水平社博物館前差別街宣事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水平社博物館前差別街宣事件(すいへいしゃはくぶつかんまえさべつがいせんじけん)とは、2011年(平成23年)1月22日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)副会長を務めていた活動家の男性が水平社博物館の歴史認識に抗議するとして同館前で部落差別的な内容を含んだ街宣を行い、不法行為責任を問われた事件。

事件に至る経緯[編集]

部落問題歴史を紹介する施設として、部落解放同盟(解放同盟)などの協力を受けて奈良県御所市に設立された水平社博物館では、特別展示のコーナーにおいてハンセン病患者やアイヌ人権問題など部落問題以外のテーマもしばしば取り上げていた。

その一環として2010年(平成22年)12月10日から2011年(平成23年)3月27日まで、日本の朝鮮植民地政策にスポットを当てた「コリア日本 ‐『韓国併合』から100年‐ 」と題する特別展示が行われた[1]。展示では戦時中日本政府が行ったとされる強制連行問題に関して「日本政府によって多くの朝鮮人が強制連行された。連行された女性の中には性奴隷である慰安婦として従軍させられた者もいた」といった解説がなされた。

在特会関西地区担当副会長を務める人物(以下Xとする)は、電気工事の仕事で近畿大学キャンパスを訪れた際に見かけたパンフレットでこの特別展示の内容を知った。強制連行や従軍慰安婦の存在を否定するなど、特別展示の論調とは異なる歴史認識を有していたXは「水平社博物館による歴史捏造」と考え、抗議行動を計画した[2]

この時Xは、京都朝鮮学校公園占用抗議事件(以下「京都事件」と表記)と徳島県教組業務妨害事件の二事件で起訴され、在特会会員との接触禁止を条件に保釈された身であったため、抗議は会の支援なしに単独で行わざるを得なかった[3]。そこでXは2011年(平成23年)1月5日日章旗を掲げながら水平社博物館内を練り歩くパフォーマンスを一人で行い、水平社博物館の歴史認識に抗議した。この時は示威行為にあたるとして日章旗を畳むよう求める博物館職員とXの間で口論が生じた[4]

事件当日[編集]

2011年(平成23年)1月22日午後1時過ぎ、水平社博物館前の路上でXによる抗議街宣が行われた。その際にXは拡声器を用いて以下のような怒号を上げた。

「なぜここでこうやってマイクを持って叫んでるかといいますと、この目の前にある穢多博物館ですか、非人博物館ですか、水平社博物館ですか、なんかねえ、よく分からんこの博物館」「強制連行された女性の中には、慰安婦イコール性奴隷として軍隊に従属させられ、性的奉仕を強いられた人もいましたと、こういったことも書かれておりますねえ」「慰安婦イコール性奴隷と言っているんですよ、こいつらはバカタレ。文句あったら出てこい、穢多ども。慰安婦。性奴隷。これねえ、すごい人権侵害ですよ、これ。性風俗産業ね。自分が性風俗産業で働くのが大好きだと、これが天職だと、喜んで働いている女性に対して人権侵害なんですよ、これ」

「この水平社博物館、ド穢多どもはですねえ、慰安婦イコール性奴隷だと、こういったこと言ってるんですよ。文句あったら出てこいよ、穢多ども。ね、ここなんですか、ド穢多の発祥の地、なんかそういう聖地らしいですね。」「穢多やら非人やらいうたら、大勢集まって糾弾集会やら昔やっとったん違うんですか。出てこい、穢多ども。何人か聞いとるやろ、穢多ども、ここは穢多しかいない、穢多の聖地やと聞いとるぞ。出てこい、穢多ども、おまえらなあ、ほんまに日本中でなめたマネさらしやがって」 「ここでそういうことやったら、なんか大勢人間がね、集まってきて囲まれて、なんか大変なことになるということをね、ちょっと事前に聞いてね。あまり、こう、平穏に街宣ができるとはちょっと思ってなかったので、あまり何を言うか考えてこなかったんですけど」「いい加減出てきたらどうだ、穢多ども。ねえ、穢多、非人、非人。非人とは、人間じゃないと書くんですよ。おまえら人間なのかほんとうに」 「穢多とは穢れが多いと書きます。穢れた、穢れた、卑しい連中、文句あったらねえ、いつでも来い。」

— X、奈良地方裁判所平成23年(ワ)第686号 平成24年6月25日民事部判決・判決文本文より抜粋[5]

