雇用調整助成金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雇用調整助成金(こようちょうせいじょせいきん)とは、労働者失業防止のために日本国政府事業主に対して給付する助成金

定義[編集]

景気変動や金融危機などの理由で企業収益が悪化し、被雇用者を一時的に休業・教育訓練出向させる場合に、日本国政府がその費用の一部を負担するというもの。

制度の沿革[編集]

  • 1975年(昭和50年) - 雇用調整給付金として創設
  • 1981年(昭和56年) - 雇用調整助成金となる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]