ロート製薬強要事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロート製薬強要事件(ロートせいやくきょうようじけん)は、日本右派市民団体在日特権を許さない市民の会」(在特会)・「チーム関西」の元幹部ら4名が、ロート製薬株式会社による韓国人女優キム・テヒCM起用に抗議するとして2012年平成24年)3月2日に同社本社を訪れ、従業員を脅迫して竹島領有権問題およびキム・テヒ起用の是非に関する同社の見解を回答するよう求めたことにより、強要罪に問われた事件。フジテレビ抗議デモと並んで、ネット右翼による抗議行動の中で有名な事例に挙げられる。

事件に至るまでの経緯[編集]

2012年平成24年)2月2日ロート製薬は女性用スキンケアブランド「雪ごこち」の導入を発表した[1]。この新ブランドのCMに、前年10月クールに放送されたドラマ僕とスターの99日」で主演を務めた韓国人女優キム・テヒを起用することも決定された。

ところがキム・テヒは2005年(平成17年)にスイスを訪問した際に竹島領有権アピールを行っていたため、ネットユーザーを中心にCM起用への批判が相次ぎ、2月21日に行われる予定だったCM発表会見は中止に追い込まれた[2]。また新作映画に関するキム・テヒのインタビュー映像に「日本人は醜い猿じゃないですか」「日本は韓国よりも劣っている発展途上国です」などといった字幕を被せた動画を捏造しアップロードするネットユーザーも現れた[3]

こうした中、在特会関西支部会計・京都支部長を歴任した活動家の西村斉は、”ロート製薬のキム・テヒ起用に対する抗議活動を行おう”と考え、チーム関西元代表の荒巻靖彦、チーム関西のカメラマン・松本修一と共に大阪市生野区にある同社本社を訪問する計画を立てた。

事件当日[編集]

2012年平成24年)3月2日、西村斉・荒巻靖彦・松本修一はニコニコ生放送で西村斉らの抗議予定を知って参加を希望した大阪在住の元在特会メンバー三好恭弘を加え、ロート製薬の本社を訪れた。応接室に通された4人は、応対に現れた担当社員に対して「竹島はどこの国の領土か」「『反日活動家』のキム・テヒを今後もCM起用するつもりか」という質問に対する同社の見解を、2週間後の3月15日までにメールで回答するよう要求した。

4人の中で最も積極的に発言した西村斉は、「金持ち喧嘩せずのふりすんな。このヘタレが、コラ」「お前国家転覆させようと思うとんのか。何外患誘致させようとしとんのか、この会社は・・・、アホンダラ。なんぼでも呼べ、警察でも」「右翼紹介するから右翼の事務所行って言え。竹島はどこの領土か分かりませんって言えや、そやったら。きっついとこ紹介したるわ。アホちゃうけ、調子乗ったらあかんぞ、コラ」などと、しきりに威圧的な言動に及んだ。またフジテレビ抗議デモ花王抗議デモの例を挙げてロート製薬への抗議デモ実施をほのめかした。

これに対して担当社員が「お言葉使い、ご配慮頂けますか」と自制を求めたところ、西村斉は「なんで俺こういうしゃべり方やねん。親譲りやねん。ということは俺の親否定してるのか。な、俺の家同和やから俺のとこ馬鹿にしてるのか。(中略)同和教育いるんちゃうか。ここも同和教育の担当おるやろ。そんな発言したらあかんで、あんた。差別だよそれ、差別。謝りなさい、今。俺の門地に対しての差別、謝りなさい」などと述べ、さらに威圧する姿勢を見せた。

荒巻靖彦は、上述した字幕をキム・テヒの発言であるとして読み上げ、重ねて担当社員に回答を要求した。カメラマンの松本修一は担当社員らの要請を拒否して面談の様子をニコニコ生放送で中継し、「このカメラの裏に5万人くらい居ると思って下さい」と述べた。三好恭弘はあまり発言をしなかったが、西村斉らの発言に合いの手を入れ担当社員に回答を要求した。

面談後、松本修一は動画投稿サイトニコニコ動画」に面談の一部始終を映した動画をアップロードした[4]

事件後の動き[編集]

事件直後の2012年平成24年)3月4日、西村斉は改めてロート製薬に対する質問状を送付し、「竹島はどこの国の領土か」「キム・テヒの行為は反社会的活動ではないのか」「キム・テヒのCM起用は『社会貢献活動の推進』という同社の掲げる目標に反するのではないか」「今後もキム・テヒを起用し続けるのか」の各質問に対して回答するよう要求した[5]

