百田尚樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
百田 尚樹
(ひゃくた なおき)
誕生 1956年2月23日(60歳)
日本の旗 日本 大阪府大阪市東淀川区
職業 放送作家小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1970年年代後半 - (放送作家として)
2006年 - (小説家として)
ジャンル 青春・スポーツ 他
主な受賞歴 第10回本屋大賞(2013年)
デビュー作 永遠の0』(2006年)
配偶者 理香[1]
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

百田 尚樹(ひゃくた なおき、1956年2月23日 - )は、日本放送作家小説家大阪府大阪市東淀川区出身。

経歴[編集]

同志社大学法学部在学中に『ラブアタック!』(ABC)に出演し、みじめアタッカーの常連だった(1978年当時大学3回生で6回目の挑戦など)[2]。妻はその時に出演していたかぐや姫役の女性[1]。大学生活5年目で中退、その後放送作家となり、『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを25年以上に渡り務めているほか、『大発見!恐怖の法則』などの番組の構成を手がけた[3]

2006年(平成18年)に『永遠の0』(太田出版)を発表し、小説家としてデビュー。2009年(平成21年)、『BOX!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた[4]2012年(平成24年)10月15日オリコン“本”ランキング文庫部門で『永遠の0』が100万部を突破。文庫部門では13作目[5]

2013年(平成25年)、『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞[6]。「直木賞なんかよりもはるかに素晴らしい、文学賞の中で最高の賞だ」と喜び[4]、その発言でも注目を集めた[7]。同年9月から『週刊新潮』にて『フォルトゥナの瞳』を連載開始した。これは小説家デビュー以来、初の週刊誌連載となる。同年10月9日第26回日本メガネベストドレッサー賞文化界部門を受賞[8]。同年11月11日から2015年2月28日まで[9]、NHK経営委員(1期のみ務める)[10]

人物[編集]

趣味はマジック囲碁。囲碁は六段を自称している[4]。自宅の仕事部屋や書庫は足の踏み場がないほどに資料等が置かれており[11]、家族ですら何年も足を踏み入れたことが無かった。『情熱大陸』の放送を見た百田の娘が「父の部屋はこうなっていたのか」と驚いている[12]

主張[編集]

雑誌『WiLL』2012年10月号において、安倍晋三と対談し、2012年自由民主党総裁選挙に際し、もう一度内閣総理大臣を目指すよう背中を押した[13]

憲法改正について、渡部昇一との対談で「安倍政権では、もっとも大きな政策課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道筋をつくっていかねばなりません」と述べている[14]。その後も「民間憲法臨調」の主催する憲法フォーラムや、次世代の党みんなの党国会議員らによる超党派議連自主憲法研究会」の設立総会で講演し、占領下で制定された憲法が70年間全く改正されていないことが異常であるなどと主張した[15][16]。なお、百田は護憲派も改正派も「日本から戦争をなくしたい」という思いは同じであると述べたうえで、自らの主張にはその議論の中でどちらが戦争抑止力のリアリティがあるかといった意義があるとし、レッテル貼りによる言論封鎖ではないとしている[17][18]

集団的自衛権の行使容認について、賛成の立場を表明した上で、政府の対応について「国民に対するアピールが下手だ。気持ちにいかに訴えるかが大事だ」と評している[19]

南京事件について、「日本兵による犯罪は少数あったものの、日本軍による“大虐殺”はなかった」とする久保有政の説を支持している[20]

東京大空襲原爆投下は「大虐殺だった」とし、「東京裁判はそれをごまかすための裁判だった」と主張した[21]

民主党について、2012年11月11日放送のテレビ番組『たかじんのそこまで言って委員会[注 1]において、「息を吐くように嘘をつく」と非難している[22]。また、同党の支持母体のひとつである日本教職員組合(日教組)について、2014年6月18日に行われた静岡青年会議所主催の講演会において、「日教組は何十年間も、純粋無垢な子どもたちに贖罪意識を教え込んでいる。まず『日本は素晴らしい』ということを教えなければいけない」「日本人でいることが恥ずかしいと教え込まれた子どもたちは立派な大人になれない」と述べている[23]

2014年2月、東京都知事選田母神俊雄の街頭演説に参加した際、前述の南京大虐殺に関する主張をし、物議を醸した[21]

