コロナ禍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コロナ禍(コロナか)とは、2019年令和元年)末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1][2]

「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス」[3]SARSコロナウイルス2)を意味し、「」は「災い」や「災難」「不幸できごと」を意味することば[4]で、さまざまな名詞後置されて「○○禍(か)」という複合語[5]を形成する(例:禍(水害洪水)、禍(戦争)など)。

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞インターネット上において広く用いられるようになった[6][注釈 1][注釈 2](なお、その一方で放送界・出版界自ら「コロナ禍」の語の無限定な用法に対し、抑制的な姿勢や自己点検の動きを示す例も見受けられた[7][8])。

「コロナ禍」という単語は誤った表記がなされることも多い。代表的な誤りは「禍」のしめすへんさんずいの「」と間違え、「コロナ渦(コロナうず、コロナか)」と表記するものである[9]立川市議会の久保田学市議は「禍」を「」(かねへん)と間違え、「コロナ鍋(コロナなべ)」と発言している[10]

大辞泉が選ぶ新語大賞2020[編集]

小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部教授の田中牧郎は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。また田中教授は日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 行政によるインターネット上の発信では、 など。
  2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、 など。

出典[編集]

  1. ^ 滝島 2020, ll.1-2.
  2. ^ 新型コロナウイルス禍の略称。
  3. ^ 滝島 2020, l.2.
  4. ^ 滝島 2020, l.1.
  5. ^ 滝島 2020, ll.24-25.
  6. ^ 滝島 2020, ll2-4.
  7. ^ 中島沙織 (2021-05). “第1449回(東京・リモート開催)“コロナ禍”“重用”について〔意見交換〕” (PDF). 放送研究と調査. 放送用語委員会 (NHK放送文化研究所) 71 (5): 58-62. NAID 40022575159. https://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/pdf/20210601_2.pdf 2022年4月12日閲覧。. 
  8. ^ “コロナ禍、それともコロナ下? 悩ましい報道の言葉”. 朝日新聞デジタル. (2021年2月28日). オリジナルの2021年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210805042347/https://www.asahi.com/articles/ASP2W51XTP2QULPF002.html 2022年4月12日閲覧。 
  9. ^ 岩下勉 (2020年6月27日). “「コロナ渦(うず)」ではありません 「禍」の間違い多発”. 熊本日日新聞. https://nordot.app/649414197045445729?c=92619697908483575 2021年8月4日閲覧。 
  10. ^ 間違えた場面の動画が添付された本人のツイート(2020.9.9、当時立川市議会の久保田学市議)
  11. ^ “国語辞典『大辞泉』が選ぶ今年の新語大賞は【三密】に決定! 次点は【コロナ禍】 最多投稿数は【経年美化】” (プレスリリース), 小学館, (2020年12月1日), https://kyodonewsprwire.jp/release/202011287823 2020年12月1日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]