表現の自由戦士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

表現の自由戦士(ひょうげんのじゆうせんし)とは、表現の自由を守ることに情熱を燃やす反表現規制論者のことである[1][2]ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー(社会正義戦士)に由来するインターネットスラングである[3]青識亜論のように自称する場合もあるが、基本的には蔑称として用いられる表現である[3]、。類似の概念に、表現規制反対派ムラというものがある。「表自系」、「表自界隈」と呼ばれることもある。

概要[編集]

表現の自由戦士はオタクの一部とされることもあり、漫画イラスト性的表現ポルノグラフィなどの絡んだ問題における表現規制に対抗している[1][4][5]。そのため、表現規制に賛同する者やツイフェミとされる者としばしば対立する[3][6][7]。表現の自由戦士の主張する「表現の自由」について、「ズリネタの自由」と呼ばれることもある[8]。ただし、本来「表現の自由」の対象は広範におよぶため、慰安婦問題などのより政治的なテーマに対して主張がなされることもある[8]。表現の自由戦士は匿名で活動している場合もある[9]

表現の自由戦士に批判的な立場の人間は、表現の自由戦士は漫画やアニメなどの表現の自由ばかりを主張し、リベラル左派の重視する政治的表現について冷淡であると主張しており、ダブルスタンダードであると非難している。そのため、表現の自由戦士はしばしばネット右翼と同一視されている。その一方、表現の自由戦士とされる側は、リベラル・左派こそ自分たちの政治的な表現の自由を主張しながら漫画やアニメの表現の自由を重視せず、むしろ排撃しているとしばしば非難している。

ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾は、「表現規制」と「表現の自由」はともに正義であるとしつつ、2つの正義のぶつかり合いの中で憎悪が強まっていき、論争自体が自己目的化していくと指摘した[10]。その結果、火のない所に煙を立てる、レッテル貼りを行う、敵対するアカウントを大量フォローして不快な情報をあえて積極的に検索する、といったことが行われるようになると考察している[10]

政治学者の中野晃一は、表現の自由戦士は公共空間における表現の自由を重視していると述べているが[11]、これは公共空間の表現の自由を一歩譲ると、そこからますます漫画やイラストの発表の場が狭められていき、最終的にそのような場が失われるという考えが背景にあるとされる[12]

由来[編集]

駒澤大学教授でゲーム情報学や人文社会情報学を専門とする経営学者の山口浩によると、表現の自由戦士という用語は、ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー(社会正義戦士)に由来するインターネットスラングである[3]女性嫌悪的なオンラインハラスメント運動であるゲーマーゲート集団嫌がらせ事件において、ゲーム表現中の女性差別を取り上げる人々を、規制に反発する人(ゲーマーゲーター)が「社会正義戦士」と呼んだ。山口は、その逆に「マンガやアニメにおける女性に対する性的な「まなざし」を批判する人々が、それに対して表現の自由を重んじる立場から反論する人々を「表現の自由戦士」などと揶揄する表現に使われている。」と説明している[3]

論争[編集]

表現の自由戦士とされる者たちが関わった論争としては、例えば以下の事例が指摘されている。

「表現の不自由展・その後」での論争[編集]

あいちトリエンナーレ2019において、企画されていた特別展「表現の不自由展・その後」が行政の介入によって中止になった。このとき、表現の自由戦士たちは主催者であるトリエンナーレを批判した[8]。これについて赤木智弘は、権力者による表現への介入こそ強く否定するべきだったとし、「彼ら自身の見事な活躍により、表現の自由を失ってしまった」と指摘した[8]

他の表現の自由戦士系の論者は、「表現の不自由展」と「萌え絵」の表現の自由は同じ次元で扱われるべきと述べている[13]

千葉県警の戸定梨香起用動画での論争[編集]

2021年7月、千葉県警が交通安全啓発の動画においてバーチャルYouTuber戸定梨香を起用した。この動画は2021年9月に削除されたが、その背景の1つに全国フェミニスト議員連盟による抗議があったとされる。動画の削除を受け、表現の自由戦士を名乗る青識亜論らがChange.orgで同議連に抗議する署名を募集するなど、公的機関の広報のあり方や表現の自由をめぐる議論が交わされた[14][15]

梅田ロフト「PLAYROOM」での論争[編集]

2021年11月に大阪市の梅田ロフトにおいて、イラストレーターrurudoの個展「PLAYROOM」が開催された。その中には露出の多い展示物も含まれており、それらがゾーニングされずに一般客の目につきやすい場所に配置されていたため、この展示は批判された[4]。このとき、表現の自由戦士たちは芸術作品だから問題ないと主張した[4]。最終的に、梅田ロフトはただちに展示方法を見直し、Twitter上で謝罪した[4]

ブラジルでの論争[編集]

ブラジル労働党ロベルト・ジェフェルソンは、ネット上での過激な言動により一部の極右派から「表現の自由の戦士」として支持されている[16]。ジェフェルソンはメンサロン事件英語版で2012年から12年間の実刑判決を受けて自宅軟禁されていたが、2022年に刑務所での刑執行に切り替えられた際に、マシンガン手榴弾で警官2名を負傷させたことで波紋を呼んだ。

評価・意見[編集]