2015年(平成27年)6月25日文化芸術懇話会において「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」「あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはずだ」「米兵が犯したレイプ犯罪よりも、沖縄県全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」と発言した[24]。また、普天間基地について、「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。そこを選んで住んだのは誰やねん」と述べ、戦時中の沖縄について「沖縄は本当に被害者やったのか。そうじゃない」とも述べた[25]。これらの発言について、6月27日の福岡市内での講演における質疑応答で、「どう考えても私的なもの」「最初、報道陣がいて、その後、報道陣は退出した。一般には公開されない内輪の席での会話です。ただ、声が大きいので(外に)丸聞こえだった」と語り、「講演で話したのは、集団的自衛権のこと」「その後の質問で、マスメディアの話、沖縄の新聞の話が出た。じっくりと沖縄の2紙について意見交換していない。笑いながら『あの新聞やっかいや、つぶれてもらわんとな』と。それで話は終わり。こんなニュアンスは字にはできないでしょ」と説明した[26]

これらの発言が影響し百田と国家観が異なる者に百田の思想と共に作品までも批判されることがある、なお、百田と国家観が異なる者の中にも作品に関しては評価している者もいる[27]

エピソード[編集]

前述の南京大虐殺に関する発言について第1報の元記事を配信した共同通信社は、「放送法上は問題ない」としつつ「公共放送の政治的中立に疑問を抱かせかねない事態で、議論を呼びそうだ」と報じた[28]。百田は、「NHKの経営委員がこんなことを言っていいのかと非難を受けたが(短文投稿サイトの)ツイッターで『ええんや、ほっとけ』と言った。私は何も怖くない」と反駁した[28]

東京裁判に関する発言について、駐日アメリカ合衆国大使館の報道担当官は、共同通信社の質問に「非常識」と回答し[29]し、「米政府は、責任ある地位にある人物が(アジア)地域の緊張をあおるような発言を控えるよう努めることを望む。」と述べた[30]。また、朝日新聞アメリカ合衆国国務省に確認を求め、同省も「不合理」と反論した[31]産経新聞はこれらの批判について「個人の思想を公開することは問題ないことで言論封殺ではないか」と逆に非難している[32]

民主党の有田芳生は、同年2月の参議院予算委員会で、百田が「南京大虐殺はなかったと持論を展開」、「他の主要候補を人間のくずみたいなもの」と批判したと指摘した[33]。百田は、2014年2月12日に行われたNHK経営委員会の非公開の会合の中で「個人的信条に基づく行動は問題ないと考えているが、そうではない趣旨の報道をされた。人のことを『くず』と呼んだのはほめられた言動ではなかった」と釈明した[34]。一方で、「(NHK経営委員の立場は)個人的な主義主張を縛るものではない。私の本職は作家であり著述家。政治や国際問題についても発言してきた。経営委員だからそうした発言を一切するなというのは言論封殺、職業否定につながる」とも述べた[35]。百田はその直後に「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)で有田が過去にツイッターで特定の人物を「鉋屑」と述べたことを批判する発言をした。百田の話によるとのちにリーガロイヤルホテル大阪の「光琳の間」で開催されたやしきたかじんの追悼式「TAKAJIN MEMORIES 2014 あんたのことが ICHIZUに やっぱ好きやねん」の会場で有田と百田は遭遇し、百田が「たかじんのそこまで言って委員会」での出来事を語ると有田は「見てません」と答え、これまでの有田が行った指摘についても「あの発言はたいしたことがない」と述べたという[36]

中華人民共和国外交部は「南京事件は事実であり、日本の一部の者がその存在を抹殺し捻じ曲げようとする行為は国際正義と人類の良識に対する公然たる挑戦」と批判した[37]

同年2月14日、共同通信社は、「NHKがキャロライン・ケネディ駐日米大使のインタビュー取材を米国大使館に申し込み、調整を進めていたところ、経営委員を務める“”百田の東京裁判や南京事件をめぐる発言を理由に大使館側から難色を示され、発言の影響が報道の現場に及んでいる」と報じた[38]。これについて櫻井よしこは、「信頼すべき関係者」からの情報として、ケネディが「そのようなことはない。自分は読売新聞と朝日新聞の取材にすでに応じている。次はテレビであり、それは『クローズアップ現代』だと考えている。断ったということはない」と語ったと主張し、共同通信の記事は事実ではないと述べている[39]。その後、ケネディは2014年3月6日放送のクローズアップ現代に出演した[40]

