ワクチン・検査パッケージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワクチン・検査パッケージ制度(わくちんけんさぱっけーじせいど)は、新型コロナウイルスワクチン2回接種済証明書PCR検査での陰性証明書の提示を条件に行動制限の緩和を認めることにより、社会経済活動の再開を図ることを目的とする日本国政府による経済政策である。

概要[編集]

2021年9月3日、新型コロナウイルス感染症対策分科会ワクチンを2回接種した人等の行動制限を緩和する案が議論された[1]。提言では、ワクチンの2回接種が済んでいるか、PCR検査で陰性となった人は感染させるリスクが低いとして、行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ制度」を社会経済活動の再開を目指す首相官邸の強い意向も踏まえて、提言案を取りまとめた[2]

活用される例としては県境を越える出張や旅行、全国各地から人が集まる大規模イベント、大人数での会食等を対象項目とし、ワクチンの希望者が行き渡った11月に導入された[3]が、ワクチンの2回接種では感染予防効果が十分でないとされるオミクロン株の感染が急拡大したため、2022年1月から運用を原則停止している[4]

2022年2月25日、新型コロナウイルス感染症対策分科会は、「ワクチン・検査パッケージ」に代わる新たな行動制限緩和策「ワクチン/検査制度」(仮称)の検討に着手した[4]。 

脚注[編集]

  1. ^ ワクチン接種で“制限”緩和?旅行や宴会も”. 日テレNEWS24. 日本テレビ (2021年9月3日). 2021年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月4日閲覧。
  2. ^ 新たな対策緩和案、専門家ら反発し大幅削除 官邸は緩和拡大要望 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
  3. ^ ワクチン接種2回で旅行・会食OK 分科会が行動制限緩和を提言”. FNNプライムオンライン. フジ・ニュース・ネットワーク (2021年9月4日). 2021年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月6日閲覧。
  4. ^ a b 行動制限緩和へ新制度検討 政府、「第7波」に備え 新型コロナ(時事通信)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]