半保護されたページ

百田尚樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

百田 尚樹
(ひゃくた なおき)
Naoki Hyakuta cropped 2 Naoki Hyakuta and Kiyoaki Kawanami 20171029.jpg
沖縄県那覇市にて(2017年10月29日)
誕生 (1956-02-23) 1956年2月23日(64歳)
日本の旗 大阪府大阪市
職業 放送作家
小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 同志社大学法学部中途退学
活動期間 2006年 -
代表作永遠の0』(2006年)
海賊とよばれた男』(2013年)
主な受賞歴 本屋大賞(2013年)
デビュー作永遠の0』(2006年)
活動期間 放送作家:
1970年代後半 -
小説家:
2006年 - 2019年[1]
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

百田 尚樹(ひゃくた なおき、1956年(昭和31年)2月23日[2] - )は、日本放送作家小説家。代表作に『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』などがある。

来歴

生い立ち

大阪府大阪市東淀川区出身[2]同志社大学法学部在学中に『ラブアタック!』(ABC)に出演し1978年当時大学3年生で6回目の挑戦などをする常連だった[3]。大学は5年在籍した後、中退した[2]

放送作家・小説家として

航空自衛隊第9航空団司令官川波清明(右)に色紙を贈る百田(左)(2017年10月29日、航空自衛隊那覇基地にて)

その後、朝日放送プロデューサー松本修に目をかけられ[4]放送作家となり、『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを25年以上に渡り務めているほか、『大発見!恐怖の法則』などの番組の構成を手がけた[5]

2006年(平成18年)に『永遠の0』(太田出版)を発表し、小説家としてデビュー。2009年(平成21年)、『BOX!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた[6]2012年(平成24年)10月15日オリコン“本”ランキング文庫部門で『永遠の0』が100万部を突破。文庫部門では13作目[7]

2013年(平成25年)、『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞[8]。「直木賞なんかよりもはるかに素晴らしい、文学賞の中で最高の賞だ」と喜び[6]、その発言でも注目を集めた[9]。同年9月から『週刊新潮』にて『フォルトゥナの瞳』を連載開始した。これは小説家デビュー以来、初の週刊誌連載となる。同年10月9日第26回日本メガネベストドレッサー賞文化界部門を受賞[10]。同年11月11日から2015年2月28日まで[11]、NHK経営委員(1期のみ務める)[12]

2019年6月12日に、小説家引退を宣言[1]

2019年12月、著作の累計発行部数が2000万部を突破したと発表した[13]

主張

2012年自由民主党総裁選挙

2012年9月に行われた自由民主党総裁選挙の際は、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人に名を連ねた[14]

民主党への発言

  • 民主党について、2012年11月11日放送のテレビ番組『たかじんのそこまで言って委員会[注 1] において、「息を吐くように嘘をつく」と非難している[15]。また、同党の支持母体のひとつである日本教職員組合(日教組)について、2014年6月18日に行われた静岡青年会議所主催の講演会において、「日教組は何十年間も、純粋無垢な子どもたちに贖罪意識を教え込んでいる。まず『日本は素晴らしい』ということを教えなければいけない」「日本人でいることが恥ずかしいと教え込まれた子どもたちは立派な大人になれない」と述べている[16]

憲法改正について

憲法改正について、渡部昇一との対談で「安倍政権では、もっとも大きな政策課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道筋をつくっていかねばなりません」と述べている[17]

2014年東京都知事選挙における発言

2014年2月、東京都知事選田母神俊雄の街頭演説に参加した際、田母神以外の候補を「人間のくずみたいなもの」と述べ、南京事件については「日本兵による犯罪は少数あったものの、日本軍による“大虐殺”はなかった」とする久保有政の説を支持している事と、東京大空襲原爆投下は「大虐殺だった」とし、「東京裁判はそれをごまかすための裁判だった」と主張した[18]。南京大虐殺に関する発言について第1報の元記事を配信した共同通信社は、「放送法上は問題ない」としつつ「公共放送の政治的中立に疑問を抱かせかねない事態で、議論を呼びそうだ」と報じた[19]。百田は、「NHKの経営委員がこんなことを言っていいのかと非難を受けたが(短文投稿サイトの)ツイッターで『ええんや、ほっとけ』と言った。私は何も怖くない」と反駁した[19]

