安藤裕 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安藤 裕
あんどう ひろし
ポスター写真トリミング済.jpg
安藤裕HPより
生年月日 (1965-03-28) 1965年3月28日(55歳)
出生地 日本の旗 神奈川県
出身校 慶應義塾大学経済学部
前職 復興政務官
内閣府政務官
現職 自由民主党政務調査会総務部会部会長代理
「日本の未来を考える勉強会」会長
衆議院議員
所属政党 自由民主党谷垣G→佐藤G→麻生派
公式サイト あんどう裕オフィシャルサイト

選挙区比例近畿ブロック→)
京都6区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示
安藤 裕
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年11月19日-
ジャンル ニュース政治
登録者数 約10,800人
総再生回数 約31万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年7月06日時点。
テンプレートを表示

安藤 裕(あんどう ひろし、1965年3月28日 - )は、日本政治家税理士自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元復興政務官内閣府政務官、現自由民主党政務調査会総務部会部会長代理。

経歴[編集]

神奈川県生まれ(現住所は京都府宇治市小倉町西浦[1][2]。横浜市立高田小学校、慶應義塾普通部慶應義塾高等学校卒業。1987年、慶應義塾大学経済学部卒業後、相模鉄道株式会社入社。1995年、税理士を目指し税理士事務所に転職[3]

1997年(平成9年)12月、税理士試験合格。1998年(平成10年)、税理士事務所を開設して独立する[3]。2011年、『「稼ぐ」社長の経理力』を出版。

2012年(平成24年)、第46回衆議院議員総選挙京都6区自由民主党から出馬。民主党で国会対策委員長(当時)の山井和則に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し初当選。2014年(平成26年)、第47回衆議院議員総選挙で再び京都6区で山井に敗れるが、比例復活で再選[4]

2017年4月12日、日本の未来を考える勉強会を立ち上げ、第1回勉強会を主催。

2017年5月、麻生派・山東派と合流する新派閥に参加するため佐藤勉が設立した新グループ「天元会」に参加しそれまで参加していた有隣会を離脱[5]。その後、新派閥志公会に参加[6]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙で、希望の党に移った山井との戦いを制し、京都6区で当選(山井は比例復活)。

2018年10月、 第4次安倍改造内閣内閣府政務官復興政務官に就任[7]

2019年、自由民主党政務調査会総務部会部会長代理に就任。

2020年2月26日、日本の未来を考える勉強会議員連盟にし、会長に就任した。

政策[編集]

2014衆院選 毎日新聞候補者アンケートによると

2017年の衆院選アンケートによると

  • 改憲による緊急事態条項創設に賛成。
  • 核武装について国際情勢次第で検討すべき。

2020年3月11日、「令和恐慌」回避のための30兆円規模の補正予算編成に関する提言を政府に提出[10]

2017年の提言[11] において、「消費税増税の「凍結」を視野に入れた消費税のあり方の抜本的見直し」を主張しており、2018年にも同様の提言[12] をしている。2020年3月11日の提言は、そこから更に踏み込んで、軽減税率を用いての税率0%の主張をするものとなっている。今回0%を主張するようになった理由として、10%消費税のGDPへの悪影響の大きさと、コロナウィルスによるさらなる景気悪化が予想され、これまで以上の対策が必要だと判断したためとしている[13]

その後、青山繁晴参議院議員が会長を務める日本の尊厳と国益を護る会と合同記者会見を行い、自民党内の消費税減税勢力の糾合を図っている[14]。集った議員はおよそ100人以上としており、若手議員を中心とした勢力としては自民党内でも大きなものとなった(この時点での自民党の国会議員数は397名)。

2020年4月16日に日本の未来を考える勉強会の提言として「全国民1人当たり10万円の現金給付」を主張した。[15] その際に所得制限の排除、給付事務の現場負担への配慮、諸般の事情(例えば、ホームレス、ネットカフェ難民、DVによる別居等)により当該給付金の対象から外れてしまう国民への地方創生臨時交付金の充当といった配慮についても記している。

個人としては、チャンネル桜 2019年7月27日放送 討論!闘論!倒論!「参議院選挙後の日本の近未来」[16] において、消費税0は実現可能であると主張している[16]

松原仁(野田内閣国家公安委員長・拉致問題担当大臣、現無所属衆議院議員)のYoutube番組にも出演している。[17]

れいわ新選組など野党には離党して協力することはなく、他の党に移籍することはないという。「ゼロ回答でも、自民党に残り続けるのか。れいわ新選組のほうが政策が近いから、離党して連携した方がいいのでは」という問いには、「私は自民党の議員だから、やはり日本の政策を変えて実現するには、自民党の政策を変えていくのが一番早道だと思う」いう理由を答えている[18]

