酒井信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 信彦(さかい のぶひこ、1943年 - )は、日本政治活動家。「主権回復を目指す会」顧問[1]、「日本ナショナリズム研究所」所長[2]、「自由チベット協議会」代表[1]。儀礼文化学会会員。元東京大学史料編纂所(中世史料部門)教授[1]

概要[編集]

神奈川県出身。1967年、東京大学文学部卒業後、1970年に同大学大学院人文科学研究科修士課程を修了[3]東京大学史料編纂所助教授[4]、同所教授を務めた。儀礼の研究と東アジアの民族問題を中心に研究し、2006年定年3月26日靖國神社靖國会館で行なった退官記念講演には北朝鮮による拉致被害者家族連絡会会長の横田滋土屋敬之東京都議会議員などが出席した[5]。現在は「チベット問題と日本」を主に研究している[1]。市民への講演を積極的に行っており、講演会[6]や街頭演説[7][8][9][10]を積極的に行っている。

中国共産党政権を“自国内では貧富の差を広げ、周辺諸国・地域を虐げる世界最悪の侵略国家”と非難。「中華人民共和国は民主化を遂げて解体すべきだが、今のところその機運はない」と発言[11]。また朝日新聞や日本カトリック教団(カトリック中央協議会のこと。日本基督教団と一緒くたに扱っている節がある)を反日勢力と呼んで対決姿勢をとる。現在は西村修平が代表を務める主権回復を目指す会の顧問として西村が行っている運動の「理論的支柱」として活動している[7]。「日本ナショナリズム研究所」なる個人機関を主宰。

主張[編集]

皇室
中国
  • 中国共産党(以下、中共)によって行われている一党独裁制を「経済発展が続いたとしても、絶大な貧富の差は決して解消されず、中共政府は膨大な貧乏人を、対外警戒心皆無な外国人天国・日本に押し付けてくるだろう。」と厳しく非難。[15]
  • 中共による日本侵略の第一段階は精神的侵略(間接侵略)、第二段階は人口侵略、第三段階が軍事的侵略(直接侵略)であるとして、第一段階が完成したので、現在は第二段階としての人口侵略が本格化するとし、アメリカ軍が撤退すれば第三段階としての軍事侵略が開始されるとしており、侵略の危険を訴えている[16]
  • チベットは日本と同じほどの歴史のある国であったが、第二次世界大戦後の民族独立の時代に歴史に逆行して中国によって侵略され人口の5分の1に当たる120万人が虐殺されたとしており[8]、侵略国家である中華人民共和国はチベットの次は必ず日本を侵略するであろうとして、中国共産党政権の危険を訴えている[8]
  • 「自由チベット協議会」なる団体を主宰して、チベット解放を訴えるデモを毎年3月に行っている[18]
朝日新聞
  • 朝日新聞による慰安婦問題南京問題報道によって日本人の民族精神、大和魂が破壊されたとしており、朝日新聞を日本人の民族精神を虐殺し続ける巨大報道テロ組織と定義し、日本の滅亡を防ぐためには朝日新聞を打倒撲滅しなければならないとしている[19]。中国が日本に侵略してきたら朝日新聞は大歓迎するに違いないとしている[16]
  • 朝日新聞が2016年12月7日に「戦後70年余、平和国家として歩んできた今の日本がある」という社説を掲載したことについて、「戦後(第二次世界大戦後)、米国は世界中で戦争をやり続けてきた。その米国の重要な軍事基地が存在し、米国の戦争遂行に多大な協力をしてきた国家が平和国家である筈がない。朝日新聞は、日本国民をだまし続けてきた、非現実的な平和主義を、今こそ謝罪とともに清算すべきである」と批判した[20]
女性国際戦犯法廷
カトリック教会
  • 日本のキリスト教会による歴史解釈は著しく偏向しているとしており、1995年日本カトリック司教団が発表した『平和への決意-戦後五十年にあたって-』という文書では欧米の侵略にはまったく触れることなく、日本軍がアジアで永い歳月をかけて伝えられた伝統文化を踏みにじり多くの民間人を殺害したとしていることに対して、「これこそまさにキリスト教徒がアメリカ大陸で、日本とは比較にならない莫大な規模で行ったことではないか。しかしこの文書には、それに対する同じキリスト教徒、しかもカトリックとしての反省・謝罪は全く見られない。」と非難している[23]。また、2001年日本カトリック正義と平和協議会が通達「カトリック学校の日の丸・君が代・元号についてのお願い」にて、「『日の丸』は、旗そのものの起源は古くとも、アジア・太平洋地域の人々にとっては『大日本帝国』軍による侵略のシンボルとして印象づけられています。過去の侵略・植民地化の責任を認めず、戦後補償もしていない日本が、この『日の丸』を国旗として制定することに対して強い憂慮の念を抱きます」とした通達をカトリック学校に行ったことに対して、酒井は「キリスト教の神の名において十字架の元に、世界歴史上最大規模の大虐殺が展開されたことは間違いない。ハーケン・クロイツどころかクロイツすなわち十字・十字架そのものが世界史における最高・最大の侵略のシンボルなのである。」と述べている[23]。酒井は「カトリック学校が協議会の通達を受けて、日の丸に替えて十字架の掲揚に切り替えた」として、これを「世界歴史に対する完璧な無知であり、欧米白人キリスト教徒への極度の奴隷根性と、自国・自民族への凄まじい偏見・差別意識である。」と述べている[23]
  • 日本のカトリック教会の聖職者が、欧米の蛮行には触れず、同胞である日本を貶めることで自分たちを善く見せようとしていることを「虐日偽善」であると非難している[24]。カトリック教会に限らず岩波書店大江健三郎松井やより本多勝一のようなものたちによって同様の行為が行われていることは、日本から民族意識が失われてしまったためであるとしている[24]

