大統領令 (アメリカ合衆国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大統領令1号『奴隷解放令』
南北戦争の最中の1864年フィラデルフィアで北軍の戦費調達のために印刷・発売された「リーランド=ボーカー決定版『奴隷解放令』」。エイブラハム・リンカーン大統領自らの署名が入ったものは今日48枚が現存する。ペンシルベニア州立大学特別コレクション ライブラリ収蔵。

大統領令[1](だいとうりょうれい)、大統領命令[2](だいとうりょうめいれい)、大統領行政命令[3](だいとうりょうぎょうせいめいれい)、又は、執行命令[2](しっこうめいれい)は、大統領により、議会の承認を得ることなく、連邦政府に対して発せられる、アメリカ合衆国行政命令行政委任立法

アメリカ合衆国憲法で明確に規定されているわけでなく、1789年以降、行政官による任務遂行の命令に資するために発せられてきた。

アメリカ合衆国連邦政府では、以下の概念その他が存在する。

連邦議会の立法権との関係[編集]

連邦議会が制定する法律に基づく大統領への委任立法であることもあり、また逆に、連邦議会による立法で上書き(無効化・廃止)され得る。

連邦最高裁の司法権・違憲審査権との関係[編集]

連邦最高裁判所による違憲判決で上書き(無効化)され得る。

実際に連邦最高裁による違憲判決で無効化されたことは、過去に2回あり、その内の1つは、ハリー・S・トルーマン大統領が朝鮮戦争時にストライキしていたオハイオ州の製鉄工場を強制接収した『大統領令10340号』である。

歴史[編集]

1907年から番号が振られ始め、エイブラハム・リンカーン大統領が1862年に発した『奴隷解放令』まで遡って番号を振った。

日本において有名なものに、太平洋戦争時の大規模な日系アメリカ人強制収用の根拠となった、フランクリン・ルーズベルト大統領による1942年2月19日の『大統領令9066号』がある。

そのフランクリン・ルーズベルト大統領は、歴代で最多の3721本を発している[4]

毎年ホワイトハウス感謝祭の前日に行われる全国感謝祭七面鳥披露式英語版にて、「turkey pardon(七面鳥恩赦)」と呼ばれる、料理のために用意された七面鳥を放免する儀式が行われるが、2014年バラク・オバマ大統領は、この恩赦の命令を「executive order」と表現した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 資料5:米国:規制の計画及び審査に関する大統領令 (PDF)”. 環境省 (日本). 2014年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月11日閲覧。
  2. ^ a b 英和辞典 Weblio辞書
  3. ^ 英辞郎 on the WEB
  4. ^ “大統領令とは? 法律並みの拘束力、制限も”. 産経新聞. (2017年2月2日). オリジナルの2017年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170202134750/https://www.sankei.com/world/news/170202/wor1702020053-n1.html 2017年2月9日閲覧。 
  5. ^ Kirsten Appleton「President Obama's Latest Executive Order Doesn't Cause Flap」『ABC NewsABC、2014年11月27日。2020年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]