Xの発言は博物館職員にとっても初めて耳にするレベルの激烈なものだったが、予め警察から「彼らは相手の反応を引き出すことを目的にしているので、挑発に乗ってはいけない」と注意されていたため、路上に出てXを制止するなどの対応は取らなかった[6]

Xは1時間ほど街宣を続け、博物館内に入って職員と口論を交わした後に現場を去った[4]。なお当日は在特会を中心とする関西の行動する保守関連の市民団体の連合体の「チーム関西」のメンバーがカメラマンとして同伴しており、当日中に上記発言を含む街宣の様子を映した動画が動画投稿サイトYouTube」にアップロードされた[7]

事件後の動き[編集]

水平社博物館側[編集]

水平社博物館を後援する解放同盟2011年(平成23年)3月7日発行の機関紙「解放新聞」でこの事件について触れ、差別事件として奈良地方法務局に申立を行うとともに、解放同盟奈良県連が主体となってXへの糾弾闘争を行うとの方針を表明した[8]。ただ実際には特に糾弾会などは開かれず、後述する民事訴訟が起こされたのみであった。この対応について元部落解放同盟中央書記次長の西岡智は「今の解放同盟はただのお人よし集団と見られても仕方ない」と批判している[9]

抗議者側[編集]

Xは「水平社博物館の展示によって先祖を『人攫い』『強姦魔』と捏造され心が傷ついた」「解放同盟が自分を差別者と批判し、糾弾闘争をほのめかしたことで精神的苦痛を受けた」などと主張し、2011年(平成23年)3月中に奈良地方法務局への人権侵犯被害申告を行ったが[10][11]大阪法務局は「具体的な被害が生じたとは認められず、また歴史認識を巡る問題を当局で扱うのは適切でない」として6月7日付で救済手続不開始の決定を下した[12]

また5月30日発行の解放新聞に掲載された京都地方法務局との交渉内容を報告する記事に「『在特会』にみられるような差別行為とネット発信については『深刻化しており、プロバイダーに削除要請しているが、根本的な規制を考えていかねばならない』との考えを示した」との記載があったことから[13]6月14日、X・在特会京都支部長のA・チーム関西代表のBなど5名が同法務局を訪れ、上記発言者の氏名・役職などを明らかにするよう要求したが拒否されている[14][15]

なおXが副会長を務める在特会では、街宣はX個人が行ったもので当会は無関係であると解放同盟に抗議する一方で[16]、「博物館の展示は、我々の祖先に対する人権侵害」との見解を示し[17]、当事件に関するXの報告や主張を公式サイト上に掲載するなどXに協力する姿勢を見せた。

他方で、Xと共闘関係にあった行動する保守市民活動家の中には今回の事件でのXの言動を批判する者も見られた。チーム関西のまとめ役の一人としてXと共に京都事件に参加し、起訴猶予処分を受けた50代後半の男性は、「解放同盟の左翼的価値観に抗議することと『エッタ』を連呼することの違いを全くわかっていない」とXへの失望を露にした[18]。また同じく京都事件に団体として関与した別の行動する保守系の市民団体主権回復を目指す会」は、「解放同盟の歴史捏造を糾弾するのに『穢多』などの用語を用いる必要はなく、社会的にも許されない。Xの発言を擁護する勢力と当会とは今後一線を画さざるを得ない」との声明文を発表した[19]

民事訴訟[編集]

2011年(平成23年)8月22日、水平社博物館を運営する財団法人水平社博物館はXの街宣によって社会的・精神的被害を被ったとして、Xに対して1000万円の慰謝料を求める民事訴訟奈良地裁に提起した[20][21]

Xは「穢多非人は蔑称ではないから不当な差別をしたことにはならない」「挑発的な言動はしておらず、単に水平社博物館の歴史認識の誤りを指摘したに過ぎない」などと主張して請求棄却を求めたが、奈良地裁は2012年(平成24年)6月25日、「穢多・非人が不当な差別文言であることは公知の事実であり、Xの言動は水平社博物館に対する名誉毀損にあたる。またXの言動は水平社博物館の設立目的及び活動状況等を否定するものであり、生じた損害は相当大きなものであると言わざるを得ない」として、Xに慰謝料150万円を支払うよう命じた[5][22]原告被告ともに控訴しなかったため、そのまま判決は確定した。

その後[編集]

