コロナ債

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コロナ債(-さい)とは、2020年世界的流行となった新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)対策に関する資金調達のための債券[1][2][3][4]

概要[編集]

欧州では、イタリアやスペインがEUによる共通債として発行を求めている。フランスが支持する一方で、ドイツやオランダは反対している[5]

米国においては、資金調達のために戦時国債という位置付けでの国債発行が検討されている。

日本においても国民民主党玉木雄一郎代表等によってコロナ債の発行が議論されている。

他方でアフリカ開発銀行(AfDB)等の国際機関は、新型コロナウイルスに関連した支援を目的とした債券の発行を実施している[6]

脚注[編集]

  1. ^ コロナ債、世界で13兆円規模 10カ国が国債で費…(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年7月10日閲覧。
  2. ^ コロナ債とは” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年7月10日閲覧。
  3. ^ 「コロナ債」600億円発行へ 中小企業支援に活用―三菱UFJ:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年7月10日閲覧。
  4. ^ イタリア問題とコロナ債発行議論の帰趨” (日本語). www.nri.com. 2020年7月10日閲覧。
  5. ^ コロナ危機、経済再建へ財源焦点 共通債めぐり溝―23日にEU首脳会議:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年4月25日閲覧。
  6. ^ 国際機関が「コロナ債」 医療体制構築や資金繰…(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]