インターネット参拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

インターネット参拝(インターネットさんぱい)とは、神社寺院がウェブサイトを作成して、パソコンの前で参拝を行うことである。ネット参拝とも言う。

具体的には、メールで願い事を送信し、それを神職・住職が直接神前・仏前へ祈願する形式が一般的である。お札やお守りの販売も通販で行っている箇所もある。中にはJavaを用いて鈴を振ったり、賽銭を入れたり出来るなど本格的なものもある。

インターネット参拝の是非[編集]

インターネットによる参拝の是非は意見が割れている。

  • 肯定派の意見
    • 遠方に神社があるため、直接行くことが困難な人も気軽に出来る。
    • 神社が身近になり、より親近感を持ってもらえる。
    • 離れた箇所から神社を拝む「遙拝」、代理人に頼む「代拝」と同じである。
  • 否定派の意見
    • 信仰するということの尊厳が損なわれかねない。

全国の神社を管理する神社本庁は、インターネット参拝を自粛するように全国の神社に通知している。

関連項目[編集]