判決確定後、水平社博物館はXに対して賠償金の支払いとアップロードされた動画の削除を求めたが、Xは生活苦を理由に賠償金は月1000円のみ支払うとし[23]、アップロードされた動画については複製物の流通が容易であるから削除は無意味だと主張して敗訴の事実を動画説明文に加えるに留めた[24]。そこで水平社博物館は動画がアップロードされているYouTubeに申し立てを行い、これを受けてYouTubeは2012年(平成24年)7月20日付で動画を視聴不可とする措置をとった[25]。また賠償金を回収するためXへの強制執行手続を行った[26][27]。結果、8月にXの貯金と生命保険を差し押さえ、遅延損害金や手数料を含む156万0249円を回収した[28]

なおXは現在も街宣における自身の発言内容は正当であったと主張しており、「差別利権を守るために差別を温存し、ありもしない差別を偽装する連中」と解放同盟を糾弾するとともに[24]2013年1月22日には、水平社博物館前での街宣を実行している[29]

脚注[編集]

  1. ^ 水平社博物館---過去の特別展示室
  2. ^ 安田浩一『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』講談社、2012年、231頁。ISBN 978-4-06-217112-0
  3. ^ 在日特権を許さない市民の会 - 呟き : 解放新聞社に抗議文を送付しました。
  4. ^ a b 前掲安田2012年(平成24年)、232頁。なお同書ではXによる最初の訪問を1月15日の出来事としているが、両当事者はいずれも1月5日の出来事であるとしている(X水平社博物館)ため、安田の誤記と考えられる。
  5. ^ a b 奈良地方裁判所平成23年(ワ)第686号 平成24年6月25日民事部判決
  6. ^ 前掲安田2012年(平成24年)、231頁〜232頁。
  7. ^ 奈良県の水平社博物館で抗議街宣を行いました。3-1(2011.1.22) - YouTubeなど。現在は全て視聴できないようになっている。
  8. ^ 「エッタ出てこい。どエッタ」と水平社博物館前で差別発言連呼
  9. ^ 【特別対談】西岡智×上原善広──橋下徹から解放運動まで部落解放同盟の重鎮、同和問題を語る - 日刊サイゾー
  10. ^ 在日特権を許さない市民の会 - 呟き : 奈良地方法務局へ人権侵害被害申告をしました。
  11. ^ 在日特権を許さない市民の会 - 呟き : 部落解放同盟奈良県連の糾弾闘争について・・・
  12. ^ 在日特権を許さない市民の会 - 呟き : 大阪府法務局から回答が来ました
  13. ^ 部落視察は「勉強の機会」と 京都地方法務局と交渉
  14. ^ 6月14日これが京都の闇、敗戦国民を再認識 京都法務局人権擁護課① - ニコニコ動画:Q
  15. ^ 在日特権を許さない市民の会 - 呟き : 京都地方法務局へ公開質問状
  16. ^ 解放新聞による在特会関連の虚報について
  17. ^ 前掲安田2012年(平成24年)、233頁。
  18. ^ 前掲安田2012年(平成24年)、235頁。
  19. ^ 声明文「歴史偽造批判と『穢多』発言について」
  20. ^ “水平社博物館が名誉毀損で慰謝料求め提訴 奈良”. 産経新聞. (2011年8月23日). オリジナルの2010年8月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0823-0757-28/sankei.jp.msn.com/region/news/110823/nar11082302040000-n1.htm 2012年9月22日閲覧。 
  21. ^ “奈良の水平社博物館 企画展に抗議男性を名誉毀損で提訴”. 朝日新聞. (2011年8月23日). オリジナルの2010年8月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0823-1138-15/www.asahi.com/kansai/news/OSK201108230011.html 2012年9月22日閲覧。 
  22. ^ “差別発言問題で水平社博物館が勝訴”. 日刊スポーツ. (2012年6月25日) 
  23. ^ 賠償金元本150万円に対して年5%、すなわち年7万5000円の遅延損害金が発生するため、元本はもちろん遅延損害金も完済不能な数字である。
  24. ^ a b 川東より報告(水平社博物館)
  25. ^ 水平通信☆第77号 2012.8.03
  26. ^ 川東へ債権差押命令(1〜3ページ)
  27. ^ 川東へ債権差押命令(4〜6ページ)
  28. ^ と学会「タブーすぎるトンデモ本の世界」サイゾー 2013年 107ページ
  29. ^ 当日の演説を録音したmp3ファイル

関連項目[編集]