投資が少な過ぎた」と述べた[47]

3月12日、アメリカ国立アレルギー感染症研究所アンソニー・ファウチは、現在の米国の検査体制は必要に即していない、「他の国のように、誰もが簡単に(検査を)受けられるという体制になっていない」と述べた[47]

また、ワシントン大学病院のアレックス・アダミ博士は、今回の感染症の予防、検査、治療法について「誰も実際に訓練を受けた人はいなかった」と述べ、その結果、院内感染が発生したという[47]。病院は当初、新型ウイルスに対応するスタッフは少ない方が、感染のリスクを限定できると判断していた[47]。アダミ博士は、「他の病院は私たちの例を見て、『どうすれば、もっとうまくいく?』と考えてほしい。国民には私たちの例から、後手後手に回るのではなく早め早めの対応が必要だと学んでほしい」と述べた[47]

ドイツの検査体制[編集]

ドイツミュンヘンの屋外検査場の様子 (2020年4月1日撮影)

3月26日時点でドイツにおける検査実施数は週に50万件にのぼる[49]。シャリテ大学病院ウイルス学研究所長クリスチャン・ドロステンは「ドイツで感染者に比して死者がここまで少ないのは、診断検査を非常に大規模に実施している事実によって説明し得る」と述べた[49]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 疑似症とは「感染症を疑わせるような症状のうち、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断したもの」と定義される[38]
  2. ^ 例えば2月18日から3月11日までのPCR検査実施件数の総数は25,456件であったが、退院時の確認検査などは含まない場合は10,024件となる[40]

出典[編集]

