EpiVacCorona

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
EpiVacCorona
Epivakkorona ampule (cropped).jpg
ワクチン概要
病気 新型コロナウイルス感染症
種別 サブユニット
臨床データ
販売名 EpiVacCorona
法的規制
投与方法 筋肉内注射
識別
ATCコード None
DrugBank DB16439
テンプレートを表示

EpiVacCorona(エピバックコロナ、ロシア語: ЭпиВакКорона, ラテン EpiVakKorona)は、ロシアのベクター・インスティテュートが開発したCOVID-19ワクチンである[1][2][3]。EpiVacCoronaワクチンは、ウイルス合成ペプチド抗原から抽出されたフラグメント(断片)を含んでいる。この抗原を用いたワクチンは、COVID-19に対する免疫反応を誘発し、免疫のさらなる活性化を促進する[4]

説明[編集]

EpiVacCoronaは、ペプチド抗原に基づくワクチンである[5]。したがって、このワクチンは生きたウイルスを含まず、人工的に合成されたペプチドを使用することで免疫を形成する[5]

開発[編集]

2020年3月、ロシアの科学者が新型コロナウイルス感染症のワクチン試作品のテストを開始し、最も効果的なものを6月に発表する計画であると、ベクター・インスティテュートの研究所長が語ったと報じられた。その試作品ができて、動物実験が始まった[6]

2020年7月、ベクター・インスティテュートの研究者は、COVID-19の原因となるSARS-CoV-2ウイルスが、72時間以内に常温の水中で死滅する可能性があることを発見し、パンデミック時の病気に関するさらなる研究に役立っている[7][8]

承認[編集]

2020年10月14日、ウラジーミル・プーチン大統領はワクチンが承認されたと発表した[9]

疑問と懸念[編集]

ロシア連邦消費者権利・人間福利保護管理庁(Rospotrebnadzor、ロシア消費監督庁と略す)は100%の有効性を主張しているが[10]、現在のところ試験に関する出版物はない。

ジャーナリストや一般市民から多くの懸念が寄せられた。EpiVacCorona第III相臨床試験の登録後、被験者は、保健省、ロシア消費監督庁、ベクター・インスティテュートに公開書簡を送った。彼らのサンプルでは、研究への参加を記録した人のうち50%以上が抗体検査で陰性を示したが、プラセボ投与を受けたのは25%の人だけであったと彼らは主張している。ベクター・インスティテュートは、必要な抗体を自身の検査システムでのみ検出できるとしているが、それは秘密にされている[11][12]

このワクチンは、2020年12月7日に特許を取得した[13]。著者は12名で、うち1名はロシア消費監督庁のトップの名前であり[14]、ワクチン候補を承認する政府組織であるため、問題となる可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ Study of the Safety, Reactogenicity and Immunogenicity of "EpiVacCorona" Vaccine for the Prevention of COVID-19 (EpiVacCorona)”. ClinicalTrials.gov. United States National Library of Medicine (2020年9月22日). 2020年11月16日閲覧。
  2. ^ “Russian EpiVacCorona Vaccine Has No Adverse Effects” (英語). OREANDA-NEWS. (2021年1月13日). https://www.oreanda.ru/en/gosudarstvo/russian-epivaccorona-vaccine-has-no-adverse-effects/article1354486/ 
  3. ^ “Over 1,400 volunteers get Russia's first EpiVacCorona vaccine jab” (英語). TASS. (2020年12月15日). https://tass.com/society/1235115 
  4. ^ “State Research Center of Virology and Biotechnology: COVID-19 Vaccine Patented”. Federal Service for Intellectual Property. (2020年9月30日). https://rospatent.gov.ru/en/news/vektor-zapatentoval-vakcinu-sars-cov 2021年1月17日閲覧。 
  5. ^ a b Russia's EpiVacCorona vaccine post-registration trials started”. www.thepharmaletter.com. 2021年3月12日閲覧。
  6. ^ Russia to test coronavirus vaccine prototype on animals”. 2020年3月17日閲覧。
  7. ^ Scientists figure out a weakness of coronavirus: Ordinary water” (英語). mint (2020年8月1日). 2020年9月23日閲覧。
  8. ^ Water at boiling temperature can completely destroy novel coronavirus, say Russian scientists” (英語). www.timesnownews.com. 2020年9月23日閲覧。
  9. ^ “Совещание с членами Правительства”. President of Russia. (2020年10月14日). http://kremlin.ru/events/president/news/64203 
  10. ^ Роспотребнадзор заявил о 100-процентной эффективности вакцины "ЭпиВакКорона"”. www.kommersant.ru (2021年1月19日). 2021年1月19日閲覧。
  11. ^ О. Дьяконова (2021年2月13日). “Нет антител, вопросы к составу, непрозрачность данных. Что не так с вакциной "ЭпиВакКорона"”. BBC. 2021年2月13日閲覧。
  12. ^ https://epivakorona.com/openletter.htm
  13. ^ https://new.fips.ru/ofpstorage/Doc/IZPM/RUNWC1/000/000/002/738/081/%D0%98%D0%97-02738081-00001/document.pdf
  14. ^ Вакцина-плацебо от Роспотребнадзора – МБХ медиа” (2021年2月20日). 2021年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]

ScholiaにはEpiVacCorona (Q98947046)に関するプロフィールがあります。