安田浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安田 浩一
(やすだ こういち)
誕生 1964年9月28日(50歳)
日本の旗 日本 静岡県
職業 フリージャーナリスト
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ルポルタージュ
主題 外国人労働者問題
ネット右翼
代表作 ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて
主な受賞歴 日本ジャーナリスト会議賞(2012年)
講談社ノンフィクション賞(2012年)
大宅壮一ノンフィクション賞(2015年)
処女作 告発!逮捕劇の深層 生コン中小企業運動の新たな挑戦
公式サイト 安田浩一 (@yasudakoichi) - Twitter
テンプレートを表示

安田 浩一(やすだ こういち、1964年9月28日 - )は日本のジャーナリスト。『労働情報』編集委員[1]。静岡県出身。千葉県在住[2]慶應義塾大学経済学部卒業[3]

経歴・人物[編集]

本人は伊豆半島の温泉地帯に生まれたとしている[4] 日本経済新聞など様々な新聞社、出版社の記者を経て『週刊宝石』の記者だった1999年前後に、同誌にて創価学会の批判記事を書いていた[5]。『サンデー毎日』時代は名誉毀損で訴えられ、証言台に立ったことがあると本人は言っている[6]。風俗記事のライターをしていた時期もある[7]。私生活では二度の離婚歴がある[8][9]

2001年よりフリージャーナリストとして活動。主に事件、労働問題を中心に取材・執筆を行う[1]。 ジャーナリストとしては佐野眞一を「師匠」と呼び[10]、『あんぽん』『別海から来た女』『甘粕正彦 乱心の曠野』、週刊ポスト連載『化城の人』では取材スタッフとして協力している。

2012年ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』により日本ジャーナリスト会議[11]、および第34回講談社ノンフィクション賞受賞[12]

2015年『ルポ 外国人『隷属』労働者』(G2vol.17)で第46回大宅壮一ノンフィクション賞雑誌部門受賞[13]

尊敬する実業家に柳井正原田泳幸を挙げている反面、葛西敬之は嫌っており当然ながら東海道新幹線も乗車しない。

戦後補償運動[編集]

発言[編集]

  • 2001年 動労千葉韓国労働組合総連盟を連帯させ情報が交換できるサイト、レイバーネット設立の発起人となる。
  • 2006年4月24日、尼崎事故一周年 反合・運転保安闘争勝利!国鉄1047名解雇撤回!憲法改悪阻止!民営化規制緩和と闘う4・24労働者総決起集会に「JR福知山線脱線事故」の報告者として参加。労働組合との共闘を訴えた[19]
  • 2008年8月10日「平和の灯を! ヤスクニの闇へ キャンドルウォーク」 安田浩一 「私は『革命は希望だ』と言いたいが右の言論は勢いがある…『戦争の道具として靖国が機能している』ことをどう発信するかが問われている」と反天皇制運動連絡会の集会で発言した。
  • 2012年から、国鉄千葉動力車労働組合動労千葉・鉄建公団訴訟、解雇撤回・JR復帰の判決を求めるための東京高等裁判所あて署名運動の呼びかけ人を続けている[20][21]
  • 2012年5月12日 主権回復を目指す会(西村修平代表)が主催した討論会「ネット右翼vs安田浩一」に出演[22]するなど、右派的なイベントにも参加経験がある。
  • 日本労働党の機関紙・労働新聞紙上で、全日建連帯労組の活動に関して、業界全体に目を向ける同労組が「労働組合中小企業の団結」を恐れる大資本の恨みを買っていると推測したうえで、労働運動を「社会運動」と位置付け、戦争に反対するべきであり自由放任主義に抵抗するべきであると主張した。その上で、大企業の枠から出ることが少なくなりつつある労働組合が多い中、反戦運動に取り組む同労組を「顔」の見える運動として評価する持論を展開した[23]
  • 「尼崎事故、羽越線事故の背景にあるのは、建築基準問題と同様に民営化規制緩和、そして合理化企業風土の問題だ。皆さんのような闘う労働者がいる限り共に闘っていきたい」 [19]
  • 2006年6月に発生した栃木県中国人研修生死亡事件は、事件現場での聞き込み、関係者への直当たり、中国四川省での出張取材などを通して検討した結果、明らかに警察側に非があると述べている[24]
  • 移民受け入れに反対するネット右翼に対し、あなたは時給100円で20時間働くことができますかと反論し相手を黙らせた。