『殉愛』をめぐる係争[編集]

2014年、『殉愛』によって名誉毀損やプライバシー侵害をされたとして、やしきたかじんの長女が、出版元の幻冬舎に、出版差し止めと1100万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした[41]

2015年、百田のツイッターにおける発言が「人権侵害にあたる」として、やしきたかじんの長女が東京弁護士会に人権救済を申し立てた。申し立てによると、発言は、やしきたかじんの闘病生活を書いた百田の著作「殉愛」の発行差し止めなどを、長女が発行元の幻冬舎に求めた訴訟をめぐるもの。申し立てで長女側は、「発言は自分に対する脅迫であり、提訴に報復するとの宣言だ」としている[42]

2016年7月、東京地方裁判所は、「百田氏のノートにはあいまいなメモしかない」と指摘し、長女に関する記述は「真実と認められない」として名誉毀損を認めた[43][44]。その上で、計6カ所の記述が名誉毀損やプライバシーの侵害にあたるとして、幻冬舎にやしきたかじんの長女へ330万円の支払いを命じた[43][44][45][46][47]

百田はこの判決に対してコメントを出していない。

作品[編集]

番組構成[編集]

  • 『探偵!ナイトスクープ』
  • 合コン!合宿!解放区!』 - 番組構成の傍ら、ソクラテス・プラトン百田大先生の名で出演していた。
  • 『大発見!恐怖の法則』ほか

著作[編集]

  • 著書名は50音順ソート。
  • デフォルトでは刊行順に配列、発行年月の列のソートボタンで元の順序に戻る。
著書名 発行年月 出版元 備考
えいえんのせろ/永遠の0 2006年8月
2009年7月
太田出版
講談社文庫
せいやのおくりもの/聖夜の贈り物
輝く夜(改題)
2007年11月
2010年11月
太田出版
講談社文庫

収録作品

  • 魔法の万年筆
  • ケーキ
  • タクシー
  • サンタクロース
ほつくす/BOX! 2008年7月
2010年3月
2013年4月
太田出版
太田出版文庫
講談社文庫
上下巻/ 文庫版はいずれも上下巻
かせのなかのまりあ/風の中のマリア 2009年3月
2011年7月
講談社
講談社文庫
もんすたあ/モンスター 2010年03月
2012年4月
幻冬舎
幻冬舎文庫
りんく/リング
「黄金のバンタム」を破った男(改題)
2010年05月
2012年11月
PHP研究所
PHP文芸文庫
かけほうし/影法師 2010年05月
2012年6月
講談社
講談社文庫
いかりをあけよ/錨を上げよ 2010年11月 講談社 上下巻
こうふくなせいかつ/幸福な生活 2011年06月
2013年12月
祥伝社
祥伝社文庫

収録作品

  • 母の記憶
  • 夜の訪問者
  • そっくりさん
  • おとなしい妻
  • 残りもの
  • 豹変
  • 生命保険
  • 痴漢
  • ブス談義
  • 再会
  • 償い
  • ビデオレター
  • ママの魅力
  • 淑女協定
  • 深夜の乗客
  • 隠れた殺人
  • 催眠術
  • 幸福な生活
ふりすむ/プリズム 2011年10月
2014年4月
幻冬舎
幻冬舎文庫
かいそくとよはれたおとこ/海賊とよばれた男 2012年7月
2014年7月
講談社
講談社文庫
上下巻
ゆめをうるおとこ/夢を売る男 2013年02月
2015年4月
太田出版
幻冬舎文庫
しこうのおんかく/至高の音楽 クラシック永遠の名曲 2013年12月 PHP研究所
ふおるとうなのひとみ/フォルトゥナの瞳 2014年9月
2015年11月
新潮社
新潮文庫
しゆんあい/殉愛 2014年11月 幻冬舎
たいほうげん/大放言 2015年8月 新潮新書
しこうのおんかく/至高の音楽 クラシック「永遠の名曲」の愉しみ方 2015年12月 PHP新書
このめいきよくかすこすきる/この名曲が凄すぎる クラシック劇的な旋律 2016年2月 PHP研究所
かえるのらくえん/カエルの楽園 2016年2月 新潮社
はがねのめんたる/鋼のメンタル 2016年8月 新潮新書