東京裁判に関する主張について、共同通信社から質問された駐日アメリカ合衆国大使館の報道担当官は「非常識」であると回答し[20]、「米政府は、責任ある地位にある人物が(アジア)地域の緊張をあおるような発言を控えるよう努めることを望む。」と述べた[21]。また、朝日新聞アメリカ合衆国国務省に確認を求め、同省も「不合理」と反論した[22]

民主党の有田芳生は、2014年2月の参議院予算委員会で百田が「南京大虐殺はなかったと持論を展開」、「他の主要候補を人間のくずみたいなもの」と批判したと指摘した[23]。百田は、同年2月12日に行われたNHK経営委員会の非公開の会合の中で「個人的信条に基づく行動は問題ないと考えているが、そうではない趣旨の報道をされた。人のことを『くず』と呼んだのはほめられた言動ではなかった」と釈明した[24]。一方で、「(NHK経営委員の立場は)個人的な主義主張を縛るものではない。私の本職は作家であり著述家。政治や国際問題についても発言してきた。経営委員だからそうした発言を一切するなというのは言論封殺、職業否定につながる」とも述べた[25]

中華人民共和国外交部は「南京事件は事実であり、日本の一部の者がその存在を抹殺し捻じ曲げようとする行為は国際正義と人類の良識に対する公然たる挑戦」と批判した[26]

2014年2月14日、共同通信社は、「NHKがキャロライン・ケネディ駐日米大使のインタビュー取材を米国大使館に申し込み、調整を進めていたところ、経営委員を務める“”百田の東京裁判や南京事件をめぐる発言を理由に大使館側から難色を示され、発言の影響が報道の現場に及んでいる」と報じた[27]。これについて櫻井よしこは、「信頼すべき関係者」からの情報として、ケネディが「そのようなことはない。自分は読売新聞と朝日新聞の取材にすでに応じている。次はテレビであり、それは『クローズアップ現代』だと考えている。断ったということはない」と語ったと主張し、共同通信の記事は事実ではないと述べている[28]。その後、ケネディは2同年3月6日放送のクローズアップ現代に出演した[29]

沖縄関連の発言

自衛官(左)と握手する百田(右)(2017年10月29日、航空自衛隊那覇基地にて)

2015年6月25日、自民党若手議員の勉強会である文化芸術懇話会において「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」「米兵が犯したレイプ犯罪よりも、沖縄県全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」と発言した[30]。また、普天間基地について、「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。そこを選んで住んだのは誰やねん」と述べ、戦時中の沖縄について「沖縄は本当に被害者やったのか。そうじゃない」とも述べた[31]。また同席上で、軍隊を持たないナウル、バヌアツ、ツバルなどを名指しして「くそ貧乏長屋。とるものも何もない」「アイスランドは年中、氷。資源もない。そんな国、誰がとるか」などと発言し、参加議員からは笑いが起きていたという[32]。これらの発言について、6月27日の福岡市内での講演における質疑応答で、「どう考えても私的なもの」と説明した[33]

2017年10月、名護市で講演した際、取材に訪れた沖縄タイムス記者に「悪魔に魂を売った記者」「中国が琉球を乗っ取ったら、阿部さんの娘さんは中国人の慰み者になります」などと発言した。[34]

2018年9月12日、真相深入り!虎ノ門ニュースで在日米軍のヘリ機材の部品落下事故について、「どうも調べていくと、これ全部嘘やったっちゅうことです」「どうもこれは全部捏造やったちゅう疑いがほぼ間違いないと言われて」などと発言した[35]

9月20日放送の同放送でも、日米両政府が本土の反対運動を懸念して在日海兵隊の基地を沖縄に移転させたことに言及し「そんな事実どこにもない」と発言したが、その発言に対しファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)が「誤り」の判定をくだした[36]。また9月30日の沖縄県知事選挙玉城デニー当選確定に際し「沖縄、終わったかもしれん」などとつぶやいている[37]

新型コロナウイルス感染症関連

2020年3月31日、新型コロナウイルス感染症の流行の影響で収入が減った国民に対し、政府が現金を給付する案が出ていることについて、生活保護受給者(収入が流行の影響を受けていないとして)、公務員、政治家への給付には反対を表明した [38]

トラブル

『殉愛』をめぐる係争

2014年、『殉愛』によって名誉毀損やプライバシー侵害をされたとして、やしきたかじんの長女が、出版元の幻冬舎に、出版差し止めと1100万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした[39]

