西村斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西村斉(にしむらひとし)とは、日本政治活動家日本第一党京都本部本部長[1] 。元在日特権を許さない市民の会(在特会)京都支部長。元維新政党新風京都街宣部長。

経歴[編集]

京都朝鮮学校公園占用抗議事件を起こし、執行猶予付きの有罪判決を受けた[2]

2012年5月10日にはロート製薬強要事件を起こして逮捕された。この事件はロート製薬を訪れた際、この模様をビデオに収めて動画投稿サイトにアップロードしていた。そこでは、ロートとCM契約しているキム・テヒ竹島韓国領土であると主張していたので、このことからキム・テヒは女優ではなく政治活動家であるとロート製薬役員にキム・テヒとのCM契約を見直すように要請した。又、役員に対して「竹島は何処の領土か?」と質問し、意に反して「日本の領土」と回答させた事が強要となり逮捕されている。

日教組が街頭等で集めたカンパ金を、カンパした人が予測もしない北朝鮮、朝鮮総連傘下の朝鮮学校に流すという目的外使用した事が発端で日教組に抗議した事で起きた徳島県教組業務妨害事件にも主犯として関与していたため、ロート製薬強要事件で執行猶予が取り消され、2012年12月18日、懲役3年6月の実刑判決が言い渡された。2016年5月25日に出所。

2017年4月23日、京都朝鮮第一初級学校跡付近の公園にて「日本人を拉致するような学校はたたき出さなければなりません」と拡声器を使用し発言を繰り返した、その行動の動画をインターネット上に投稿した。この活動に対して学校を運営する京都朝鮮学園は起訴、拡声器を使った発言がヘイトスピーチであり名誉毀損にあたるとして2018年2月20日西村は京都地検に在宅起訴された[2]。これに対し本人は「事実であり名誉毀損ではない、訴状が届いていないの」と話した[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本派政治活動家HITOSI