SARSコロナウイルス2-ミュー株

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

SARSコロナウイルス2-ミュー株(サーズコロナウイルスツー ミューかぶ、英語: SARS-CoV-2 Mu variant、別名: 系統 B.1.621VUI-21JUL-1)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスであるSARSコロナウイルス2(SARS-CoV-2)の変異株である。2021年1月にコロンビアで最初に検出された。世界保健機関(WHO)のラベルでは、ミュー株Mu variant)に分類されている[1]

この株についてWHOは2021年8月30日、注目すべき変異株VOI)に指定した[1]。さらに現在のワクチンに対する耐性のリスクを示す変異があるとし、その理解を深めるためにはさらなる研究が必要であると強調している[2]。同年9月1日時点では、主に南米ヨーロッパにおいて発生が報告されている[3][4]

系統 B.1.621には、PANGO英語版の命名法によりB.1.621.1と付けられた亜系統があり、すでに20か国以上で検出されている[5]

分類[編集]

命名[編集]

2021年1月、この系統がコロンビアで初めて記録され、後に系統 B.1.621lineage B.1.621)と命名された[1][6]

同年7月1日、イングランド公衆衛生庁英語版(PHE)が系統 B.1.621をVUI-21JUL-1と命名した[7]

同年8月30日、WHOが懸念される変異株(VOC)や注目すべき変異株(VOI)にギリシャ文字を使用する方針に基づき、VOIに指定された系統 B.1.621に対しミュー(μ:Mu)のラベルを割り当てた[1]

変異[編集]

ミュー株のゲノムには、計21の変異があり、その内9つのアミノ酸変異がウイルスのスパイクタンパク質遺伝子上に生じている。スパイクタンパク質上の変異の内訳は、T95I, Y144S, Y145N, R346K, E484Kやエスケープ変異N501Y, D614G, P681H, D109Nである[8]。ウイルスの変異は新しいものではない。SARS-CoV-2を含む全てのウイルスは時間の経過とともに変化する。これらの変化のほとんどは取るに足らないものであるが、ウイルスの毒性を強めたり、治療やワクチンから逃れたりするために特性を変化させるものもある[3]ローマの研究所で行われた研究では、バイオンテックとファイザーのワクチンのミュー株に対する有効性を検証し、「スパイクにいくつかの変異があるが、ミュー株はファイザーのワクチンにより引き出される抗体により中和される」とするものの、その有効性は他のSARS-CoV-2変異株よりも低いとしている[9]

ミュー株の特徴的な変異[8]
遺伝子 アミノ酸
ORF1a T1055A
T1538I
T3255I
Q3729R
ORF1b P314L
P1342S
S T95I
Y144S
Y145N
R346K
E484K
N501Y
D614G
P681H
D950N
ORF3a Q57H
del257/257
ORF8 T11K
P38S
S67F
N T205I

日本での感染確認[編集]

厚生労働省は2021年9月1日、日本でミュー株の感染者が2人確認されていたことを明らかにした。2人のうち1人は6月26日に成田空港に到着し、アラブ首長国連邦に滞在歴があった40代の女性、もう1人は7月5日に羽田空港に到着し、イギリスに滞在歴があった50代の女性で、2人とも無症状であった[11]

統計[編集]

国別の感染者数(2021年9月3日時点)
確認数[8][12] 確認数(他の情報源)
 アメリカ合衆国 2,024
 コロンビア 850
 スペイン 475
 メキシコ 357
 エクアドル 168
 アルバ 84
 イタリア 77
 チリ 72
 オランダ 72
 イギリス 55
 プエルトリコ 50
 オーストリア 49
 コスタリカ 49
 スイス 48
 カナダ 69
 ドミニカ共和国 43
 ベルギー 35
 ポルトガル 24
 イギリス領ヴァージン諸島 21
 キュラソー 20
 ドイツ 14
 ペルー 13
 フランス 16
 ブラジル 10
オランダ領カリブ 8
 デンマーク 7
 ギリシャ 6[13]
 ポーランド 6
 ベネズエラ 5
 アイルランド 4
 フィンランド 3
 シント・マールテン 3
 スロバキア 3
 スウェーデン 4
 ケイマン諸島 2
 香港 2 3[14]
 日本 2 2[11]
 トルコ 2
 ジブラルタル 1
 リヒテンシュタイン 1
 ルクセンブルク 1
 マルタ 1
 ルーマニア 1
 タークス・カイコス諸島 1
 台湾 1[15]
合計 4,752
(3,886 B.1.621 / 866 B.1.621.1)
12

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Tracking SARS-CoV-2 variants” (英語). who.int. World Health Organization. 2021年9月1日閲覧。
  2. ^ “WHO monitoring new coronavirus variant named 'Mu'” (英語). france24.com. (2021年9月1日). https://www.france24.com/en/health/20210901-new-coronavirus-variant-mu-under-close-scrutiny-by-who 2021年9月1日閲覧。 
  3. ^ a b “Why Has WHO Designated 'Mu' A Variant Of Concern? Find Out All About It” (英語). ndtv.com. (2021年9月1日). https://www.ndtv.com/world-news/who-designates-mu-a-variant-of-concern-know-all-about-it-here-2526194 2021年9月1日閲覧。 
  4. ^ “What is the Mu variant of COVID-19?” (英語). www.abc.net.au. (2021年9月1日). https://www.abc.net.au/news/2021-09-01/what-is-the-mu-variant-covid-delta-who/100424026 2021年9月1日閲覧。 
  5. ^ Lineage B.1.621.1” (英語). cov-lineages.org. 2021年9月1日閲覧。
  6. ^ Mu COVID variant: All you need to know about the new UK coronavirus strain” (英語). BBC Science Focus Magazine. 2021年9月1日閲覧。
  7. ^ Variants: distribution of cases data”. gov.uk. Government Digital Service. 2021年9月1日閲覧。
  8. ^ a b c Mu Lineage Report”. outbreak.info. 2021年9月1日閲覧。
  9. ^ Mu COVID variant: All you need to know about the new UK coronavirus strain” (英語). BBC Science Focus Magazine. 2021年9月1日閲覧。
  10. ^ SARS-CoV-2 variants - Stanford Coronavirus Antiviral & Resistance Database”. covdb.stanford.edu. Stanford University Coronavirus Antiviral & Resistance Database. 2021年9月1日閲覧。
  11. ^ a b “コロナ変異株の「ミュー株」を国内初確認 6月と7月”. 東京新聞. (2021年9月1日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/128324?rct=national 2021年9月4日閲覧。 
  12. ^ B.1.621.1 Lineage Report”. outbreak.info. 2021年9月2日閲覧。
  13. ^ Κορονοϊός - Μετάλλαξη Mu: Έξι κρούσματα στην Ελλάδα - Πού εντοπίστηκαν” (greek). ethnos.gr. 2021年9月3日閲覧。
  14. ^ Coronavirus: three cases of new Mu variant found in Hong Kong arrivals, authorities reveal” (英語). South China Morning Post. 2021年9月3日閲覧。
  15. ^ “Taiwan reports its 1st imported case of Mu COVID variant”. Taiwan News. https://www.taiwannews.com.tw/en/news/4280853 2021年9月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]