新藤加菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新藤 加菜
しんどう かな
生年月日 (1993-05-15) 1993年5月15日(30歳)[1]
出生地 日本の旗 日本東京都中央区[1]
出身校 日本女子大学附属豊明小学校[1]
女子学院中学校・高等学校[1]
早稲田大学法学部[1]
前職 株式会社リクルート従業員[1]
Webマーケター[1]
石井苗子参議院議員秘書[2]
所属政党 無所属
公式サイト 港区議会議員・新藤加菜

当選回数 1回
在任期間 2023年5月1日[3] - 現職
テンプレートを表示
しんどう かな
新藤 加菜
住居 東京都港区
国籍 日本の旗 日本
別名 ゆづか姫[4][5][6]
職業 動物愛護活動家
動画配信者
活動期間 動画配信者(2010年1月 - )
身長 156 cm (5 ft 1 in)
テンプレートを表示

新藤 加菜(しんどう かな、1993年〈平成5年〉5月15日[1] - )は、日本政治家[7]動画配信者ネットアイドル動物愛護活動家[8]東京都港区議会議員(1期)[7]。通称はかなちゃい

ゆづか姫名義で活動していた時期があり[4][9][6]ネットアイドルコスプレイヤーニコニコ生放送ライブ配信などの活動をしていた[2][10][4]

政治家としての立場は「保守」を自称[1]。2020年7月の東京都・北区都議補選に「ホリエモン新党」から、同7月の千葉県・印西市長選に「NHKから国民を守る党」から出馬し、いずれも落選[11][12]。東京都議補選では、アベノマスクブラジャーに見立てた「アベノマスクブラ」のポスターで物議を醸した[13][14][15]。2022年の参院選では、日本維新の会SNS担当スタッフとして参加[16]。2023年4月の港区議選に無所属で出馬し、初当選した[11][17]

来歴[編集]

1993年5月15日生まれ[1]。小学3年生からインターネット掲示板『2ちゃんねる』に親しむ[18]。東京都千代田区女子学院中学校・高等学校を経て[2]カナダ留学[4][19]。高校1年生からニコニコ生放送を始め、ネットアイドルコスプレイヤーとして活動[18][20][10]

2010年1月、ニコニコ生放送ライブ配信を開始。「ミスiD2013」の初代ファイナリスト20名の1人[21]

2013年4月、早稲田大学法学部へ入学[4]。2年間休学し、NPOで保護犬のボランティア活動に従事[4]。2019年3月に同大学卒業。

2019年4月、リクルートに入社[19]

政歴[編集]

2020年7月5日投開票の東京都議会議員補欠選挙(北区選挙区)にホリエモン新党公認(NHKから国民を守る党推薦)、同年7月19日投開票の印西市長選挙にNHKから国民を守る党公認で立候補したがそれぞれ落選した[11][12]

同年7月より、NHKから国民を守る党の広報室長に就任し、会見や党務に携わった[22]。同年12月4日、NHKから国民を守る党から広島3区の次期衆院選立候補者に公認されたが[23]2021年3月にペットシッターの事業を起業する予定として党を離職し、衆院選の公認も辞退した[22][24][25]。2021年11月、株式会社WithPaw代表[26][27]

2022年参議院議員選挙では、日本維新の会の参議院議員石井苗子事務所で秘書として勤務し[2]東京都選挙区において、日本維新の会のSNS担当スタッフとして参加した[16][28][29]

2023年4月、東京都・港区議会議員選挙に無所属で立候補[30]。モデルの茜さやセクシー女優稲森美優月島さくら[31]、評論家の宇佐美典也[32]の応援も受け、1686票を得て14位で当選した[11][30][17]

政策・主張[編集]

政治家としての立場は「保守」を自称している[1]

ジェンダー[編集]

外交[編集]

人物[編集]

騒動[編集]

ディスコグラフィ[編集]

CD[編集]

写真集[編集]

  • 新藤加菜 1stデジタル写真集「ゆづか姫」 新藤加菜デジタル写真集(撮影:篠原潔双葉社 、2021年3月27日)[4]

出演[編集]

