オペレーション・ワープ・スピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2019年新型コロナウイルス感染症
Symptoms of coronavirus disease 2019.svg
2019年新型コロナウイルス感染症の症状
症候学 発熱疲労空咳息切れ
原因 SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2)
診断法 PCR法LAMP法抗原検査
新型コロナウイルスの構造[1]
  赤い突起はスパイクタンパク (S)
  灰色の被膜はエンベロープ(主成分は脂質でアルコールや石鹸で破壊できる)
  黄色の付着物はエンベロープタンパク
  オレンジの付着物は膜タンパク質

オペレーション・ワープ・スピード: Operation Warp Speed、略称: OWS)は、COVID-19ワクチン、治療法、診断法(医療対策)の開発、生産、流通の加速を目的とするアメリカ合衆国連邦政府による国家プログラム[2]

概要[編集]

これはCOVID-19のワクチン、治療法、診断法(医療対策)の開発、生産、流通の加速を目的とする国家プログラムで、アメリカ合衆国の研究機関である疾病対策センター(CDC)、国立衛生研究所(NIH)、生物医学先端研究開発局(BARDA)、食品医薬品局(FDA)、国防総省(DOD)、農務省(USDA)、エネルギー省(DOE)、退役軍人省(VA)の連邦政府機関と民間企業が、総力を結集してワクチンの開発に取り組む[2]

2020年5月15日にモンセフ・スラウイ博士 (Moncef Slaoui) が最高顧問 (CA) として、またギュスターブ・ペルナ将軍 (Gustave F. Perna) が最高執行責任者 (COO) として任命された[2]トランプ政権からバイデン政権への政権交代に伴い2021年2月末に、ワープスピード作戦の責任は、ホワイトハウスのCOVID-19対応チームに移管された。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 板倉龍『猛威を振るう「新型コロナウイルス」』ニュートン2020年4月号
  2. ^ a b c トランプ政権がオペレーション・ワープ・スピードの枠組みと責任者を発表”. 研究開発戦略センター(CRDS) (2020年7月29日). 2021年3月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]