2015年、百田のツイッターにおける発言が「人権侵害にあたる」として、やしきたかじんの長女が東京弁護士会に人権救済を申し立てた。申し立てによると、発言は、やしきたかじんの闘病生活を書いた百田の著作「殉愛」の発行差し止めなどを、長女が発行元の幻冬舎に求めた訴訟をめぐるもの。申し立てで長女側は、「発言は自分に対する脅迫であり、提訴に報復するとの宣言だ」としている[40]

2016年7月、東京地方裁判所は、「百田氏のノートにはあいまいなメモしかない」と指摘し、長女に関する記述は「真実と認められない」として名誉毀損を認めた[41][42]。その上で、計6カ所の記述が名誉毀損やプライバシーの侵害にあたるとして、幻冬舎にやしきたかじんの長女へ330万円の支払いを命じた[41][42][43][44][45]。また、2017年2月1日に東京高等裁判所で行われた控訴審判決では、更に1か所について名誉毀損にあたる部分があるとして、一審より賠償額を増やし、幻冬舎に対して長女への365万円の支払いを命じた[46]

2017年12月22日、最高裁判所は幻冬舎側の上告を受理しない決定を下し、これにより二審判決が確定した[47]

たかじんの元マネジャーの男性が損害賠償を求めた訴訟で、2018年11月28日に東京地裁は百田と幻冬舎に計275万円の支払いを命じる判決を下した[48]

『日本国紀』における転載や流用疑惑

2018年、日本の歴史を書いたとする『日本国紀』を刊行したが、Wikipediaの記述や新聞の記事などと文章の類似点が多く[要出典]、転載や流用が行われているのではないかとの指摘がなされ、複数のメディアに掲載された[49][50][51]。この指摘に対して百田尚樹は、Wikipediaからの情報収集は全体の1パーセント(5ページ程度)と発言している[要出典]

エピソード

趣味はマジック囲碁。囲碁は六段[6]。自宅の仕事部屋や書庫は足の踏み場がないほどに資料等が置かれている[52]。10000冊以上の書籍、20000枚以上のクラシックCDを所有している

番組構成

著作

小説

  • 著書名は50音順ソート。
  • デフォルトでは刊行順に配列、発行年月の列のソートボタンで元の順序に戻る。
著書名 発行年月 出版元 備考
えいえんのせろ/永遠の0 2006年8月
2009年7月
太田出版
講談社文庫
せいやのおくりもの/聖夜の贈り物
輝く夜(改題)
2007年11月
2010年11月
太田出版
講談社文庫

収録作品

  • 魔法の万年筆
  • ケーキ
  • タクシー
  • サンタクロース
ほつくす/BOX! 2008年7月
2010年3月
2013年4月
太田出版
太田出版文庫
講談社文庫
上下巻/ 文庫版はいずれも上下巻
かせのなかのまりあ/風の中のマリア 2009年3月
2011年7月
講談社
講談社文庫
もんすたあ/モンスター 2010年03月
2012年4月
幻冬舎
幻冬舎文庫
りんく/リング
「黄金のバンタム」を破った男(改題)
2010年05月
2012年11月
PHP研究所
PHP文芸文庫
かけほうし/影法師 2010年05月
2012年6月
講談社
講談社文庫
いかりをあけよ/錨を上げよ 2010年11月
2019年9月
2019年10月
講談社
幻冬舎文庫
上下巻
一 出港篇 二 座礁篇
三 漂流篇 四 抜錨篇
こうふくなせいかつ/幸福な生活 2011年06月
2013年12月
祥伝社
祥伝社文庫

収録作品

  • 母の記憶
  • 夜の訪問者
  • そっくりさん
  • おとなしい妻
  • 残りもの
  • 豹変
  • 生命保険
  • 痴漢
  • ブス談義
  • 再会
  • 償い
  • ビデオレター
  • ママの魅力
  • 淑女協定
  • 深夜の乗客
  • 隠れた殺人
  • 催眠術
  • 幸福な生活
ふりすむ/プリズム 2011年10月
2014年4月
幻冬舎
幻冬舎文庫
かいそくとよはれたおとこ/海賊とよばれた男 2012年7月
2014年7月
講談社
講談社文庫
上下巻
ゆめをうるおとこ/夢を売る男 2013年02月
2015年4月
太田出版
幻冬舎文庫
ふおるとうなのひとみ/フォルトゥナの瞳 2014年9月
2015年11月
新潮社
新潮文庫
しゆんあい/殉愛 2014年11月 幻冬舎
かえるのらくえん/カエルの楽園 2016年2月
2017年8月
新潮社
新潮文庫
けんあん/幻庵 2016年12月 文藝春秋 上下巻
なつのきし/夏の騎士 2019年7月 新潮社
かえるのらくえん2020/カエルの楽園2020 2020年6月 新潮文庫

