GCCR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GCCR(正式名称 Global Consortium for Chemosensory Research、化学感覚研究のための国際コンソーシアム)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行を受けて設立された。オープンサイエンスの枠組みの元、有志の科学者、医師、医療関係者が新型コロナウイルスと味覚・嗅覚の関連を明らかにするための研究活動を行っている。52か国424人[1]が参画している(2020年4月29日現在)。

活動[編集]

  • 味覚・嗅覚の研究における国際協力の促進
  • 味覚・嗅覚の研究活動
  • 新型コロナウイルスと味覚・嗅覚の関連についての情報発信[2][3]
  • 呼吸器系疾患と味覚・嗅覚症状についてのアンケート調査[4]

主な関連機構[編集]

脚注[編集]

  1. ^ GCCR 参加国”. GCCR. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ Covid-19 Smell and Taste Loss”. GCCR. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ More than just smell - COVID-19 is associated with severe impairment of smell, taste, and chemesthesis”. Medical Archive. 2020年5月9日閲覧。
  4. ^ 呼吸器系の疾患と、嗅覚、味覚、食品の風味の感じ方の変化に関する国際調査

関連項目[編集]

外部リンク[編集]