これを受けてロート製薬側は社内会議を開き、3月15日付で「竹島は日本の領土であるという政府見解を支持する」「キム・テヒ個人の考えについて当社では回答できない。CMは商品の訴求を目的とするもので、商品戦略に基づいて適宜変更する」との回答を行った[6]。西村斉は特に後者の回答に対して不満を持ち、更なる抗議活動を計画した。

3月19日、西村斉・松本修一は在特会奈良支部長を始めとするチーム関西のメンバー5名を引き連れ、再びロート製薬本社を訪れた。ロート製薬側は敷地内への立ち入りを拒んだため、西村斉は本社前の路上で拡声器を用いて、「外国やったらロートは爆破されてるぞ。販売店のロート製薬の商品を全部燃やされるぞ。(中略)目に物見せなあかんのか。お前らぶち殺すぞと、俺の友人が言ってましたけどね」などと叫び、質問状の受け取りを要求したが拒否された。西村斉はさらに「質問状の受け取りを拒否したということで、我々はありとあらゆる抗議手段を用いることになります。(中略)他団体が来るということになる。僕は知りませんが」と述べ、抗議活動がエスカレートすることを示唆した[7]

西村斉が示唆した通り、この街宣以降に在特会やそれと友好関係にある行動する保守諸団体によるロート製薬への抗議街宣・抗議デモが多発することになる。

ロート製薬への抗議街宣・抗議デモの一覧
開催日 開催地 種別 主催・協催・協賛団体 備考
4月1日 大阪市 デモ 在特会関西6支部 チーム関西所属団体など [8]
5月12日 東京港区 街宣 在特会本部 [9]
5月13日 東京港区 街宣 日本侵略を許さない国民の会(以下「日侵会」) [10]
5月16日 東京港区 街宣 [11]
5月20日 東京中央区 デモ [12]
札幌市 街宣 俊傑憂憤の集い [13]
5月23日 東京港区 街宣 日侵会 [14]
5月26日 北九州市 街宣 在特会福岡支部 [15]
5月27日 福岡市 街宣 [16]
5月30日 東京港区 街宣 日侵会 [17]
6月2日 大阪市 街宣 在特会関西6支部 [18]
6月3日 札幌市 街宣 俊傑憂憤の集い [19]
6月9日 大阪市 デモ 在特会関西6支部・中部4支部 [20]
6月10日 東京中央区 デモ 日侵会 [21]
6月20日 [22]
9月8日 東京新宿区 街宣 在特会東京支部 [23]
9月15日 デモ 日侵会 [24]

刑事事件[編集]

逮捕・起訴[編集]

2012年平成24年)5月10日大阪府警捜査四課は西村斉・荒巻靖彦・松本修一・三好恭弘の4名を強要罪の容疑で逮捕した[25]在特会や「新攘夷運動 排害社」などの右派市民団体はこれを不当逮捕だと主張し、西村斉らが勾留されている警察署前で抗議街宣を行った[26][27]。また上述した抗議街宣・抗議デモの場や在特会・チーム関西の公式サイト上で訴訟費用のカンパ署名への協力が呼びかけられた[28][29]

その後5月30日付で4名とも起訴されたが[30]、このうち荒巻靖彦は以前に起こしていた風営法違反・公務執行妨害事件[31]についても併せて起訴され、併合審理を受けることになった。

公判[編集]

大阪地裁で行われた公判では全員が無罪を主張した。なお2012年平成24年)8月7日の初公判以降は被告人ごとに公判を分離して行うこととされた。

西村斉は「通常のクレームの程度を超えない正当な抗議活動だ」と主張したが、大阪地裁は12月18日、「右翼団体抗議デモが押し寄せることを示唆するなど社員を脅迫したのは明らかで、突然押しかけ、脅し上げる行為を合法とみなす余地はない。他人を傷つけることをかえりみない悪質な犯行で、放置すれば社会への脅威になりかねない」と指摘し、懲役1年の実刑判決を言い渡した[32][33][34]。西村斉は控訴及び上告したが、実刑判決が確定し、京都朝鮮学校公園占用抗議事件徳島県教組業務妨害事件で受けた懲役2年・執行猶予4年の有罪判決について執行猶予が取り消され、収監された[35]

荒巻靖彦については上述したように別事件と併合されたため訴訟の進行が他の3名より遅くなったが、大阪地裁は2013年(平成25年)5月1日になって、「自らの活動目的のために他者を傷つけて顧みない犯行。放置すれば社会に対する深刻な脅威となりかねない」などとして、懲役1年6月の実刑判決を言い渡した[36]。荒巻靖彦は控訴せず、京都朝鮮学校公園占用抗議事件・徳島県教組業務妨害事件で受けた懲役1年6月・執行猶予4年の有罪判決について執行猶予が取り消され、収監された[35]