  1. ^ Guan, Wei-Jie; Ni, Zheng-Yi; Hu, Yu; Liang, Wen-Hua; Ou, Chun-Quan; He, Jian-Xing; Liu, Lei; Shan, Hong et al. (2020-02-28). “Clinical Characteristics of Coronavirus Disease 2019 in China”. The New England Journal of Medicine. doi:10.1056/NEJMoa2002032. ISSN 1533-4406. PMID 32109013. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32109013. 
  2. ^ 「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体検査試薬キット」の販売開始について”. クラボウ (2020年3月12日). 2020年3月17日閲覧。
  3. ^ doi:10.1148/radiol.2020200230
  4. ^ 新型コロナ感染症、胸部CTの特徴”. メディカルトリビューン (2020年2月12日). 2020年2月13日閲覧。
  5. ^ 新型コロナ感染で「胸膜下のすりガラス様の影や湿潤影」 国立国際医療センター・忽那氏 ミクスOnline 2020年2月14日
  6. ^ 胸部X線画像で新型コロナ診断へ、AI企業らがニューラルネット公開 MIT Technology Review 2020年3月26日
  7. ^ Lung Ultrasound for COVID-19 Pneumonia Diagnosis? Diagnosis Imaging 2020年3月19日
  8. ^ COVID-19 outbreak: less stethoscope, more ultrasound ランセット 2020年3月20日
  9. ^ Wang, Wenling; Xu, Yanli; Gao, Ruqin; Lu, Roujian; Han, Kai; Wu, Guizhen; Tan, Wenjie (2020-03-11). “Detection of SARS-CoV-2 in Different Types of Clinical Specimens” (英語). JAMA. doi:10.1001/jama.2020.3786. https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2762997. 
  10. ^ a b “[https://www.niid.go.jp/niid/images/pathol/pdf/2019-nCoV_200316.pdf 2019-nCoV (新型コロナウイルス)感染を疑う患者の 検体採取・輸送マニュアル 〜2020/03/16 更新版〜]”. 2020年3月22日閲覧。
  11. ^ a b “[https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/2019nCoV-01-200319.pdf 新型コロナウイルス感染症に対する感染管理 改訂 2020 年 3 月 19 日]”. 2020年3月22日閲覧。
  12. ^ ロシュの新型ウイルス検査ツール、診断の加速化に寄与する可能性”. ブルームバーグ (2020年1月30日). 2020年2月8日閲覧。
  13. ^ 米当局、新型ウイルスの検査キット配布 4時間で診断”. 日本経済新聞 (2020年2月7日). 2020年2月8日閲覧。
  14. ^ 新型コロナウイルス神宮外苑ミネルバクリニック,2020-02-23|accessdate=2020-02-27|language=ja}}
  15. ^ 新型ウイルスを今より短時間で検査の試薬開発 島津製作所2020年3月4日 18時30分NHK
  16. ^ 京都新聞2020年4月11日朝刊p13
  17. ^ a b c 国立感染症研究所新型コロナウイルス感染症に関するレファレンス業務関連文書 (2020年4月16日)
  18. ^ QIAamp Viral RNA Mini Kit 製品詳細QUIAGEN
  19. ^ SuperScript IV Reverse TranscriptaseThermo
  20. ^ Quick Taq HS DymixToyobo
  21. ^ PrimeScript RT reagent Kit (Perfect Real Time), Takara RR037A(タカラバイオ)
  22. ^ PerfectShot Ex Taq(Loading dye mix), Takara RR005A (タカラバイオ)
  23. ^ Wizard SV Gel and PCR Clean-Up System, Promega A9281(プロメガ)
  24. ^ QuantiTect® Probe RT-PCR KitQIAGEN
  25. ^ AgPath-ID One-step RT-PCR ReagentsThermo
  26. ^ TaqMan Fast Virus 1-Step Master MixThermo
  27. ^ “中央研究院、新型コロナ簡易検査キット開発につながるモノクローナル抗体の作製に成功”. TAIWAN TODAY. (2020年3月9日). https://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=148,149,150,151,152&post=172965 2020年4月1日閲覧。 
  28. ^ 感染症迅速検査キット 積水メディカル株式会社
  29. ^ “ドイツの研究者らが「免疫証明書」発行を提案…抗体保持者をロックダウンから優先的に解放”. Business Insider. (2020年4月1日). https://www.businessinsider.jp/post-210348 2020年4月1日閲覧。 
  30. ^ Coronavirus (COVID-19) Update: FDA Issues first Emergency Use Authorization for Point of Care Diagnostic” (英語). FDA (2020年3月21日). 2020年3月23日閲覧。
  31. ^ a b Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)” (英語). Centers for Disease Control and Prevention (2020年2月11日). 2020年3月20日閲覧。
  32. ^ Li, Z.; Yi, Y.; Luo, X.; Xiong, N.; Liu, Y.; Li, S.; Sun, R.; Wang, Y. et al. (2020). “Development and Clinical Application of a Rapid IgM-IgG Combined Antibody Test for SARS-CoV-2 Infection Diagnosis”. Journal of Medical Virology. doi:10.1002/jmv.25727. PMID 32104917. 
  33. ^ Fellmann F. (March 2020). (in German) "Jetzt beginnt die Suche nach den Genesenen". Tages Anzeiger. Retrieved 28 March 2020.
  34. ^ 新型ウイルス 検査体制拡充 最大一日3800人検査可能に NHKニュース 2020年2月18日
  35. ^ 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 説明大きく下回り野党批判 毎日新聞 2020年2月26日
  36. ^ 新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査に関する報道の事実誤認について 国立感染症研究所 2020年3月1日
  37. ^ a b c d 新型コロナウイルスQ&A : PCR検査数は増えたか。「検査したくても保健所で断られた」との指摘があるが、保険適用で変わるのか?」厚生労働省、令和2年3月7日
  38. ^ 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14 条、疑似症サーベイランスの運用ガイダンス(第三版) 国立感染症研究所 2020年1月10日
  39. ^ 厚生労働省「国内の発生状況」 令和2年3月7日12:00時点の情報より
  40. ^ 新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年3月13日版)
  41. ^ 新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年3月27日版)
  42. ^ 国務院での記者会見无症状感染者为何不列入确诊名单?卫健委这么回应 - 21财经”. m.21jingji.com (2020年2月14日). 2020年2月19日閲覧。
  43. ^ a b c 新型コロナ、無症状は発表対象外 武漢で4日連続感染者「ゼロ」―中国時事ドットコム2020年3月22日
  44. ^ a b c 感染ゼロ要求「地方当局者が委縮」 中国シンクタンクが異例の指摘毎日新聞2020年3月20日22時40分
  45. ^ a b 北京大院長、「感染ゼロ」圧力を批判 異例の論文発表産経新聞2020.3.20 19:06
  46. ^ 中国、4万3000人計上せず 無症状の感染者除外で―香港紙報道時事ドットコム2020年3月23日5時41分
  47. ^ a b c d e f g h i j k アメリカの新型ウイルス検査は「失敗している」 保健当局トップが認める BBC News (2020年3月13日)
  48. ^ Sarah Al-Arshani (2020年6月11日). “A Harvard health expert predicts an additional 100,000 US coronavirus deaths by September” (英語). ビジネスインサイダー. https://www.businessinsider.com/harvard-expert-predicts-coronavirus-deaths-in-us-by-september-2020-6 2020年6月14日閲覧。 
  49. ^ a b ドイツ、新型ウイルス検査を強化 週に50万件AFP2020年3月26日 21:22

関連項目[編集]

外部リンク[編集]