金友隆幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金友 隆幸
Kanetomo Takayuki.jpg
2017年12月17日
生年: 1985年(昭和60年)
生地: 日本の旗 日本岡山県
思想: 民族主義攘夷思想
所属: 日本国民党
母校: 国士舘大学政経学部
影響を受けたもの: 楠木正成児島高徳西郷隆盛吉田松陰高杉晋作橘曙覧杉本五郎山口二矢赤尾敏[1]
現職: 日本国民党情報宣伝委員長

金友 隆幸(かねとも たかゆき、1985年(昭和60年) - )は日本政治活動家岡山県出身。日本国民党情報宣伝委員長[2]。元排害社代表[3][4][5]。元維新政党・新風世田谷支部長。本業は「デザイン関係の仕事」とG2に対して答えている[6]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1985年(昭和60年)、岡山県で生まれる。子供時代から右翼に憧れ、他の子供とは異なり街宣車の絵を描いていた[7][8]。中学時代に山口二矢に感銘を受けたことから民族主義に目覚める[9][8]。高校時代に野村秋介などの著作を読み、右翼思想に傾倒していった[7][8]

学生時代[編集]

2004年(平成16年)に国士舘大学政経学部に入学[7][8]。学内の民族派系学生サークル「皇国史観研究会」に加盟してからは民族派運動、拉致被害者救出運動などに積極的に参加[7][9][10]。在学中に政治団体維新政党・新風に入党、学生部長となる[9]

会社員時代[編集]

サラリーマン生活を送りながら、政治活動を継続[10]。 従来の右翼に疑問を感じ始め次第に情熱が薄れていった頃、主権回復を目指す会在日特権を許さない市民の会の活動を知り、こういった市民目線からの運動こそが変革を実現すると確信した[7][11]

活動[編集]

新攘夷運動 排害社を結成[編集]

2010年(平成22年)、自ら「排害主義」なる攘夷思想を提唱、自身の団体・新攘夷運動 排害社(しんじょういうんどう はいがいしゃ)を結成[6]。自ら代表に就任した[9][12]。排害社結成以降多種多様なデモや集会を指揮、現在に至る。支部組織が、北海道、関西、九州に設立されている。機関紙「排害新聞」を発行していた。

中国観光客に対しての嫌がらせなどを主導して行っていた。[13] 2012年(平成24年)6月25日に自らが代表を務める排害社の公式サイトにて排害社解散宣言を行った[14]。ただし、解散はあくまで本部のみで、各地の支部は2012年まで引き続き活動が確認された[15][16]

維新政党・新風から除名[編集]

学生時代に政治団体維新政党・新風に入党し、学生部長、世田谷支部長を歴任したが、2017年に除名処分を受けた[17]

日本国民党の情報宣伝委員長に就任[編集]

2018年に政治団体日本国民党の情報宣伝委員長に就任した[18]

著書[編集]

  • 「「美徳」を捨ててでも支那人と対峙せよ!」、『国体文化』第1048巻、日本国体学会、2011年9月、 14-17頁。
  • 『支那人の日本侵略 排害主義者宣言』 日新報道、2011年10月。ISBN 978-4-8174-0730-6

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]