テレビ[編集]

雑誌[編集]

  • FRIDAY「ニコ生特集」掲載
  • SWITCH 「ソーシャルカルチャーネ申1oo」インタビュー掲載
  • 週刊SPA! 「ネット番組表付き ネット放送スター大図鑑」掲載
  • 週刊プレイボーイ 「ニコ生特集」掲載、「おうちグラビア」掲載
  • FREECELL特別号 「アキバ妄撮」掲載
  • 踊ルデイズ ソーシャルメディアクリエーターズ掲載
  • 東京スポーツ 掲載
  • 週刊大衆2021年1月25日号 掲載
  • WiLL 2022年4月号「全体主義フェミニストに告ぐ! 巨乳のどこがワルい!? 新藤加菜・茜さや」、
    2024年1月号「最高裁も迷走 とんでもないことをしてくれた岸田LGBT法 橋本琴絵/新藤加菜」[69]
  • 情況 2023年5月号「インタビュー 新藤かな 保守派政治家として動物愛護問題に取り組む」

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 新藤加菜のプロフィール”. 港区議会議員・新藤加菜(オフィシャルサイト). 2023年12月10日閲覧。
  2. ^ a b c d “早大→旧N党→区議「ゆづか姫」新藤加菜氏 男性のシャワサン外出「お便所サンダル」「不愉快」と指摘 多数の賛否”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年5月24日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/05/24/0016392525.shtml 2023年5月24日閲覧。 
  3. ^ 港区議会議員選挙に当選させていただきました”. 港区議会議員・新藤加菜(オフィシャルサイト) (2023年5月3日). 2024年2月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 『新藤加菜 1stデジタル写真集「ゆづか姫」』双葉社、2021年3月27日。 
  5. ^ “ゆづか姫”新藤加菜氏も感染 変異を繰り返す新型コロナ 現在流行は6月中旬の新型?”. AbemaTV (2020年8月14日). 2023年12月10日閲覧。
  6. ^ a b c “〝ゆづか姫〟新藤加菜氏が永田町に帰ってきた!「私はかわいい、美人とたくさん言われたい」”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2022年6月9日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/187330 2023年12月10日閲覧。 
  7. ^ a b 新藤 加菜”. 東京都港区 (2023年5月1日). 2024年4月15日閲覧。
  8. ^ a b 写真:新藤加菜氏が悪徳ブリーダーの悲惨な実態をつづる「子犬というお金を生む機械扱い」」『東スポWEB』東京スポーツ新聞社、2021年12月9日。2023年12月9日閲覧。
  9. ^ “カリスマニコ生主、ゆづか姫がメジャーデビューしてみた”. 音楽ナタリー (2012年7月3日). 2024年4月16日閲覧。
  10. ^ a b アベノマスクをブラにした加藤紗里に真意を聞く。「不謹慎だ」の批判には…?”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2020年5月22日). 2023年12月10日閲覧。
  11. ^ a b c d e 東京・港区の新藤加菜区議が『密入国者をCMに使う企業』と根拠不明情報拡散 ネット上では疑問の声相次ぐ”. 中日スポーツ (2023年12月9日). 2023年12月10日閲覧。
  12. ^ a b c 2020年、“大炎上”のその後――100日後に死ぬワニ、へずまりゅう、ゆづか姫は今”. サイゾーウーマン. サイゾー (2020年12月30日). 2023年12月10日閲覧。
  13. ^ a b 「マスクブラ」新藤加菜議員が多目的トイレで起きた“女性襲撃事件”にツイッターで言及、「的外れ」矛盾にツッコミ殺到も「バカにしてんのか」逆ギレでさらに炎上”. 週刊女性PRIME (2023年7月1日). 2023年12月10日閲覧。