エッセイ・評論

著書名 発行年月 出版元 備考
至高の音楽 クラシック永遠の名曲 2013年12月 PHP研究所
大放言 2015年8月 新潮新書
至高の音楽 クラシック「永遠の名曲」の愉しみ方 2015年12月 PHP新書
この名曲が凄すぎる クラシック劇的な旋律 2016年2月 PHP研究所
鋼のメンタル 2016年8月 新潮新書
雑談力 2016年10月 PHP新書
百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉 2017年3月 幻冬舎
今こそ、韓国に謝ろう 2017年6月 飛鳥新社
図解 雑談力 2017年8月 PHP研究所
戦争と平和 2017年8月 新潮新書
逃げる力 2018年3月 PHP新書
日本国紀 2018年11月 幻冬舎
今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 2019年3月 飛鳥新社 今こそ、韓国に謝ろう」に大幅加筆した文庫版[53]
偽善者たちへ 2019年11月 新潮新書
バカの国 2020年4月 新潮新書
地上最強の男 世界ヘビー級チャンピオン列伝 2020年6月 新潮社 ノンフィクション

共著

著書名 共著者 発行年月 出版元 備考
せろせんとにほんとう/ゼロ戦と日本刀 美しさに潜む「失敗の本質」 渡部昇一 2013年12月
2015年2月
PHP研究所
PHP文庫
にほんよ、せかいのまんなかてさきほこれ/日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ 安倍晋三 2013年12月
2017年10月
ワック・マガジンズ
WAC BUNKO
あいこくろん/愛国論 田原総一朗 2014年12月
2017年2月
ベストセラーズ
ワニ文庫
かえるのらくえんかしこくとかすひ/「カエルの楽園」が地獄と化す日 石平 2016年11月 飛鳥新社
たいちょくけん/大直言 青山繁晴 2017年1月 新潮社
いいかけんにめをさまさんかい、にほんしん!これいしょうのさはらせるな!めんとくさいかんこくとやっかいなちゅうこく&きたちょうせん/いい加減に目を覚まさんかい、日本人! ケント・ギルバート 2017年11月
2019年9月
祥伝社
新書
百田尚樹 永遠の一冊 花田紀凱 2017年12月 飛鳥新社
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 有本香 2018年12月28日 産経新聞出版

解説

  • 畠山健二『観客のいない劇場で』笑説倶楽部、1985年5月。
  • 浅田次郎『沙高樓綺譚(さこうろうきたん)』文藝春秋〈文春文庫 あ39-10〉、2011年11月。ISBN 978-4-16-764609-7
  • 竹田恒泰『現代語古事記 天皇の物語』学研パブリッシング〈学研M文庫〉、2013年12月。
    • 巻末特別対談・百田尚樹vs竹田恒泰
  • 勝谷誠彦『ディアスポラ』文藝春秋〈文春文庫 か47-2〉、2014年2月。ISBN 978-4-16-790034-2

番組出演

テレビ

ラジオ

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 「大好評の「オッサン」シリーズがついに…“シーズン2”突入!今回は“怒れる”主張を持ったオッサンたちが大集結!過激すぎるプレゼンにスタジオ騒然…」に西村眞悟、パン職人廣瀬満男、ロバート・ゲラー東京大学教授と共にゲストとして出演

出典

  1. ^ a b 百田尚樹さんが「小説家引退」宣言 ツイッターに「悔いはない」”. 産経ニュース (2019年6月12日). 2019年12月1日閲覧。
  2. ^ a b c 百田尚樹』 - コトバンク
  3. ^ テリー伊藤対談「百田尚樹」(1)放送作家になったきっかけは…”. アサ芸プラス. アサヒ芸能 (2014年8月26日). 2016年3月29日閲覧。
  4. ^

    構成陣を率いるのは、会議中、無駄口ばかり叩いている百田尚樹である。彼は昭和五十一年から四年間、私がディレクターをしていた『ラブアタック!』の”みじめアタッカー”として、全国に知られる学生のスーパースターだった。その当時から抜群のアイディアマンだったが、就職もしないままブラブラ遊んでいたのを、そんなことではいけないと番組を手伝ってもらっているうちに、いつの間にかこの世界に入ってしまったのである。

