グレートバリントン宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレートバリントン宣言

グレートバリントン宣言英語: Great Barrington Declaration)は、新型コロナウイルス感染症への対応についての政策提言である。同宣言は、2020年10月4日にアメリカ合衆国マサチューセッツ州グレートバーリントン英語版米国経済研究所英語版(AIER)でオックスフォード大学スネトラ・グプタ英語版教授やハーバード大学のマーティン・クルドルフ教授やスタンフォード大学のジェイ・バッタチャリヤ教授によって作成され、署名された。執筆者によると、若者の死亡リスクは高齢者や病弱者より千倍以上低いので、集団免疫に到達するまで集中的保護(「Focused Protection」)で社会的被害を最小化に抑えるために学校や大学やレストラン等を再開しつつ、死亡率を最小化にするよう介護サービス等を保護するべきだと提案している。[1][2][3][4]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • グレートバリントン宣言 (日本語)(英語)(フランス語)(ポルトガル語)(スペイン語)(イタリア語)(ドイツ語)(スウェーデン語)(ロシア語)(ヘブライ語)(ポーランド語)(デンマーク語)(ギリシア語)(ハンガリー語)(アラビア語)(チェコ語)(クロアチア語)(ルーマニア語)(中国語)(トルコ語)(オランダ語)(アイスランド語)(ウクライナ語)(カタルーニャ語)(韓国語)(インドネシア語)(セルビア語)(ブルガリア語)(フィンランド語)(フェロー語)(タガログ語)(ウルドゥー語)