著書[編集]

  • 『義演准后日記』続群書類従完成会 1984年
  • 「チベット問題入門上・中・下」 拓殖大学海外事情研究所『海外事情』 37(5) 1989年5月、37(9) 1989年9月、37(12) 1989年12月
  • 『対訳イラスト 心にひびく日本のしきたり』(KODANSHA BILINGUAL BOOKS) 講談社 2011年9月 ISBN 978-4062500500
  • 『虐日偽善に狂う朝日新聞―偏見と差別の朝日的思考と精神構造』日新報道 2013年8月 ISBN 978-4817407627

関連項目[編集]

  • 西村修平(酒井が主宰する「日本ナショナリズム研究所」で事務局長を務める)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 自己紹介”. 酒井信彦bot. 2010年5月15日閲覧。
  2. ^ 酒井信彦 (2006年12月16日). “民族意識の喪失が日本没落の根本原因だ―日本の敵と徹底して戦うナショナリズムの必要性―”. 主権回復を目指す会. 2010年5月13日閲覧。
  3. ^ “【朝日新聞研究】ヘイトスピーチと慰安婦報道 憎悪表現で損なわれた国益は大きい”. 夕刊フジ. (2015年2月18日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150218/dms1502180830004-n2.htm 2016年9月18日閲覧。 
  4. ^ a b 酒井信彦(さかい・のぶひこ)”. PHP研究所 (1997年). 2010年5月15日閲覧。
  5. ^ 酒井信彦先生退官記念講演とお祝い 靖國會
  6. ^ (03/12)講演会<反日に狂奔する日本カトリック教団の偽善を糾す>”. 主権回復を目指す会 (2010年4月23日). 2010年5月13日閲覧。
  7. ^ a b 【告知動画】参政権を要求するシナ・朝鮮人を鶴橋と日本から叩き出せ!”. 主権回復を目指す会 (2009年10月12日). 2010年5月13日閲覧。
  8. ^ a b c シナ人の4・26長野暴乱を許すな!【酒井信彦編・前編】”. 主権回復を目指す会 (2009年4月28日). 2010年3月26日閲覧。
  9. ^ 平成21年8月15日反日極左を粉砕!(3/4)”. 主権回復を目指す会 (2009年8月17日). 2010年5月13日閲覧。
  10. ^ (3/8)怒りの街宣!シナ人の長野暴乱二周年”. 主権回復を目指す会 (2010年4月26日). 2010年5月13日閲覧。
  11. ^ 新日本協議会主催 酒井信彦氏の講演会に参加」より
  12. ^ 酒井信彦 (1993年4月24日). “慶事のお振る舞いはこれでよいのか 皇太子殿下に諫言する”. 諸君!』平成5年(1993)4月号. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年5月16日閲覧。
  13. ^ 酒井信彦 (2006年10月). “男系天皇絶対論の危険性―女系容認こそ日本文明だ”. 諸君!』平成十八年十月号. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年5月15日閲覧。
  14. ^ 小林よしのり (2010年5月12日). “『天皇論』追撃篇「男系継承はシナ宗族制の模倣」”. SAPIO』2010年5月26日号(5月12日発売). 小学館. pp. pp55-64. 
  15. ^ 酒井信彦 (7月21日). “マスコミに報道されていない中国共産党の実態”. 2011年1月17日閲覧。
  16. ^ a b 酒井信彦 (2005年11月25日). “シナ人による日本侵略の三段階論”. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年5月13日閲覧。
  17. ^ 酒井信彦 (2006年11月20日). “安倍政権で完成したシナ・中共による対日精神侵略の完成”. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年5月13日閲覧。
  18. ^ 都内でチベット解放デモ”. 國民新聞 (2004年3月25日号). 2010年5月29日閲覧。
  19. ^ 酒井信彦 (2010年5月6日). “言論による巨大テロ組織としての朝日新聞”. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年5月13日閲覧。
  20. ^ “国民だまし続けてきた朝日新聞 非現実的な平和主義を謝罪とともに清算すべき 元東京大学教授・酒井信彦氏”. 産経新聞. (2016年12月26日). http://www.sankei.com/affairs/news/161226/afr1612260020-n2.html 2016年12月27日閲覧。 
  21. ^ a b NHK特番 糾弾される”. 國民新聞 (2001年3月25日号). 2010年5月29日閲覧。
  22. ^ 酒井信彦 (2001年6月26日). “チベット女性を見殺しにする「女性国際戦犯法廷」の非情”. 正論』平成十三年(二〇〇一)六月号. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年5月16日閲覧。
  23. ^ a b c 酒井信彦 (2004年12月1日). “十字架こそ、侵略のシンボルだ”. アイデンティティ 第11号平成16年12月1日. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年5月13日閲覧。
  24. ^ a b (09/12)講演会<反日に狂奔する日本カトリック教団の偽善を糾す>”. 主権回復を目指す会 (2010年4月23日). 2010年5月16日閲覧。

外部リンク[編集]