    松本修,太田出版全国アホ・バカ分布考』1993年 ISBN 4-87233-116-8

  5. ^ 百田 尚樹 - ご意見バン! - 真相報道バンキシャ!”. 日本テレビ放送網. 2016年3月29日閲覧。
  6. ^ a b c “本屋大賞:百田尚樹さん作家7年目で文学賞を初受賞「直木賞以上の最高の賞」”. MANTANWEB. (2013年4月10日). http://mantan-web.jp/2013/04/10/20130409dog00m200072000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  7. ^ 『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え”. オリコン (2012年10月11日). 2013年3月19日閲覧。
  8. ^ “本屋大賞:百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」が受賞”. MANTANWEB. (2013年4月9日). http://mantan-web.jp/2013/04/09/20130409dog00m200043000c.html 
  9. ^ “情熱大陸:出す本全てが売れまくる…50歳でデビューした異色の作家、百田尚樹に密着”. 毎日jp. (2013年6月4日). http://mainichi.jp/feature/news/20130604org00m200053000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  10. ^ 鈴木保奈美、ローラらに「メガネ ベストドレッサー賞」 武井咲「ずっと欲しかった」”. Billboard JAPAN (2012年10月9日). 2013年10月13日閲覧。
  11. ^ 「NHK経営委員:百田氏が退任へ」、毎日新聞、2015年1月31日
  12. ^ NHK経営委員会HP 経営委員紹介
  13. ^ 百田尚樹さんはTwitterを使っています 「昨日、私の自宅にて「著作2000万部突破記念パーティー」を開きました。お世話になった各出版社の編集者の皆さんが集まってくれました。 でも累計2000万部達成は、読者の皆様のお陰です! この場を持ちまして、皆様に御礼を申し上げます。 本当にありがとうございました。」 / Twitter
  14. ^ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会 発起人一覧
  15. ^ 男の履歴書 百田尚樹編|インライフ
  16. ^ “百田氏「日教組は日本のがん」 講演会後の質疑応答で”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年6月18日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061801001971.html 2014年6月19日閲覧。 
  17. ^ 宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」」『Business Journal』、サイゾー、2013年9月25日、2014年1月15日閲覧。
  18. ^ “NHK経営委員 百田尚樹氏 東京都知事選応援で波紋 持論展開”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/04/kiji/K20140204007521230.html 2014年2月5日閲覧。 
  19. ^ a b “百田氏が選挙応援演説 NHK経営委員、持論展開”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月5日). http://www.47news.jp/47topics/e/250047.php 2014年2月8日閲覧。 アーカイブ
  20. ^ 米が百田氏発言を批判 共同通信 2014年2月8日
  21. ^ “米、百田尚樹氏発言「非常識」 東京裁判批判に反論”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月8日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020801001646.html 2014年2月9日閲覧。 
  22. ^ “米国務省「不合理」と反論 百田尚樹氏の都知事選演説”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月8日). http://www.asahi.com/articles/ASG2804PRG27UHBI032.html 2014年2月8日閲覧。 
  23. ^ “NHK経営委員発言:騒動収まらず”. 毎日新聞デジタル. (2014年2月6日). オリジナルの2014年2月7日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2014-0207-1811-51/mainichi.jp/select/news/20140206k0000m010136000c.html 2014年2月12日閲覧。 
  24. ^ “NHK経営委員は「節度もって」 委員長、異例の見解”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月12日). http://digital.asahi.com/articles/ASG2D5QJKG2DUCVL01M.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG2D5QJKG2DUCVL01M 2014年2月13日閲覧。 
  25. ^ “人間のくず「言い過ぎた」 百田尚樹氏インタビュー”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月20日). http://www.asahi.com/articles/ASG2L6GFWG2LUTIL062.html 2014年5月27日閲覧。 