松本修一は「直接に脅迫や罵倒をしたわけではない」と主張したが、大阪地裁は12月21日、「無断撮影やインターネットへの送信行為は被害者に相当の圧迫感を与えるものであり、共同正犯としての罪責を免れない」として、懲役1年・執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

三好恭弘は「要求は会社に対するもので、個人を対象とした強要罪は成立しない」と主張したが、大阪地裁は11月1日、「目標達成のため『竹島はどこの領土やねん』などと担当者を語気鋭く威嚇し、強要行為であるのは明らか」として、懲役1年・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した[37]

事件への評価[編集]

支持[編集]

在特会を筆頭とする行動する保守の多くは西村斉らの行為を称賛し、逮捕起訴は不当だと主張した。

批判[編集]

西村斉・荒巻靖彦がかつて所属していた「主権回復を目指す会」は、「『きっつい右翼紹介したる』という言葉で相手を屈服させようとした愛国市民運動の面汚し」だと西村斉の言動を厳しく批判した[38]。またチーム関西のメンバーとして西村斉らと共闘していた「歴史捏造を糺す会」の代表は、逮捕リスクのある活動に心積もりの出来ていない三好恭弘を同伴させた西村斉らの行動を軽率だと批判している[39]

報道[編集]

2012年平成24年)12月21日に公表された「内外情勢の回顧と展望(平成25年1月)」において、当事件は「排外主義的主張を掲げインターネットなどで活動参加を呼び掛ける右派系グループ」が起こした事件の一つとして紹介されている[40]

脚注[編集]