共著[編集]

著書名 共著者 発行年月 出版元 備考
せろせんとにほんとう/ゼロ戦と日本刀 美しさに潜む「失敗の本質」 渡部昇一 2013年12月
2015年2月
PHP研究所
PHP文庫
にほんよ、せかいのまんなかてさきほこれ/日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ 安倍晋三 2013年12月 ワック・マガジンズ
あいこくろん/愛国論 田原総一朗 2014年12月 ベストセラーズ

解説[編集]

番組出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
過去

ラジオ[編集]

インタビュー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「大好評の「オッサン」シリーズがついに…“シーズン2”突入!今回は“怒れる”主張を持ったオッサンたちが大集結!過激すぎるプレゼンにスタジオ騒然…」に西村眞悟、パン職人廣瀬満男、ロバート・ゲラー東京大学教授と共にゲストとして出演

出典[編集]

  1. ^ a b (週刊現代 2013, p. 15)
  2. ^ “テリー伊藤対談「百田尚樹」(1)放送作家になったきっかけは…”. アサ芸プラス. (2014年8月26日). http://www.asagei.com/excerpt/25794 
  3. ^ 百田 尚樹 - ご意見バン! - 真相報道バンキシャ!”. 日本テレビ. 2016年3月29日閲覧。
  4. ^ a b c “本屋大賞:百田尚樹さん作家7年目で文学賞を初受賞「直木賞以上の最高の賞」”. MANTANWEB. (2013年4月10日). http://mantan-web.jp/2013/04/10/20130409dog00m200072000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  5. ^ 『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え”. オリコン (2012年10月11日). 2013年3月19日閲覧。
  6. ^ “本屋大賞:百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」が受賞”. MANTANWEB. (2013年4月9日). http://mantan-web.jp/2013/04/09/20130409dog00m200043000c.html 
  7. ^ a b “情熱大陸:出す本全てが売れまくる…50歳でデビューした異色の作家、百田尚樹に密着”. 毎日jp. (2013年6月4日). http://mainichi.jp/feature/news/20130604org00m200053000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  8. ^ 鈴木保奈美、ローラらに「メガネ ベストドレッサー賞」 武井咲「ずっと欲しかった」”. Billboard JAPAN (2012年10月9日). 2013年10月13日閲覧。
  9. ^ 「NHK経営委員:百田氏が退任へ」、毎日新聞、2015年1月31日
  10. ^ NHK経営委員会HP 経営委員紹介
  11. ^ (週刊現代 2013, p. 14)
  12. ^ 2013年6月10日のツイートより
  13. ^ “NHK経営委員に仰天「安倍人事」 百田尚樹、長谷川三千子氏ら「保守派論客」メンバー”. J-CASTニュース. (2013年10月25日). http://www.j-cast.com/2013/10/25187271.html?p=1?igred=on 2014年5月24日閲覧。 
  14. ^ 宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」」、『Business Journal』、サイゾー2013年9月25日2014年1月15日閲覧。
  15. ^ 5/3「憲法改正の早期実現を求める」集会・講演会が各地で開催されます ≪日本会議
  16. ^ 自主憲法研究会…百田尚樹氏講演!|田沼たかしオフィシャルブログ「日本再生へ、教育維新!」Powered by Ameba
  17. ^ 百田尚樹 @hyakutanaoki 2015年3月21日1:11 のツイート
  18. ^ 百田尚樹 @hyakutanaoki 2014年1月2日0:54 のツイート
  19. ^ 安保法案で報道批判続出 自民改憲派の勉強会”. 共同通信社 (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。
  20. ^ 2013年9月23日のツイート
  21. ^ a b “NHK経営委員 百田尚樹氏 東京都知事選応援で波紋 持論展開”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/04/kiji/K20140204007521230.html 2014年2月5日閲覧。 
  22. ^ 男の履歴書 百田尚樹編|インライフ
  23. ^ “百田氏「日教組は日本のがん」 講演会後の質疑応答で”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年6月18日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061801001971.html 2014年6月19日閲覧。 
  24. ^ 百田氏「沖縄2紙を潰さねば」 「どこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはず」とも - 産経新聞、2015年6月26日
  25. ^ 「『沖縄の地元紙、左翼に乗っ取られている』 自民勉強会」、朝日新聞、2015年6月26日
  26. ^ “百田尚樹氏「発言」の真意 報じられた言葉と報じられなかった言葉”. 産経デジタル. (2015年6月29日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150629/plt1506291534001-n1.htm 2015年10月2日閲覧。 
  27. ^ どうしても違和感を覚えてしまう『永遠の0』への「戦争賛美」批判 寺川薫(編集者) マガジン9 2014年3月12日