  14. ^ a b 「アベノマスク・ブラ」の選挙ポスターに賛否両論!しんどうかな候補に真意を聞いてみました”. 選挙ドットコム (2020年6月29日). 2023年12月10日閲覧。
  15. ^ a b “マスクブラ”の候補者・新藤加菜にドン小西「潔いかも」 ファッション診断は?”. 週刊朝日 (2020年7月8日). 2023年12月10日閲覧。
  16. ^ a b “元NHK党の「ゆづか姫」こと新藤加菜さん、維新陣営のSNS担当として参院選に参加”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年7月1日). https://hochi.news/articles/20220701-OHT1T51290.html 2023年12月10日閲覧。 
  17. ^ a b スーパークレイジー君、新藤加菜氏が当選 加速するインフルエンサー〝選挙ジャック〟の是非”. 東京スポーツ (2023年4月24日). 2023年12月10日閲覧。
  18. ^ a b c d e f 「殺害予告メール2万通」の新藤かなさんに直撃 落選運動の対象にも”. sirabee (2023年4月7日). 2023年12月10日閲覧。
  19. ^ a b c d “アベノマスクブラ”で大バズりした港区議員・新藤加菜「六本木のクラブでパリピ」で文春砲を受けるも「議員の品位は損なっていない」と明かした真相”. 週刊女性PRIME (2023年5月25日). 2023年12月10日閲覧。
  20. ^ 〝元アイドル〟橋本ゆき氏、新藤加菜氏が区議選出馬 危険度増の街頭演説も「覚悟を決めて立っている」”. 東京スポーツ (2023年4月17日). 2023年12月10日閲覧。
  21. ^ 新機軸のアイドルオーディション「ミスiD2013」一次審査通過者39名一挙紹介!”. マイナビニュース (2012年6月14日). 2020年12月13日閲覧。
  22. ^ a b “「ほかにもやりたいことできた」“ゆづか姫”新藤加菜がNHK党を卒業!動物愛護の道へ”. 東スポweb. (2021年3月2日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/9951 2021年4月25日閲覧。 
  23. ^ N国、27歳の新藤加菜氏を広島3区で公認…次期衆院選 読売新聞 2020.12.07付記事
  24. ^ “ゆづか姫こと新藤加菜・NHK党広報室長が衆院選広島3区の公認辞退”. 東スポweb. (2021年3月12日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/15926 2021年4月25日閲覧。 
  25. ^ N教党から出馬予定、新人・新藤加菜氏が辞退…衆院選広島3区”. 読売新聞 (2021年3月12日). 2023年12月10日閲覧。
  26. ^ 『ツイフェミと宗教弾圧をぶったぎる!!表現の自由と言論弾圧について語る夜』”. ロフト (2022年6月15日). 2024年4月9日閲覧。
  27. ^ 株式会社With Paw”. Graffer法人情報検索 (2021年11月29日). 2024年4月16日閲覧。
  28. ^ “【参院選】中条きよし氏降臨で巣鴨が大盛り上がり!ゆづか姫もスタッフで参加”. 東スポweb. (2022年7月4日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/237731 2022年7月6日閲覧。 
  29. ^ “元NHK党の「ゆづか姫」こと新藤加菜さん、維新陣営のSNS担当として参院選に参加”. スポーツ報知. (2022年7月1日). https://hochi.news/articles/20220701-OHT1T51290.html?page=1 2022年7月6日閲覧。 
  30. ^ a b 開票速報”. 港区 (2023年4月23日). 2023年4月25日閲覧。
  31. ^ a b 稲森美優、月島さくら、茜さやらが新藤かな候補を応援 「AV新法で炎上した際も助けられた」”. sirabee (2023年4月20日). 2023年12月10日閲覧。
  32. ^ 【港区議会議員選挙2023の候補者一覧】宇佐美典也さんが語る、新藤かなに投票した理由とは?”. 選挙ドットコム(新藤 加菜 ブログ) (2023年4月20日). 2023年12月15日閲覧。