  1. ^ “「雪ごこち 美白クリア化粧水」登場!” (プレスリリース), ロート製薬, (2012年2月2日), http://www.rohto.co.jp/comp/news/?n=r120202 2013年5月1日閲覧。 
  2. ^ “キム・テヒ“竹島発言”でCM会見中止!ネットに批判の嵐”. 夕刊フジ. (2012年2月21日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120221/enn1202211229008-n1.htm 2013年5月1日閲覧。 
  3. ^ 安田浩一 (2012-05-01). “ネチズム(ネット・ファシズム)は拡散する”. G2 (講談社) vol.10: 295-297. ISBN 978-4062843607. 
  4. ^ 3月2日 ロート製薬・反日活動家キムテヒをCM起用した真意を伺う ①” (2012年3月3日). 2013年5月1日閲覧。
  5. ^ 日本領土竹島領有権を否定するロート製薬お客様安心サポートセンターに簡単な質問状を送付 : 山城乃圀企画 ≪"静+動"≫” (2012年3月4日). 2013年5月1日閲覧。
  6. ^ ロート製薬からキムテヒ問題についての此方の質問の回答が来ました。: 山城乃圀企画 ≪"静+動"≫” (2012年3月16日). 2013年5月1日閲覧。
  7. ^ 3月19日 再度、ロート製薬に質問状を提出 【カメラCX720V】①” (2012年3月19日). 2013年5月1日閲覧。
  8. ^ 国民行動『ロート不買デモ』in関西”. チーム関西 (2012年4月1日). 2013年5月1日閲覧。
  9. ^ 【東京ロート支社、反日企業糾弾街宣】” (2012年5月12日). 2013年5月1日閲覧。
  10. ^ 【(仮)ロート製薬の反日活動家キムテヒと韓国への異常な擁護を許さない!街宣】” (2012年5月13日). 2013年5月1日閲覧。
  11. ^ ロート製薬の反日工作員キムテヒと韓国への異常な擁護を許さない!街宣” (2012年5月16日). 2013年5月1日閲覧。
  12. ^ 【(仮)警察OB天下り、ロート製薬の反日工作員キムテヒ擁護、消費者の言論弾圧を糾弾】” (2012年5月20日). 2013年5月1日閲覧。
  13. ^ 竹島は日本の領土!ロート製薬㈱札幌支店糾弾街宣” (2012年5月20日). 2013年5月1日閲覧。
  14. ^ 【(仮)警察OB天下り、ロート製薬の 反日工作員キムテヒ擁護、消費者の言論弾圧を糾弾】” (2012年5月23日). 2015年5月1日閲覧。
  15. ^ 北九州 小倉街宣・売国企業ロート製薬を許すな【福岡支部】” (2012年5月26日). 2013年5月1日閲覧。
  16. ^ 博多駅前街宣・売国企業ロート製薬を許すな!【福岡支部】” (2012年5月27日). 2013年5月1日閲覧。
  17. ^ 警察OB天下りロート製薬の 言論弾圧徹底糾弾抗議活動” (2012年5月30日). 2013年5月1日閲覧。
  18. ^ 【大阪支部】 反日企業ロート製薬 徹底糾弾行動 第一弾 『竹島は日本領土! 日本国民怒りの抗議街宣』” (2012年6月2日). 2013年5月1日閲覧。
  19. ^ 竹島は日本の領土!ロート製薬札幌支店糾弾街宣第2弾!” (2012年6月3日). 2013年5月1日閲覧。
  20. ^ 【大阪支部】 反日企業ロート製薬 徹底糾弾行動 第二弾 『竹島は日本領土! 日本国民怒りの大行進』” (2012年6月9日). 2013年5月1日閲覧。
  21. ^ ロート製薬糾弾デモin銀座” (2012年6月10日). 2013年5月1日閲覧。
  22. ^ ランチタイムデモ ロート製薬糾弾in兜町” (2012年6月20日). 2013年5月1日閲覧。
  23. ^ 在日特権を許さない市民の会 - 9・8竹島を守れ! 全国統一緊急抗議活動 in 東京 【東京支部】”. 在日特権を許さない市民の会 (2012年9月6日). 2013年5月1日閲覧。
  24. ^ 反日親韓企業抗議デモ” (2012年9月15日). 2013年5月1日閲覧。
  25. ^ “韓国人女優のCM起用めぐり強要容疑 男4人逮捕、大阪府警”. 日本経済新聞. (2012年5月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1001Y_Q2A510C1CC0000/ 2013年5月1日閲覧。 
  26. ^ 5月12日 大阪からロート製薬による逮捕の件で、警察署前にて抗議①” (2012年5月13日). 2013年5月1日閲覧。
  27. ^ 関西の拘留同志ヘ激励行動”. 新攘夷運動 排害社 (2012年5月26日). 2013年5月1日閲覧。
  28. ^ 【重要】 ロート製薬事件への支援要請”. 在日特権を許さない市民の会 (2012年5月15日). 2013年5月1日閲覧。
  29. ^ 【支援口座開設のお知らせ】”. チーム関西 (2012年5月19日). 2013年5月1日閲覧。
  30. ^ “ロート製薬めぐる強要罪で4人起訴”. 産経新聞. (2012年5月31日). オリジナル2012年5月31日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0531-0849-23/sankei.jp.msn.com/region/news/120531/osk12053102080002-n1.htm 2013年5月1日閲覧。 
  31. ^ “無許可で接待行為の疑い、ラウンジ経営者を書類送検 大阪”. 産経新聞. (2012年4月20日). オリジナル2012年4月20日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0420-1627-43/sankei.jp.msn.com/region/news/120420/osk12042002000001-n1.htm 2013年5月1日閲覧。 
  32. ^ “ロート製薬強要、男に実刑 韓国女優のCM起用因縁”. 共同通信. (2012年12月18日). http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012121801001639.html 2013年5月1日閲覧。 
  33. ^ “ロート製薬脅した被告に実刑判決 韓国女優CM起用巡り”. 朝日新聞. (2012年12月18日). オリジナル2012年12月19日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-1219-0041-10/www.asahi.com/national/update/1218/OSK201212180046.html 2013年5月1日閲覧。 
  34. ^ “韓国女優のCM起用「だめ」右派系グループ元幹部、強要罪で実刑判決 大阪地裁”. 産経新聞. (2012年12月18日). オリジナル2012年12月18日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-1218-1310-06/sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121218/waf12121811200014-n1.htm 2013年5月1日閲覧。 
  35. ^ a b 刑法第26条第1号
  36. ^ “ロート製薬脅迫の男に懲役1年6月 韓国女優のCM起用で”. 産経新聞. (2013年5月1日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130501/waf13050119200019-n1.htm 2013年5月1日閲覧。 
  37. ^ “ロート製薬に因縁で有罪 韓国女優のCM起用めぐり”. 産経新聞. (2012年11月1日). オリジナル2012年11月1日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-1101-2148-06/sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121101/waf12110120230025-n1.htm 2013年5月1日閲覧。 
  38. ^ ロート製薬逮捕は不当にあたらない”. 主権回復を目指す会 (2012年5月24日). 2013年5月1日閲覧。
  39. ^ ロート製薬事件に関連して” (2012年5月12日). 2013年5月1日閲覧。
  40. ^ 内外情勢の回顧と展望(平成25年1月) (PDF)”. 公安調査庁. p. 67 (2012年12月28日). 2013年5月1日閲覧。

関連項目[編集]