職務給

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

職務給(しょくむきゅう)とは、従事する仕事の内容や職務の価値で決定する賃金である。

概要[編集]

欧米で広く採り入れられており、日本における属人的な「職能給」「年齢給」とは対をなす賃金制度である[1]

職務ごとに、その価値、難易度などによって賃金があらかじめ決まっており、労働者はより条件の良い職位を求めて昇格あるいは転職する。「職能給」や「年齢給」とは異なり説明性、客観性が高いのが特徴である。

EU諸国では法令により、同一職務における時間当たりの賃金が、企業規模や雇用形態(フルタイムパートタイム派遣など)を問わず、産業横断的に統一されている。これがすなわち同一労働同一賃金の原則である。

脚注[編集]

  1. ^ 日本でも非正規雇用については職務給である。また、公務員の特別職指定職も、ポストごとにただ一つの給与が対応するため職務給といえる。

参考文献[編集]

  • 手島勝彦『職務給制度の研究』大学教育出版、1997年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]