  33. ^ a b 政策!女性専用スペースを守ります【港区議会議員選挙候補予定者/新藤かな】”. 選挙ドットコム (新藤 加菜 ブログ) (2023年3月23日). 2024年4月9日閲覧。
  34. ^ 令和5年第2回定例会 令和5年6月22日 (本会議) 一般質問 新藤加菜(Noblesse oblige)”. 港区議会 (2023年6月22日). 2024年4月9日閲覧。
  35. ^ 【港区議会議員選挙2023に挑戦】港区内の女性専用スペースを絶対に守り抜きます”. 選挙ドットコム (新藤 加菜 ブログ) (2023年3月29日). 2024年4月9日閲覧。
  36. ^ (動画紹介)【百地章x新藤加菜】皇位継承策「旧宮家養子案」に大賛成!【WiLL増刊号】”. 世界に誇る皇室の伝統を守り伝えよう 皇室の伝統を守る国民の会【公式】 (2022年1月21日). 2023年12月10日閲覧。
  37. ^ 日本会議🇯🇵千代田港支部の会合に参加【港区議会へ挑戦予定/新藤かな】”. 選挙ドットコム(新藤 加菜 ブログ) (2023年1月12日). 2023年12月10日閲覧。
  38. ^ a b c d e 「政治家のくせに」と投稿に批判 美人港区議が怒り「女性差別!」「女が水着になって写真撮って何が悪い」”. スポニチアネックス (2023年7月28日). 2023年12月10日閲覧。
  39. ^ a b c 新藤かなさん、選挙妨害など逆風乗り越え港区議選に初当選 「逆境だからこそ燃えた」”. Sirabee (2023年4月24日). 2023年12月10日閲覧。
  40. ^ 葛飾区議選にゆづか姫降臨〝アベノマスク・ブラの恩返し〟”. 東京スポーツ (2021年11月3日). 2023年12月10日閲覧。
  41. ^ 【港区議会議員選挙2023の候補者一覧】AV新法の影響で友人は仕事を失いました”. 選挙ドットコム(新藤 加菜 ブログ) (2023年4月20日). 2023年12月10日閲覧。
  42. ^ a b c 朝鮮学校保護者補助金制度について質問しました。”. 選挙ドットコム(新藤 加菜 ブログ) (2023年9月29日). 2023年12月10日閲覧。
  43. ^ a b 港区議選出馬予定の新藤加菜氏〝殺害予告〟含む1万件超の悪質メールに涙「撤退はしません」”. 東京スポーツ (2023年4月4日). 2024年4月16日閲覧。
  44. ^ 全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会へ。”. 選挙ドットコム(新藤 加菜 ブログ) (2023年11月26日). 2023年12月10日閲覧。
  45. ^ “「58kgの時の私と今の私」 ゆづか姫の劇的ビフォーアフターにネット衝撃「そんな変わるんだ」”. ジェイ・キャスト. (2023年3月18日). https://www.j-cast.com/2023/03/18457977.html?p=all 2023年3月26日閲覧。 
  46. ^ ブスとメンヘラとデブが苦手(病気は除く)っていうのは、自分の努力でどうにでもなることを知っているから。”. 新藤加菜🐶🇯🇵港区議会議員🌸無所属 - X (2023年3月15日). 2023年12月10日閲覧。
  47. ^ アベノマスクをブラにしたポスターで話題 北区議選「ゆづか姫」こと新藤加菜候補に直撃”. ニュースサイトしらべぇ (2020年7月1日). 2020年12月13日閲覧。
  48. ^ ゆづか姫「アベノマスクブラ」ポスターお披露目”. スポニチアネックス (2020年6月28日). 2020年12月13日閲覧。
  49. ^ 「アベノマスクブラ」のセクシー選挙ポスターで北区都議補選が大騒ぎ 大胆な胸元に修正入る - 田野幸伸”. BLOGOS (2020年7月3日). 2023年12月10日閲覧。
  50. ^ 【女だらけの北区補選】ゆづか姫が苦渋のブラ隠し ネットでの誹謗中傷で無念の方針転換”. 東京スポーツ (2020年7月2日). 2023年12月10日閲覧。
  51. ^ a b 「ゆづか姫」の“知事席でポーズ写真”が波紋広げる…SNS投稿NG 吉村知事は騒動「初めて知った」”. スポニチアネックス (2022年8月22日). 2023年12月10日閲覧。