  28. ^ a b “百田氏が選挙応援演説 NHK経営委員、持論展開”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月5日). http://www.47news.jp/47topics/e/250047.php 2014年2月8日閲覧。 アーカイブ
  29. ^ 米が百田氏発言を批判共同通信 2014年2月8日
  30. ^ “米、百田尚樹氏発言「非常識」 東京裁判批判に反論”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月8日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020801001646.html 2014年2月9日閲覧。 
  31. ^ “米国務省「不合理」と反論 百田尚樹氏の都知事選演説”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月8日). http://www.asahi.com/articles/ASG2804PRG27UHBI032.html 2014年2月8日閲覧。 
  32. ^ “追悼は日本の文化(1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2014年2月7日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140207/ent14020703060000-n2.htm 2014年2月8日閲覧。 
  33. ^ “NHK経営委員発言:騒動収まらず”. 毎日新聞デジタル. (2014年2月6日). オリジナル2014年2月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2014-0207-1811-51/mainichi.jp/select/news/20140206k0000m010136000c.html 2014年2月12日閲覧。 
  34. ^ “NHK経営委員は「節度もって」 委員長、異例の見解”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月12日). http://digital.asahi.com/articles/ASG2D5QJKG2DUCVL01M.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG2D5QJKG2DUCVL01M 2014年2月13日閲覧。 
  35. ^ “人間のくず「言い過ぎた」 百田尚樹氏インタビュー”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月20日). http://www.asahi.com/articles/ASG2L6GFWG2LUTIL062.html 2014年5月27日閲覧。 
  36. ^ 百田尚樹 @hyakutanaoki‏ 2014年3月4日10:20のツイート
  37. ^ NHK経営委員の南京大虐殺否定発言を批判 中国外交部報道官 駐日中国大使館2014年2月5日
  38. ^ “米大使館、NHK取材に難色 百田氏の発言理由に”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月14日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021401002679.html 2014年4月7日閲覧。 
  39. ^ 櫻井よしこケネディ駐日米大使はNHK取材を拒否していなかった!」、『週刊ダイヤモンド』2014年3月1日号、2014年4月7日閲覧。
  40. ^ 日米関係はどこへ〜ケネディ駐日大使に聞く〜
  41. ^ 「やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹氏が描いた『殉愛』」産経新聞、2014年11月21日
  42. ^ 「たかじんさん長女が人権救済申し立て 百田氏発言めぐり」、朝日新聞、2015年1月19日
  43. ^ a b “たかじんさん娘の訴え認める 百田氏「殉愛」出版社、名誉毀損で支払い命令”. 産経新聞. (2016年7月29日). http://www.sankei.com/affairs/news/160729/afr1607290029-n1.html 2016年7月30日閲覧。 
  44. ^ a b “幻冬舎に賠償命令 「殉愛」で名誉毀損認める 東京地裁”. 朝日新聞. (2016年7月29日). http://digital.asahi.com/articles/ASJ7Y517HJ7YUTIL035.html 2016年7月30日閲覧。 
  45. ^ “たかじん氏描いた本で幻冬舎に賠償命令”. NHK. (2016年7月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010614001000.html 2016年7月30日閲覧。 
  46. ^ “百田さん「殉愛」巡り、たかじんさん長女が勝訴”. 読売新聞. (2016年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20160729-OYT1T50078.html 2016年7月30日閲覧。 
  47. ^ “「殉愛」出版社に賠償命令、名誉毀損など認める”. TBS. (2016年7月29日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2833320.html 2016年7月30日閲覧。 
  48. ^ 日本テレビ (2012年3月3日). “今夜は小説家SP!誰でも小説家になれると売れっ子作家が太鼓判!”. 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU. 2013年7月20日閲覧。
  49. ^ 堂々上々 道上洋三が行く 第20回 ゲスト 百田尚樹さん”. おはようパーソナリティ道上洋三です (2013年5月20日). 2014年3月21日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]