SARSコロナウイルス2-ゼータ株

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SARSコロナウイルス2-ゼータ株(サーズコロナウイルスツー ゼータかぶ、英語: SARS-CoV-2 Zeta variant、別名: 系統 P.2系統 B.1.1.28.220B/S.484K)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因ウイルスとして知られるSARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) の変異株である。ブラジルリオデジャネイロ州で最初に検出された。

世界保健機関(WHO)は注目すべき変異株(VOI)に指定し、WHOラベルではゼータ株(Zeta variant)に分類していた[1]が、2021年7月にVOIから除外された[1][2][3]

E484K変異は含まれているが、N501Y及びK417T変異は含まれていない。また、マナウスガンマ株(系統 P.1)に直接関係することはなく、リオデジャネイロで独立して進化したと考えられる[4][5]

分類[編集]

命名[編集]

2020年4月、この系統がブラジルのリオデジャネイロ州で初めて記録され、後に系統 P.2lineage P.2)と命名された[1][6]。2021年5月末、WHOは懸念される変異株(VOC)や注目すべき変異株(VOI)にギリシャ文字を使用する新しい方針を導入した後、系統 P.2に対しゼータ(ζ:Zeta)のラベルを割り当てた[1][6]

変異[編集]

ゼータ株のゲノムには、E484K・D614G・V1176Fの3つのアミノ酸変異があり、これらはすべてウイルススパイクタンパク質コードに含まれている[7]アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、F565Lはすべてではないが、一部のゼータ変異株配列で検出されている[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Tracking SARS-CoV-2 variants” (英語). who.int. World Health Organization. 2021年10月1日閲覧。
  2. ^ 感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規変異株について (第11報) - 国立感染症研究所 (2021年7⽉17⽇) 、2021年8月15日閲覧。
  3. ^ 当センターにおける新型コロナウイルス変異株のスクリーニング検査結果について(2021年10月12日更新)”. 東京都健康安全研究センター. 2021年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月13日閲覧。
  4. ^ PANGO lineages Lineage P.2”. COV lineages. 2021年1月28日閲覧。 “P.2… Alias of B.1.1.28.2, Brazilian lineage”
  5. ^ Voloch, Carolina M.; da Silva Francisco, Ronaldo; de Almeida, Luiz G. P.; Cardoso, Cynthia C.; Brustolini, Otavio J.; Gerber, Alexandra L.; Guimarães, Ana Paula de C.; Mariani, Diana et al. (2021-04-26). “Genomic Characterization of a Novel SARS-CoV-2 Lineage from Rio de Janeiro, Brazil”. Journal of Virology 95 (10). doi:10.1128/JVI.00119-21. ISSN 0022-538X. PMC 8139668. PMID 33649194. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8139668/. 
  6. ^ a b “新型コロナウイルス感染症の世界の状況報告”. 厚生労働省. (2021年6月8日). https://www.forth.go.jp/topics/20210611.html 2021年10月2日閲覧。 
  7. ^ a b Spike Variants: Zeta variant, aka P.2”. covdb.stanford.edu. Stanford University Coronavirus Antiviral & Resistance Database (2021年7月1日). 2021年7月5日閲覧。
  8. ^ SARS-CoV-2 Variant Classifications and Definitions”. CDC.gov. Centers for Disease Control and Prevention. 2021年7月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]