  52. ^ a b 著作権は市議会に属する?地方議会、傍聴人の録音・SNS投稿禁止ルールの法的問題”. Business Journal (2022年8月24日). 2023年12月10日閲覧。
  53. ^ a b c 「めった刺しにして殺す」インフルエンサー候補を襲った2万通の嫌がらせ 港区議・新藤加菜さんの戦い”. 選挙ドットコム (2023年4月30日). 2023年12月10日閲覧。
  54. ^ 「メッタ刺しにして殺す」港区選候補に殺害予告2万件 「暴力による排除は許されない」”. ENCOUNT (2023年4月21日). 2023年12月10日閲覧。
  55. ^ 殺害予告受けた新藤加菜氏が活動再開 屈強な格闘家が身辺警護”. 東京スポーツ (2023年4月6日). 2023年4月15日閲覧。
  56. ^ 「密入国者をCMに使う企業は許されて、トランスジェンダーの問題を指摘した本は出版停止に追い込まれる世の中、ホントに嫌だ。 キモすぎ。」”. 新藤加菜🐶🇯🇵港区議会議員🌸無所属 - X (2023年12月8日). 2023年12月10日閲覧。
  57. ^ 1955年までに検挙強制送還された密入国者は5万人近くともいわれていますが、検挙を逃れ不法に滞在し続けた数は、20-25万人規模であると推定する論文もあります。”. 新藤加菜🐶🇯🇵港区議会議員🌸無所属 - X (2023年12月11日). 2023年12月15日閲覧。
  58. ^ 『あの子もトランスジェンダーになった』発売中止騒動を考える:ロマン優光連載269”. コアマガジンロマン優光) (2023年12月8日). 2023年12月18日閲覧。
  59. ^ a b アンミカさん、「密入国」のバッシングに「そんなわけないじゃないですか」と否定していた”. ハフポスト (2023年12月12日). 2023年12月15日閲覧。
  60. ^ カップ麺のCMめぐり炎上の新藤加菜・区議「証明なんて出せるわけない」根拠が乏しい投稿と認める”. 中日スポーツ (2023年12月10日). 2023年12月15日閲覧。
  61. ^ 「密入国者」アンミカ どん兵衛CM出演で事実無根の誹謗中傷の嵐…日清食品に見解を聞いた”. 女性自身 (2023年12月13日). 2023年12月15日閲覧。
  62. ^ 謎のアンミカ・バッシング:ロマン優光連載270”. コアマガジンロマン優光) (2023年12月16日). 2023年12月18日閲覧。
  63. ^ 「アンミカ氏は1990年に、大阪府立住吉高等学校を卒業しています。公立高校の入学には住民票の写しが必要であるため、少なくともこの時点では合法に滞在していた可能性が高いです。」”. Twitterコミュニティノート. 2023年12月10日閲覧。
  64. ^ 『創立100周年 住中・住高生活の思い出』”. 大阪府立 住吉高校同窓会 (2022年7月15日). 2023年12月15日閲覧。
  65. ^ アンミカ、根拠なき「密入国者」説が飛び交う…公式SNSで「そんなわけない」と否定も拡散止まらず”. 日刊サイゾー (2023年12月12日). 2023年12月15日閲覧。
  66. ^ 《どん兵衛CM》アンミカ「密入国者を使うな」に本人困惑、デマが広がった背景にあった「再現VTR」”. NEWSポストセブン (2023年12月12日). 2023年12月15日閲覧。
  67. ^ 木製の小舟でどうやって入国審査を受けるのだろうか。入国査証を受けて港に接岸する用途の船ではなく、入国査証庁が我が国に建設されていない浜辺に上陸する用途の船。密入国だと信じるに足りる表現をTBSはされていたと思います。ご本人が否定したとのことで、一度削除はしております。”. 新藤加菜🐶🇯🇵港区議会議員🌸無所属 - X (2023年12月12日). 2023年12月15日閲覧。
  68. ^ ビートきよしが‟密入国デマ被害”のアンミカに苦言「嫌なら帰ってください」発言のワケ”. アサ芸ビズ (2023年12月14日). 2023年12月15日閲覧。
  69. ^ 月刊WiLL(マンスリーウイル) 発売日・バックナンバー”. FUJISAN MAGAZINE. 2023年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]