  • フリーライターの赤木智弘は、表現の自由戦士は合意の過程を無視した過剰な反発をしており、歴史修正主義者と同様にご都合主義的な表現の自由を振りかざしているとし、しかし彼らは「『自分たちは表現の自由を守っている』と勘違いしている」と論じている[8]。また、その本質は「ズリネタの自由」を守ることではなく、権力の無遠慮な行使を追認する誤った公平性にあると論じている[8]
  • 日本文化史研究家のパオロ・マッツァリーノは、表現の自由は大切であるとしつつ、だからこそ気安く振りかざすべきではないと指摘している[17]
  • ルポライターの昼間たかしは、「ツイフェミ」や「表現の自由戦士」といった用語はネット上、特にTwitter上でしか見られないレッテルであるとしている[18]
  • 映画ライターの高橋ヨシキは、表現の規制に反対し、表現の自由を主張する者のことを「表現の自由戦士」と呼んでいる[19]
  • 国民民主党玉木雄一郎は、コスプレ、アニメ、ゲームは日本の文化だとして「表現の自由を守る戦士として戦う」と述べている[20]
  • 英文学者の河野真太郎は、表現の自由戦士は萌え絵を楽しむことは個人的なことであり、それを批判するフェミニストは自由への侵害を行っているという信念を持っていると述べている[11]
  • コラムニストの更科修一郎は、表現の自由戦士は萌え漫画家を族議員として送り込んだと主張した[21]
  • 杉田俊介は、ポリティカル・コレクトネスを排除して、人間としての正直な本心を語るべきだという空気が表現の自由戦士の背景にあると述べている[22]
  • 五野井郁夫は、表現の自由戦士は「女性差別的な表現を守ろうとする」としている[23]

脚注[編集]

  1. ^ a b 坂爪 2020, p. 197.
  2. ^ 「表現の自由」は、規制論への対抗言説になるか? 憲法と法律から考える”. KAI-YOU (2023年2月10日). 2023年4月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e 山口浩 (2019年5月27日). “自粛反対論と「戦士」の黄昏”. シノドス. 2022年6月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 「萌え絵は芸術」理論は終焉…“表現の自由戦士”がまたも敗北を喫する”. まいじつエンタ. 日本ジャーナル出版 (2021年11月25日). 2022年6月9日閲覧。
  5. ^ 世界 2023年6月号』岩波書店、2023年5月8日、87頁。 
  6. ^ 藤田直哉 (2023年1月21日). “ネット上の「ゲーム的政治運動」 女性支援団体への攻撃にみる危うさ”. 朝日新聞. 2023年2月4日閲覧。
  7. ^ 『いいね! ボタンを押す前に ジェンダーから見るネット空間とメディア』亜紀書房、2023年1月25日、20頁。ISBN 978-4750517810 
  8. ^ a b c d e f 赤木智弘 (2019年10月5日). “権力者は「僕らの優しいお父さん」ではない あいトリ 致命的に無責任な"表現の自由戦士"たち”. 論座. 朝日新聞社. 2022年6月9日閲覧。
  9. ^ 写真研究者と考える大阪駅の広告炎上問題「切り取られた画像だけで判断しないで」”. 弁護士ドットコム (2022年12月16日). 2022年12月31日閲覧。
  10. ^ a b 坂爪 2020, p. 218.
  11. ^ a b 『サイゾー2022年6・7月号』サイゾー、2022年6月20日、57頁。 
  12. ^ 実話BUNKAタブー 2023年2月号』コアマガジン、2022年12月16日、172頁。 
  13. ^ アライ=ヒロユキ (2022年8月13日). “表現の自由・異論 なにが差別を温存するのか”. 日本美術会. 2023年6月10日閲覧。
  14. ^ 『サイゾー 2021年12月号』サイゾー、2021年11月18日、129頁。 
  15. ^ 県警Vチューバー動画は「性的アニメ」か 抗議で削除、連鎖した批判”. 朝日新聞社 (2021年10月23日). 2022年6月12日閲覧。
  16. ^ ジェフェルソン、連行逮捕に来た警察に逆上=マシンガンと手榴弾でパトカー破壊=ボルソナロは無関係主張”. ブラジル日報 (2022年10月25日). 2022年10月31日閲覧。
  17. ^ 「表現の自由」、知られざる戦いの歴史 【政治・社会 ことばの歳時記】”. 時事ドットコム (2022年6月4日). 2022年6月9日閲覧。
  18. ^ 昼間たかし (2018年12月29日). “2018年を騒がせた「ツイフェミ」と「表現の自由戦士」が踊る負のスパイラル”. おたぽる. サイゾー. 2022年6月9日閲覧。
  19. ^ 高橋ヨシキ、てらさわホーク『ヨシキ×ホークのファッキン・ムービー・トーク!』イースト・プレス、2020年8月19日、25頁。ISBN 978-4781619040 
  20. ^ 国民・玉木代表 パパ活吉川議員に苦言「はなはだ大迷惑だ」 コスプレは封印”. スポーツニッポン (2022年6月15日). 2022年6月26日閲覧。
  21. ^ 『サイゾー2022年8・9月号』サイゾー、2022年8月18日、121頁。 
  22. ^ 文藝 2023年春季号』河出書房新社、2023年1月7日、135頁。 
  23. ^ キャンセルカルチャーを奪い返す 「表現の自由戦士」は正しいか”. 毎日新聞 (2023年6月6日). 2023年6月7日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]