  26. ^ NHK経営委員の南京大虐殺否定発言を批判 中国外交部報道官 駐日中国大使館2014年2月5日
  27. ^ “米大使館、NHK取材に難色 百田氏の発言理由に”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月14日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021401002679.html 2014年4月7日閲覧。 
  28. ^ 櫻井よしこケネディ駐日米大使はNHK取材を拒否していなかった!」『週刊ダイヤモンド』2014年3月1日号、2014年4月7日閲覧。
  29. ^ 日米関係はどこへ〜ケネディ駐日大使に聞く〜
  30. ^ 百田氏「沖縄2紙を潰さねば」 「どこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはず」とも - 産経新聞、2015年6月26日
  31. ^ 「『沖縄の地元紙、左翼に乗っ取られている』 自民勉強会」、朝日新聞、2015年6月26日
  32. ^ ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年2月16日閲覧。
  33. ^ “百田尚樹氏「発言」の真意 報じられた言葉と報じられなかった言葉”. 産経デジタル. (2015年6月29日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150629/plt1506291534001-n1.htm 2015年10月2日閲覧。 
  34. ^ “[大弦小弦]作家の百田尚樹氏から「悪魔に魂を売った記者」という異名をいただいた・・・”. 沖縄タイムス (沖縄タイムス社). (2017年11月6日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/166154 2018年3月30日閲覧。 
  35. ^ 深笛義也 (2018-01-19). “百田尚樹「(沖縄・米軍ヘリ機材落下は)全部嘘」、記者に「娘さんは中国人の慰み者」”. ビジネスジャーナル (サイゾー). http://biz-journal.jp/2018/01/post_22047.html 2018年3月30日閲覧。. 
  36. ^ "本土の反対運動を懸念し沖縄に海兵隊移転"は本当?”. NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス] (2018年10月3日). 2020年1月12日閲覧。
  37. ^ 「沖縄、終わった」 知事選結果に相次ぐ中傷 SNS投稿、拡散 琉球新報
  38. ^ 百田尚樹氏「生活保護の人に給付金を出すのは反対!」と主張 東スポWEB 2020年3月31日閲覧
  39. ^ 「やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹氏が描いた『殉愛』」産経新聞、2014年11月21日
  40. ^ 「たかじんさん長女が人権救済申し立て 百田氏発言めぐり」、朝日新聞、2015年1月19日
  41. ^ a b “たかじんさん娘の訴え認める 百田氏「殉愛」出版社、名誉毀損で支払い命令”. 産経新聞. (2016年7月29日). http://www.sankei.com/affairs/news/160729/afr1607290029-n1.html 2016年7月30日閲覧。 
  42. ^ a b “幻冬舎に賠償命令 「殉愛」で名誉毀損認める 東京地裁”. 朝日新聞. (2016年7月29日). http://digital.asahi.com/articles/ASJ7Y517HJ7YUTIL035.html 2016年7月30日閲覧。 
  43. ^ “たかじん氏描いた本で幻冬舎に賠償命令”. NHK. (2016年7月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010614001000.html 2016年7月30日閲覧。 
  44. ^ “百田さん「殉愛」巡り、たかじんさん長女が勝訴”. 読売新聞. (2016年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20160729-OYT1T50078.html 2016年7月30日閲覧。 
  45. ^ “「殉愛」出版社に賠償命令、名誉毀損など認める”. TBS. (2016年7月29日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2833320.html 2016年7月30日閲覧。 
  46. ^ “「殉愛」で名誉毀損、二審も認める 幻冬舎の賠償を増額”. 朝日新聞. (2017年2月1日). http://www.asahi.com/articles/ASK214FHZK21UTIL012.html 2017年2月1日閲覧。 
  47. ^ “百田尚樹氏書籍、賠償命令確定 やしきさんたかじん長女の名誉毀損”. サンスポ・コム. (2017年12月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171222/tro17122217450010-n1.html 2017年12月22日閲覧。 
  48. ^ 百田氏「殉愛」、賠償命令 名誉毀損認める”. 日本経済新聞 (2018年11月28日). 2018年12月1日閲覧。
  49. ^ 百田尚樹氏による日本の通史『日本国紀』に"矛盾"か コピペやWikipedia転用疑惑も」『週刊実話』、2018年11月20日 9時15分(ニフティニュース、2018年11月20日閲覧)
  50. ^ 「売り上げ好調 百田氏「日本国紀」に「コピペ」騒動 専門家の評価は?」『毎日新聞』2018年12月20日
  51. ^ 山本一郎 「百田尚樹『日本国紀』コピペ論争と歴史通俗本の果てなき戦い」 Yahooニュース、2018年12月22日
  52. ^ (週刊現代 2013, p. 14)
  53. ^ 今こそ、韓国に謝ろう 文庫版. 飛鳥新社. ISBN 9784864106825 

参考文献

外部リンク