また、ロックミュージシャンの世良公則やストリートダンサーの堀江治善など、「アーティストの声を聞く」という企画の動画を公開している[19][20]

国会議員として掲げる 政策ビジョン は、

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

など、一覧はホームページで公開している[25]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 自由民主党京都府支部連合会 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 京都府選挙管理委員会 (2019年11月29日). 2019年12月2日閲覧。
  2. ^ 安藤裕:京都6区
  3. ^ a b プロフィール”. 衆議院議員 あんどう裕オフィシャルサイト. 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ 京都 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  5. ^ 佐藤勉氏ら新グループ設立 麻生、山東派と合流へ 日本経済新聞 (2017年5月12日) 2017年5月20日閲覧
  6. ^ “新・麻生派、59人で発足 自民党第2派閥に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK7352KQK73UTFK00P.html?iref=comtop_8_02 2017年7月3日閲覧。 
  7. ^ 第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ
  8. ^ 2014年衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 「令和の恐慌」回避のための30兆円規模の補正予算編成に関する提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年3月11日閲覧。
  11. ^ 「消費税10%」で自民党内二分か GDP受け増税論台頭は確実 総裁選の焦点にも” (日本語). SankeiBiz(サンケイビズ) (2017年8月15日). 2020年3月12日閲覧。
  12. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年7月6日). “政府支出2・4兆円拡大と消費税対策特別枠を 来年度予算編成めぐり自民若手が首相に提言” (日本語). 産経ニュース. 2020年3月12日閲覧。
  13. ^ (日本語) [コロナショック消費税ゼロ提言の安藤議員に直撃してみた], https://www.youtube.com/watch?v=9t2AUdD2QH4 2020年3月13日閲覧。 
  14. ^ (日本語) 【緊急】今こそ消費税大幅減税を!「減税勢力」総結集!, https://www.youtube.com/watch?v=pAOEZ-ntv9M 2020年3月30日閲覧。 
  15. ^ 【緊急提言】前例にとらわれない「全国民1人あたり10万円の現金給付」に関する提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年4月16日閲覧。
  16. ^ a b (日本語) 【討論】参議院選挙後の日本の近未来[桜R1/7/27], https://www.youtube.com/watch?v=e_mGl6vQV6Q 2020年3月12日閲覧。 
  17. ^ (日本語) 「プライマリーバランス停止を!」自民党 安藤裕氏 (日本の未来を考える勉強会)「減税・粗利補償提言について」衆議院議員 まつばら仁, https://www.youtube.com/watch?v=t53cUZQk4Yg 2020年4月16日閲覧。 
  18. ^ シリーズ・コロナ革命(20)~自民党若手議員が30兆円規模の補正予算を提言、「党の政策変えていく」:【公式】データ・マックス NETIB-NEWS” (日本語). 【公式】データ・マックス NETIB-NEWS. 2020年3月14日閲覧。
  19. ^ (日本語) 【緊急事態企画★クラブ編vol.1】#粗利補償#消費税ゼロで日本を救うプロジェクト, https://www.youtube.com/watch?v=R2AQEEiKXqk 2020年6月20日閲覧。 
  20. ^ (日本語) 〈緊急特別対談(全4回)〉ミュージシャン 世良公則×衆議院議員 あんどう裕 「コロナウイルス 日本経済再生への道」~【第一回】世良さん、なぜいま活発な発言を?~, https://www.youtube.com/watch?v=7YnJwngtpKI 2020年6月20日閲覧。 
  21. ^ “2019年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/07/2019%E5%B9%B412%E6%9C%88_%EF%BC%92%E9%9D%A2.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  22. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  23. ^ 『現代印章 2019年4月号』(ゲンダイ出版)
  24. ^ 「日本の未来を考える勉強会」提言賛同者”. あんどう裕(ひろし)衆議院議員(twitter) (2017年10月9日). 2019年4月18日閲覧。
  25. ^ プロフィール” (日本語). 衆議院議員 あんどう裕オフィシャルサイト (2013年7月20日). 2020年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]


公職
先代:
新妻秀規
平木大作
長坂康正
日本の旗 復興大臣政務官
白須賀貴樹
石川昭政と共同

2018年 - 2019年
次代:
藤原崇
青山周平
中野洋昌
先代:
村井英樹
山下雄平
長坂康正
小林史明
山下貴司
新妻秀規
平木大作
簗和生
武部新
福田達夫
日本の旗 内閣府大臣政務官
長尾敬
舞立昇治
古賀友一郎
白須賀貴樹
石川昭政
菅家一郎
阿達雅志
山田宏と共同

2018年 - 2019年
次代:
神田憲次
今井絵理子
藤原崇
進藤金日子
青山周平
中野洋昌
和田政宗
加藤鮎子
渡辺孝一