歴史関連[編集]

右派[編集]

2013年6月3日、韓国で講演を行った際、韓国で問題になっているイルベについて「『イルベ』は少数の偏った人の集団とみることもできるが、多くの韓国人の本心が表れているとみることもできる」と述べた。在特会については「イルベと非常に似ている」、「ただの人種差別主義者、排外主義者」と話したという[26]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

寄稿[編集]

  • 「闘いなくして安全なし!」、国鉄千葉動力車労働組合2010年12月4日
  • 「徹底取材「在特会(在日特権を許さない市民の会)」の正体――いまや日本社会で最もやっかいな存在「ネット右翼」とは何者か」、『g2』vol,6、講談社、2010年12月4日ISBN 978-4-06-284356-0
  • 「ネット右翼に対する宣戦布告――話題騒然・「在特会」桜井誠会長の正体の続編」、『g2』vol,7、講談社、2011年4月15日ISBN 978-4-06-284357-7
  • 「生活保護『受給者バッシング』の正体」、『g2』vol,11、講談社、2012年9月20日

脚注[編集]

  1. ^ a b (安田 2007)
  2. ^ 安田浩一のツイート 2012年5月18日 - 10:05
  3. ^ 『ヘイト・スピーチの法的研究』著者略歴
  4. ^ 安田浩一のツイート 2012年5月25日 - 5:01
  5. ^ 安田浩一のツイート 2012年5月21日 - 4:04
  6. ^ 安田浩一のツイート 2012年6月11日 - 21:05
  7. ^ 安田浩一のツイート 2010年12月3日 - 17:48
  8. ^ 安田浩一のツイート 2012年6月20日 - 7:01
  9. ^ 安田浩一のツイート 19:29 - 2014年11月18日
  10. ^ 安田浩一のツイート 2012年6月10日 - 21:22
  11. ^ “東京新聞にJCJ大賞 原発事故で検証報道”. 共同通信. (2012年7月11日). http://www.47news.jp/47topics/e/231762.php 2015年4月7日閲覧。 
  12. ^ “講談社ノンフィクション賞に安田、大鹿氏”. 日本経済新聞. (2012年7月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2004R_Q2A720C1CR8000/ 2015年4月7日閲覧。 
  13. ^ “大宅賞に毎日新聞の須田桃子さん 雑誌部門は安田浩一さん”. 共同通信. (2015年4月7日). http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040701001676.html 2015年4月7日閲覧。 
  14. ^ 【過去を克服し、共生のアジアへ 共同行動で戦後補償実現を】 2005年12月02日 914号 - 週刊MDS新聞ホームページ
  15. ^ 「2008 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動-ヤスクニ・戦争・貧困」への賛同要請 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動実行委員会
  16. ^ 「未来への架け橋」No.50(2008.9.13発行) 在韓軍人軍属裁判を支援する会ニュースレター(2013年6月2日時点のアーカイブ
  17. ^ 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動 アジアの戦争被害者への謝罪と補償を 週刊かけはし 2008.8.25号 - 日本革命的共産主義者同盟 (JRCL) 中央委員会/ 国際主義労働者全国協議会 (NCIW) 全国運営委員会
  18. ^ 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動 アジアの戦争被害者への謝罪と補償を 週刊かけはし 2008.8.25号 - 日本革命的共産主義者同盟 (JRCL) 中央委員会/国際主義労働者全国協議会 (NCIW) 全国運営委員会
  19. ^ a b 尼崎事故1周年 4/24集会に380名 運転保安確立に向け、決意も新たに 日刊 勤労千葉 2006年4月27日 No.6278
  20. ^ 動労千葉の10.1ストライキに続き全職場で外注化・非正規化と闘おう (PDF) 国鉄闘争全国運動 第29号 2012年10月12日
  21. ^ 動労千葉・鉄建公団訴訟、解雇撤回・JR復帰の判決を求めるための東京高等裁判所あて署名のお願い (PDF) 動労千葉
  22. ^ 主権回復を目指す会
  23. ^ 労働新聞 2006年1月1日号・10面 日本労働党中央委員会(JLP.NET)
  24. ^ 報告(安田浩一)〜中国人実習生が被害者となった「警察官違法発砲訴訟」判決 レイバーネット
  25. ^ 週刊かけはし 2008.6.16号
  26. ^ 聯合ニュース2013年6月3日 在特会取材した日本人フリー記者 韓国の大学で講演

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]