この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

佐藤悟志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 悟志(さとう さとし、1965年[1] - )は、日本政治活動家人権活動家[2]。政治結社「青狼会」総統[3]

人権ファシスト軍国主義フェミニスト、「反天皇制右翼つまりファシスト」を自称するが、外山恒一によれば「ネオコン」である[4]

セックスワークの非犯罪化・非処罰化、ブント(旧 戦旗・共産主義者同盟、現「一般社団法人アクティオ」)批判、北朝鮮への人道的介入などを主張している[3]

経歴・人物

横浜市生まれ[5]。1982年、高校時代に戦旗・共産主義者同盟(戦旗荒派)に加盟し[1]三里塚闘争に参加した[4][6]。1986年に戦旗荒派を脱退し、フリーの活動家になる[1]

1988年に反天皇制全国個人共闘・秋の嵐に参加、主要メンバーの一人であった[1][6]。「親天皇」だからこそ「反天皇制」であると主張している[7]。秋の嵐メンバーの鹿島拾市山本夜羽音が1989年に結成し、反原発や反管理教育なども活動テーマとするグループ「馬の骨」にも参加した[8][4]。1990年、六四天安門事件に関係した中国人活動家の強制送還を決定した法務省への抗議行動などで逮捕された[8][9][5][4]。この頃に青狼会、「反天皇制右翼つまりファシスト」を自称し始めた[7][9]

秋の嵐・馬の骨メンバーのフェミニスト幸渕や[4]、かつて存在した吉原の従業員組合から影響を受け、1992年に「売春の自由党」を創設して事務局長となる[10]。売春婦の人権擁護の立場から上野千鶴子ら主流派のフェミニストを批判し[4]、1998年結成の「セックスワークの非犯罪化を要求するグループ UNIDOS」に参加した[11]松沢呉一が編集した『売る売らないはワタシが決める』では自己決定権や再生産責任を巡り永田えり子を批判[12]。現役のセックスワーカー社会運動家らが売春反対論者を批判した同書は、セックスワーク論の分野で評価が高い[13]。佐藤らの批判に対し、永田は反論している[14][15]。また当時売買春否定論を唱えていた小谷野敦によれば、『週刊金曜日』に佐藤による小谷野を誹謗する名誉毀損ものの投書が掲載されたという[15]

1997年から「ブント清算事業団」代表管財人を名乗り[5]新宿ロフトプラスワン荒岱介を批判するビラを配布。後日、ブント構成員に二度にわたって集団暴行を受けて負傷した[16][17]。2000年にも集団暴行を受け[18]、2001年には佐藤のトラメガを壊したとして、ブント構成員が器物損壊罪に問われた[19]

1993年に李英和が結成した「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)に参加した[4]。2014年に青狼会が主催した「『返さなければ戦争だ!』総連大会糾弾!国民大抗議」[20]といった、朝鮮高校周辺でのデモや行動する保守との共闘は野間易通C.R.A.C.などから批判を受けた[4]。北朝鮮民主化支援、拉致被害者救出運動のほか、脱原発運動[21]中国民主化支援[22][23]なども行っている。

著作

  • 『売る売らないはワタシが決める――売春肯定宣言』 要友紀子、小林のん、滝波リサ、国江響子ほか共著、松沢呉一、スタジオ・ポット編、ポット出版2000年
  • 『デルクイ01 反体制右翼マガジン』 外山恒一千坂恭二絓秀実中川文人ほか共著、デルクイ編集部編、彩流社2011年
  • 『デルクイ02 左右混淆反体制マガジン』 外山恒一、千坂恭二、絓秀実、中川文人ほか共著、デルクイ編集部編、彩流社、2013年

脚注

  1. ^ a b c d 『青いムーブメント』255頁
  2. ^ 日本よ、今...「闘論!倒論!討論!2010」”. チャンネル桜番組表 (2010年9月4日). 2016年7月19日閲覧。
  3. ^ a b 『デルクイ 01』著者プロフィール
  4. ^ a b c d e f g h 外山恒一 (2015年7月). “野間易通 徹底批判”. 2016年7月19日閲覧。
  5. ^ a b c 政治結社「青狼会」 総統 PROFILE”. 政治結社「青狼会」. 2016年7月19日閲覧。
  6. ^ a b 〈発掘インタビュー〉with 佐藤悟志”. 『人民の敵』第2号(2014.11.1発行). 2016年7月19日閲覧。
  7. ^ a b 『デルクイ 01』11-13頁
  8. ^ a b 『青いムーブメント』298頁
  9. ^ a b 〈発掘インタビュー〉with 佐藤悟志〈正規版“購読”検討用・抜粋〉”. 『人民の敵』第2号(2014.11.1発行). 2016年7月19日閲覧。
  10. ^ 『売る売らないはワタシが決める』266頁、349頁
  11. ^ 『売る売らないはワタシが決める』234頁
  12. ^ 平岡章夫「「性の商品化」と性差別――「性的自己決定権」批判」『社学研論集』第3号、191-206頁、2004年3月
  13. ^ 青山薫『「セックスワーカー」とは誰か――移住・性労働・人身取引の構造と経験』大月書店、2007年、55-57頁
  14. ^ 永田えり子「「性的自己決定論」批判」『フェミニズムとリベラリズム――フェミニズムの主張5』江原由美子編、勁草書房、2001年、143-175頁
  15. ^ a b 小谷野敦『日本売春史――遊行女婦からソープランドまで』新潮選書、2007年、203頁
  16. ^ 『検証内ゲバ Part2』245頁、鈴木邦男『続・夕刻のコペルニクス』扶桑社、1998年、158-163頁
  17. ^ あの人たちが壇上で乱闘、流血、失神…“サブカルの殿堂”ロフトプラスワン20年間のトラブル事件簿(前編)”. リテラ (2016年3月5日). 2016年7月19日閲覧。
  18. ^ 『検証内ゲバ Part2』249頁
  19. ^ 『検証内ゲバ Part2』255頁
  20. ^ 2014年5月24日(土) 09時00分~15時00分の予定”. 行動する保守運動 南関東地区スケジュール. 2016年7月19日閲覧。
  21. ^ 「脱原発運動の新たな局面を考える」”. ロフトプラスワン (2012年1月25日). 2016年7月19日閲覧。
  22. ^ 十一国殇 民主活动家聚集中国驻东京使馆抗议”. 大紀元 (2010年10月3日). 2016年7月19日閲覧。
  23. ^ 龍緯汶 (2011年3月11日). “日本舉行辛亥革命百年祭”. 香港獨立媒體. 2016年7月19日閲覧。

参考文献

  • いいだもも蔵田計成編著『検証内ゲバ Part2――21世紀社会運動の「解体的再生」の提言』社会批評社、2003年。
  • 鎌田哲哉「「転向ファシスト」の文章――全てのマルチン・ターラーのために」『デルクイ02 左右混淆反体制マガジン』デルクイ編集部編、彩流社、2013年。
  • 佐藤悟志「政治結社「青狼会」 総統 PROFILE」政治結社「青狼会」. 2016年7月19日閲覧。
  • 「ブント清算事業団 代表管財人 PROFILE」ブント清算事業団. 2016年7月19日閲覧。
  • デルクイ編集部編『デルクイ01 反体制右翼マガジン』彩流社、2011年。
  • 外山恒一『青いムーブメント――まったく新しい80年代史』彩流社、2008年。
  • 「野間易通 徹底批判」 2015年7月. 2016年7月19日閲覧。
  • 松沢呉一、スタジオ・ポット編『売る売らないはワタシが決める――売春肯定宣言』ポット出版、2000年。

関連項目

外部リンク